Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
中銀の通貨政策委員会は、政策導入金利(Selic)を3回連続で2.00%に据置(2020年12月9日付けヴァロール紙) 2020/12/10

昨日9日の中銀の通貨政策委員会(Copom)は、政策導入金利(Selic)を3回連続で2.00%に据え置いたが、先週Valor社は82金融機関やコンサルタント会社対象の調査でも2.00%据置の予想であった。

海外情勢、COVID-19パンデミックの第2波発生などの要因で短期的にはブラジル経済への影響するとの予想の一方で、コロナ禍のワクチン接種の早期の開始で中長期的には経済活動が回復すると予想されているが、中銀は経済環境安定のために継続して金融緩和政策でSelic金利を据置いた。

中銀の通貨政策委員会(Copom)は最近のインフレ指数は予想を上回っており、12月は更に上昇する可能性があるものの一時的な現象でモニタリングを継続する。次回の中銀の通貨政策委員会(Copom)は2021年1月19日及び20日が予定されている。

今年の中銀のインフレの中央目標値は4.00%、今年の許容下限値の2.50%を依然として下回っている。2021年のインフレの中央目標値は3.75%、2022年は3.50%、許容範囲は±1.50%を設定している。

2016年8月の政策誘導金利(Selic)は14.25%であったが、2018年末は6.5%、昨年末は4.5%、今年2月にSelic金利を0.25%引下げて4.25%、今年8月の中銀の通貨政策委員会(Copom)は、Selic金利を全会一致で2.25%から0.25%切下げて2.00%に決定していた経緯があった。



2021/02/24 » BNDES銀行はヴァーレ社の持ち株を全て放出(2021年2月23日付けエスタード紙)
2021/02/24 » 今年1月の国債償還総額は、発行総額を7億3,400万レアル上回った(2021年2月23日付けヴァロール紙)
2021/02/17 » 協同組合金融機関(クレジットユニオン)は、商業銀行に反して実店舗拡大路線(2021年2月16日付けエスタード紙)
2021/02/15 » ブラジル銀行の昨年の純益は、前年比22.2%減少の138億8,400万レアル(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/10 » ソフトバンクは今年ラテンアメリカに10億ドルの投資案件を模索(2021年2月9日付けヴァロール紙
2021/02/05 » 3大民間銀行の昨年の純益は前年比24.6%下落(2021年2月4日付けエスタード紙)
2021/02/04 » 2月のIPOによる資金調達は220億レアル突破か(2021年2月3日付けヴァロール紙)
2021/01/27 » 2020年の一般家庭の負債率は記録更新も延滞率減少(2021年1月26日付けヴァロール紙)
2021/01/22 » 2020年のクレジット部門伸び率は、前年比15.4%の二桁増加予想(2021年1月21日付けヴァロール紙)
2021/01/20 » 海外投資家は新興国向け投資を楽観視(2021年1月19日付けヴァロール紙)
2021/01/15 » 今年は既に40件の新規株式公開準備中(2021年1月14日付けヴァロール紙)
2021/01/12 » ブラジル銀行は112支店閉鎖など行員削減政策で5,000人の臨時退職者募集(2021年1月11日付けエスタード紙)
2021/01/08 » 2020年末のポウパンサ預金残高は1兆360億レアルを記録(2021年1月7日付けヴァロール紙)
2021/01/07 » 過去3か月間の海外投資家の株式投資は560億レアル回帰(2021年1月6日付けエスタード紙)
2020/12/10 » 中銀の通貨政策委員会は、政策導入金利(Selic)を3回連続で2.00%に据置(2020年12月9日付けヴァロール紙)
2020/12/09 » 今後数か月間にIT及びe-commerce企業が相次いでIPO予定(2020年12月8日付けエスタード紙)
2020/11/24 » 今年のIPOやフォローオンによる資金調達総額は1,010億レアル突破(2020年11月23日付けヴァロール紙)
2020/11/19 » 今年初め7か月間のFGTSの引出は積立を110億レアル上回っている(2020年11月18日付けヴァロール紙)
2020/11/10 » COVID-19パンデミックは銀行の収益性悪化要因(2020年11月9日付けエスタード紙)
2020/11/06 » 第3四半期のブラジル銀行の純益は23.3%減少の34億8,200万レアル(2020年11月5日付けヴァロール紙)

バックナンバー »