Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
COVID-19パンデミックは銀行の収益性悪化要因(2020年11月9日付けエスタード紙) 2020/11/10

ブラジルの大手銀行の企業の業績を測定するために使用される指標の1つである自己資本利益率は、COVID-19パンデミックの数ヶ月間で大幅な落ち込みを余儀なくされている。

この1回限りのCOVID-19パンデミックの悪影響にもかかわらず、金融市場では、COVID-19パンデミック以前の約20%の収益率を回復するのは、各銀行によるフィンテック技術の導入や過去最低の政策誘導金利(Selic)が2.00%を継続している状況では難しいと見込まれている。

COVID-19パンデミックは、各銀行のリスクの低い年金・恩給連動型クレジットや不動産クレジット、小零細企業向け融資制度である国家零細・小規模企業支援プログラム(Pronampe)の支援向けクレジット限定で、収益率の低下を余儀なくされている。これらのクレジットの銀行が資金を調達するために支払うレートと貸し出すレートの差であるスプレッド金利も他のクレジットよりも低率で収益率の低下を招いている。

Economática社の調査によると、今年第3四半期の大手銀行の「自己資本利益率」または「株主資本利益率」と言われる平均ROE(Return On Equityの略)は13.58%で過去4番目の低い収益率を記録している。

第3四半期の13.58%のROEは、2017年の第3四半期以降では最低のROEを記録、過去最高のROEは2008年第1四半期の26.98%で現状の約2倍のROEを記録していた。

イタウー・ウニバンコ銀行のCandido Bracher総裁は、今後数四半期にわたって、各銀行は低い収益率を余儀なくされると指摘。要因として、COVID-19パンデミックによるリスクの低いクレジット限定に伴って、収益率の低下を余儀なくされている。その理由の一つは、企業が運営資金向け現金確保で社会的信用確保のためのクレジットやリスクの低い年金・恩給連動型クレジットを優先した。

第3四半期の収益率が低下した要因として、昨年末の中銀による銀行が与信審査なしで自動的に貸してくれる特別小切手税と呼ばれる口座借越残の最高月利を8.0%、最高年利は現在の年利305%の半分以下の150%に制限する措置を導入またより低いスプレッドを持つ中小企業を対象とした連邦政府の緊急クレジット枠の設定をブラデスコのオクタビオ・デ・ラザリ・ジュニア会長は指摘している。



2021/02/24 » BNDES銀行はヴァーレ社の持ち株を全て放出(2021年2月23日付けエスタード紙)
2021/02/24 » 今年1月の国債償還総額は、発行総額を7億3,400万レアル上回った(2021年2月23日付けヴァロール紙)
2021/02/17 » 協同組合金融機関(クレジットユニオン)は、商業銀行に反して実店舗拡大路線(2021年2月16日付けエスタード紙)
2021/02/15 » ブラジル銀行の昨年の純益は、前年比22.2%減少の138億8,400万レアル(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/10 » ソフトバンクは今年ラテンアメリカに10億ドルの投資案件を模索(2021年2月9日付けヴァロール紙
2021/02/05 » 3大民間銀行の昨年の純益は前年比24.6%下落(2021年2月4日付けエスタード紙)
2021/02/04 » 2月のIPOによる資金調達は220億レアル突破か(2021年2月3日付けヴァロール紙)
2021/01/27 » 2020年の一般家庭の負債率は記録更新も延滞率減少(2021年1月26日付けヴァロール紙)
2021/01/22 » 2020年のクレジット部門伸び率は、前年比15.4%の二桁増加予想(2021年1月21日付けヴァロール紙)
2021/01/20 » 海外投資家は新興国向け投資を楽観視(2021年1月19日付けヴァロール紙)
2021/01/15 » 今年は既に40件の新規株式公開準備中(2021年1月14日付けヴァロール紙)
2021/01/12 » ブラジル銀行は112支店閉鎖など行員削減政策で5,000人の臨時退職者募集(2021年1月11日付けエスタード紙)
2021/01/08 » 2020年末のポウパンサ預金残高は1兆360億レアルを記録(2021年1月7日付けヴァロール紙)
2021/01/07 » 過去3か月間の海外投資家の株式投資は560億レアル回帰(2021年1月6日付けエスタード紙)
2020/12/10 » 中銀の通貨政策委員会は、政策導入金利(Selic)を3回連続で2.00%に据置(2020年12月9日付けヴァロール紙)
2020/12/09 » 今後数か月間にIT及びe-commerce企業が相次いでIPO予定(2020年12月8日付けエスタード紙)
2020/11/24 » 今年のIPOやフォローオンによる資金調達総額は1,010億レアル突破(2020年11月23日付けヴァロール紙)
2020/11/19 » 今年初め7か月間のFGTSの引出は積立を110億レアル上回っている(2020年11月18日付けヴァロール紙)
2020/11/10 » COVID-19パンデミックは銀行の収益性悪化要因(2020年11月9日付けエスタード紙)
2020/11/06 » 第3四半期のブラジル銀行の純益は23.3%減少の34億8,200万レアル(2020年11月5日付けヴァロール紙)

バックナンバー »