Câmara do Japão
Português
検索: OK
(518)

観光/運輸サービス

検索期間を指定してください: OK
アジア‐ブラジル航路の輸送レートは世界最高 2018/03/13

2017年末の中国上海港とサントス港間航路の平均輸送レートは、コンテナ1個(1TEU)当たり2,697ドルまで高騰、2015年の世界不況真っただ中の6倍相当まで高騰して、世界最高の輸送レートを記録している。

2017年末の中国上海港とサントス港間航路の平均輸送レート2,697ドルは、上海港と米国東海岸を結ぶ航路の平均輸送レートである1238ドルの2倍以上に達している。

2015年10月はブラジルの経済リセッションで、貿易低迷による海運業界の市況低迷が深刻化していた中国上海港とサントス港間航路間の平均輸送レートは、他の航路を大幅に下回っていた。

またブラジルの港湾インフラ整備プロジェクトによるターミナル拡張工事や浚渫工事の遅れで、他の航路よりも大型コンテナ船の利用が低いために、輸送コスト高に結び付いている。

Solve Shipping社の調査では、2015年の数カ月間は、サントス港の受給バランスが崩れてコンテナ1個(1TEU)当たりは100ドルまで低下、海運会社の荷受け量は処理能力の37.5%まで低下していた。

2015年9月の1週間当たりの名目コンテナ取扱量能力は4万4,000Teusであったが、2017年12月は2万8,000 Teusまで低下して、平均輸送レートが世界最高の2,697ドルに達している。

現在の中国上海港とサントス港間航路間の平均輸送レート高騰の要因として、大型コンテナ船が横付けできないサントス港湾の浚渫工事遅れのインフラ整備問題並びに燃料コストの上昇をMaersk社の南米東海岸担当のジョアン・モレッソ氏は指摘している。

中国上海港とサントス港間航路間の大型コンテナ船は、サントス港湾の浚渫工事遅れで最大8,000 Teusまでに制限されている一方で、上海港と北部ヨーロッパ間では2万Teusのコンテナ船の利用が可能で、コストに大きな開きがあるとジョアン・モレッソ氏は指摘している。

今年1月30日のコンテナ船用燃料価格は、1トン当たり380ドルと1年前の280ドルから大幅に上昇、また2015年10月の中国上海港とサントス港間航路には18海運会社は運行していたにも関わらず、昨年12月には13海運会社まで減少している。(2018年3月13日付けヴァロール紙)



2018/06/07 » ブラジル国内の鉄道輸送は21%とトラック輸送の僅か1/3
2018/03/13 » アジア‐ブラジル航路の輸送レートは世界最高
2018/03/09 » ペトロブラスはプラットフォームP-71建造を中国企業に依頼
2018/02/16 » 2017年の港湾貨物取扱は前年比8.3%増加
2018/01/24 » 2018年の航空業界は法人向け販売が牽引か
2017/09/05 » 外資系企業がブラジル国内の港湾ターミナル買収加速化
2017/07/14 » OTP社はガレオン国際空港の権益を中国資本HNA社に譲渡
2017/06/13 » EAS造船は2019年に倒産の可能性
2017/06/01 » 受託手荷物なしの割安航空券発売開始か
2017/05/25 » ソフトバンクはブラジル配車サービス会社99社に1億ドル投資
2017/03/29 » ジルベルト・カサビ科学技術通信相は郵便公社民営化も示唆
2017/03/07 » Latam航空は受託手荷物に50レアル徴収
2017/03/02 » 過去2年間に造船業界では5万人が解雇されている
2016/10/25 » エンブラエル社は米国司法省と2億550万ドルの罰金支払いで合意
2016/09/06 » 世界の海運業界の再編加速か
2016/08/16 » サントス港湾の荷動きが大幅増加
2016/08/04 » リオオリンピックはブラジル防衛産業にとってはショーウインド
2016/07/13 » カタール航空はLatam航空に10%の資本参加
2016/06/30 » 上院で外資系航空会社による資本参加率100%の承認取り消し
2016/06/22 » 下院では外資系航空会社の100%資本参加承認

バックナンバー »