Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
8月のM&A件数は過去最高記録(2020年10月14日付けエスタード紙) 2020/10/15

コンサルタント会社PwC Brasil社の調査によると、COVID-19パンデミックの影響が一段落した2020年8月のブラジル国内のM&A件数は、前年同月の68件よりも65%増加の112件に達して、過去20年間で最高記録に達している。

今年8月のM&A件数が過去20年間で最高となる112件に達した要因として、COVID-19パンデミックによる営業や生産中止で企業の業績悪化の立て直しを余儀なくされており、企業存続のためのM&A件数が増加している。

過去の企業の買収や吸収合併は、自社の事業拡大のための戦略の一環として実施されていたが、今年8月のM&A件数増加は、COVID-19パンデミックによる採算悪化による自社の存続をかけた一部事業の売却などが牽引しているとPwC Brasil社のLeonardo Dell’Osoパートナーは指摘している。

多くの企業はCOVID-19パンデミックによる企業活動の停止や売上減少で、企業の存続をかけた運転資金の調達の必要性に駆られてM&Aを模索しており、過去のM&Aのような企業拡大のためのM&A投資とは異なっている。

多くの企業はCOVID-19パンデミック期間中は、運転資金確保のために従業員の勤務時間短縮や一時解雇、サプライヤーへの支払い遅延や分割払いなどを図ってきたが、運転資金が底をついて企業存続が困難な企業は、ぎりぎりまで銀行やサプライヤーとの折衝を余儀なくされていた。

今年初め8か月間のM&A件数は、595件に達して過去最高のM&A件数を更新、今年1年間のM&A件数は、昨年の912件を突破する1,000件に達するとDell’Osoパートナーは予想している。

今年初め8か月間のM&A件数595件は、前年同期の426件を24.0%上回っているが、そのうち海外投資家によるM&A件数は、COVID-19パンデミックによる世界的な経済停滞の影響で、前年同期比4.0%減少の151件に留まっている。

今年初め8か月間のブラジル国内のM&A件数比較では、南東部地域は全体の66%を占めてトップ、南部地域17%、北東部地域8.0%、中西部地域3.0%、北部地域は僅かに2.0%を占めている。

また産業別の今年初め8か月間のM&A件数比較では、情報通信テクノロジー部門のM&A件数は222件で前年同期比44%増加。補佐サービス業部門は2.0%増加の45件、金融サービス部門は21.0%減少の22件であった。



2021/02/24 » BNDES銀行はヴァーレ社の持ち株を全て放出(2021年2月23日付けエスタード紙)
2021/02/24 » 今年1月の国債償還総額は、発行総額を7億3,400万レアル上回った(2021年2月23日付けヴァロール紙)
2021/02/17 » 協同組合金融機関(クレジットユニオン)は、商業銀行に反して実店舗拡大路線(2021年2月16日付けエスタード紙)
2021/02/15 » ブラジル銀行の昨年の純益は、前年比22.2%減少の138億8,400万レアル(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/10 » ソフトバンクは今年ラテンアメリカに10億ドルの投資案件を模索(2021年2月9日付けヴァロール紙
2021/02/05 » 3大民間銀行の昨年の純益は前年比24.6%下落(2021年2月4日付けエスタード紙)
2021/02/04 » 2月のIPOによる資金調達は220億レアル突破か(2021年2月3日付けヴァロール紙)
2021/01/27 » 2020年の一般家庭の負債率は記録更新も延滞率減少(2021年1月26日付けヴァロール紙)
2021/01/22 » 2020年のクレジット部門伸び率は、前年比15.4%の二桁増加予想(2021年1月21日付けヴァロール紙)
2021/01/20 » 海外投資家は新興国向け投資を楽観視(2021年1月19日付けヴァロール紙)
2021/01/15 » 今年は既に40件の新規株式公開準備中(2021年1月14日付けヴァロール紙)
2021/01/12 » ブラジル銀行は112支店閉鎖など行員削減政策で5,000人の臨時退職者募集(2021年1月11日付けエスタード紙)
2021/01/08 » 2020年末のポウパンサ預金残高は1兆360億レアルを記録(2021年1月7日付けヴァロール紙)
2021/01/07 » 過去3か月間の海外投資家の株式投資は560億レアル回帰(2021年1月6日付けエスタード紙)
2020/12/10 » 中銀の通貨政策委員会は、政策導入金利(Selic)を3回連続で2.00%に据置(2020年12月9日付けヴァロール紙)
2020/12/09 » 今後数か月間にIT及びe-commerce企業が相次いでIPO予定(2020年12月8日付けエスタード紙)
2020/11/24 » 今年のIPOやフォローオンによる資金調達総額は1,010億レアル突破(2020年11月23日付けヴァロール紙)
2020/11/19 » 今年初め7か月間のFGTSの引出は積立を110億レアル上回っている(2020年11月18日付けヴァロール紙)
2020/11/10 » COVID-19パンデミックは銀行の収益性悪化要因(2020年11月9日付けエスタード紙)
2020/11/06 » 第3四半期のブラジル銀行の純益は23.3%減少の34億8,200万レアル(2020年11月5日付けヴァロール紙)

バックナンバー »