Câmara do Japão
Português
検索: OK
(518)

観光/運輸サービス

検索期間を指定してください: OK
今後20年間のリージョナル・ジェット市場規模は6,000億ドル予想 2018/07/16

ボンバルディアは座席数100~150程度の「Cシリーズ」の開発につまずき、昨年10月にエアバスと提携した。Cシリーズは、現行機種に続く新型機の開発構想がないために、格安航空会社(LCC)などで運航している機種が退役時期を迎えれば、ブラジルのエンブラエルに乗り換えることになるとみられていた。

7月初めにエンブラエル社とボーイング社は、戦略的パートナーシップ構築を念頭にブラジル国内に商用機製造を目的とした資本金が48億ドルのジョイントベンチャー企業設立を発表、出資比率はボーイング社が80%、エンブラエル社は僅か20%となっている。

リージョナル・ジェット市場は今後、エアバス並びにボンバルディア、ボーイング並びにエンブラエルのジョイントベンチャー企業に集約されると航空業界関係者は予想しており、この2社以外は更なる苦戦を強いられると見込まれている。

エンブラエル社では、今後20年間の座席数が150席までのリージョナル・ジェットの需要は、1万550機で総売上6,000億ドルに達すると予想している。

2018年~2037年までのアジア・太平洋地域のリージョナル・ジェット機需要は、市場全体の28%に相当する3,000機を予想、北アメリカは27%相当の2,780機、ヨーロッパは21%相当の2,240機を見込んでいる。

現在のエンブラエル社のリージョナル・ジェット機製造部門の従業員総数は9,000人、今後20年後には65%の需要増加に伴って1万6,000人まで拡大すると見込んでいる。

また2018年~2037年までのラテンアメリカ地域のリージョナル・ジェット機需要は市場全体の11.0%、アフリカ4.0%、中近東地域は3.0%の需要が見込まれている。(2018年7月16日付けヴァロール紙)



2018/07/16 » 今後20年間のリージョナル・ジェット市場規模は6,000億ドル予想
2018/07/16 » 5月のサービス部門GDP伸び率はマイナス3.8%を記録
2018/07/06 » エンブラエル社はボーイング社とジョイントベンチャー企業設立
2018/06/07 » ブラジル国内の鉄道輸送は21%とトラック輸送の僅か1/3
2018/03/13 » アジア‐ブラジル航路の輸送レートは世界最高
2018/03/09 » ペトロブラスはプラットフォームP-71建造を中国企業に依頼
2018/02/16 » 2017年の港湾貨物取扱は前年比8.3%増加
2018/01/24 » 2018年の航空業界は法人向け販売が牽引か
2017/09/05 » 外資系企業がブラジル国内の港湾ターミナル買収加速化
2017/07/14 » OTP社はガレオン国際空港の権益を中国資本HNA社に譲渡
2017/06/13 » EAS造船は2019年に倒産の可能性
2017/06/01 » 受託手荷物なしの割安航空券発売開始か
2017/05/25 » ソフトバンクはブラジル配車サービス会社99社に1億ドル投資
2017/03/29 » ジルベルト・カサビ科学技術通信相は郵便公社民営化も示唆
2017/03/07 » Latam航空は受託手荷物に50レアル徴収
2017/03/02 » 過去2年間に造船業界では5万人が解雇されている
2016/10/25 » エンブラエル社は米国司法省と2億550万ドルの罰金支払いで合意
2016/09/06 » 世界の海運業界の再編加速か
2016/08/16 » サントス港湾の荷動きが大幅増加
2016/08/04 » リオオリンピックはブラジル防衛産業にとってはショーウインド

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー