Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
ブラジル企業の今年の海外での社債発行の資金調達は300億ドル予想(2020年7月7日付けヴァロール紙) 2020/07/08

ブラジル企業は競って海外での資金調達を試みており、昨日6日資源大手のヴァーレ社も海外で償還期間が10年物の社債発行で15億ドルの資金を調達している。今年は既にPetrobras社, Rumo社, Andrade Gutierrez社, BV社 (旧Votorantim銀行), Raízen社並びにNexa Resources社が海外での社債発行で資金調達を行っている。

COVID-19パンデミック前の今年1月並びに2月のブラジル企業による海外での資金調達は目白押しで、2019年のブラジル企業の海外での社債発行による資金調達総額300億ドルの50%以上に相当する資金調達を行っていた。

バンク・オブ・アメリカ( BofA)ブラジル社のPedro Campos氏は、今年のブラジル企業による海外での社債発行による資金調達は昨年並みの300億ドルを見込んでいる。

「北半球の夏休みの8月までは海外投資家はバケーションを楽しんでいるが、9月から海外市場がCOVID-19パンデミック危機の収束に伴って安定すれば、今年のブラジル企業の資金調達は昨年並みになる」とブラジル企業の海外での資金調達部門を牽引するBofAブラジル社のPedro Campos氏は予想している。

昨年のブラジル国内市場での資金調達は、金利安及び償還期間の長期化で海外市場と競合できるほどの条件が整ってきていたが、COVID-19パンデミック発生の2月末から国内外の金融市場のボラティリティの影響で、国内外での社債発行による資金調達は停止していた。

COVID-19パンデミックの2ヶ月後の5月並びに6月は国内外の株式市場の回復に伴って落ち着きを取り戻してきており、海外での社債発行による機運が高まってきている。

世界の社債市場は、金利が「機能不全」になったために数週間の停止を余儀なくされたが、米連邦準備制度理事会(FRB)は、新型コロナウイルス危機に対応する緊急措置の1つである社債買い入れプログラムで信用業務の連鎖を正常化するために、長期国債の買入を開始した経緯があった。

今年第2四半期から海外での社債発行は、金利が非常にゼロに近く活性化しだしたが、ラテンアメリカ企業の金利がより魅力的で、欧米では資金需要の5倍~6倍の社債購入希望者が存在している。

先週Raízen社の経営審議会は、償還期間が2027年で金利5.30%の社債3億ドルの発行を承認、2017年の5億ドルの資金調達から3年ぶりの発行となる。またRumo社は、償還期間が2028年で金利が5.25%の5億ドルの“green bonds”社債を発行する。

フィッチ社の格付けが“CCC-”のAndrade Gutierrez社は、2019年12月の償還期間が社債発行で3,000万ドルを調達したが、今回は償還期間が2024年で金利が9.5%の4億2,500万ドルの社債を発行した。

ペトロブラス石油公社は,今年5月に海外で償還期間が10年物で金利が5.60%、また償還期間が30年物で金利が7.30%の2種類の社債発行で、32億5,000万ドルを調達していた。
ブラジル資本Votorantim社並びにペルー資本Milpo社と共同で、鉱業Nexa社は償還期間が7年物で金利が6.625%の5億ドルのボーナスを発行。BV銀行は発行総額が5,000万ドルで金利が3.35%のgreen bondsを初めて発行している。



2020/08/10 » 民間銀行の法人向けクレジット増加率が公立銀行を上回る(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/08/06 » 中銀はSelic金利を全会一致で2.00%に引き下げ(2020年8月5日付けエスタード紙)
2020/08/05 » 民間銀行の第2四半期の純益は39.4%下落(2020年8月4日付けヴァロール紙)
2020/08/04 » フォーカスレポートは5週連続で今年のGDP伸び率を上方修正(220年8月3日付けヴァロール紙)
2020/07/31 » ブラデスコ銀行の第2四半期の純益は40%減少の38億7,300万レアルに留まる(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/30 » 2020年上半期の銀行クレジット総額は過去7年間で最高(2020年7月29日付けエスタード紙)
2020/07/28 » Kalunga社, Havan社並びにNissei社などがIPO検討 (2020年7月27日付けヴァロール紙)
2020/07/21 » 海外投資家は今年のブラジルIPO株の36%保有(2020年7月21日付けヴァロール紙)
2020/07/20 » 最終フォーカスレポートは、今年のGDP伸び率を前回予想のマイナス6.10%からマイナス5.95%に上方修正(2020年7月20日付けヴァロール紙)
2020/07/13 » 中銀フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.10%に上方修正(2020年7月13日付けエスタード紙)
2020/07/08 » ブラジル企業の今年の海外での社債発行の資金調達は300億ドル予想(2020年7月7日付けヴァロール紙)
2020/07/07 » 6月のポウパンサ預金の純預金残高は205億3,400万レアルを記録(2020年7月6日付けヴァロール紙などから抜粋)
2020/07/03 » 海外投資家の6月の株投資は今年初めてプラスに転じた(2020年7月2日付けヴァロール紙)
2020/06/29 » 今年5月のクレジット部門の平均延滞率は3.2%に減少(2020年6月26日付けヴァロール紙)
2020/06/26 » 中銀は今年のクレジット総額を前年比7.6%増加に上方修正(2020年6月25日付けヴァロール紙)
2020/06/23 » 不動産や小売販売企業が新規株式公開の準備開始(2020年6月22日付けヴァロール紙)
2020/06/19 » 6月の負債を抱える一般家庭比率は過去最高(2020年6月18日付けエスタード紙)
2020/06/18 » 中銀の通貨政策委員会はSelic金利を過去最低の2.25%に決定(2020年6月17日付けヴァロール紙/エスタード紙より抜粋)
2020/06/16 » WhatsAppはブラジルで個人間送金業務開始か(2020年6月15日付けヴァロール紙)
2020/06/15 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.51%に下方修正(2020年6月15日付けヴァロール紙)

バックナンバー »