Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
パンデミック危機で投資先不透明も収益性が低いが安全なポウパンサ預金に投資金流入(2020年6月5日付けエスタード紙) 2020/06/05

新型コロナウイルスのパンデミック危機の影響で、過去に事例がないほどのハイリスクハイリターンの可能性がある金融投資が存在するにも拘らず、小規模投資家は、パンデミック直後から安全港として知られている投資収益率が非常に低いポウパンサ預金に流れている。

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が3月11日の定例記者会見で「新型コロナウイルスはパンデミック(世界的大流行)」と認める声明の発表で、世界中がパニックに陥った今年4月のポウパンサ預金への預金高2,154億レアルから引出額1,849億レアルを差し引いた純預金額は、305億レアルに達して月間記録を更新した。

また今年5月のポウパンサ預金への預金高から引出額を差し引いた純預金額は、372億レアルに達し、4月の305億レアルを65億レアル上回って2か月連続で月間記録を更新している。今年初め5か月間の純預金残高は639億レアルに達している。

今年初め2か月間のレアル通貨に対するドル高の為替、記録的な株価の上昇などの要因で、ハイリスク・ハイリターンの投資先に大きな資金が流入した一方で、ロウリスク・ロウリターン商品のポウパンサ預金は、引出額が預金額を159億レアル上回っていた経緯があった。

しかしブラジル国内での新型コロナウイルス感染拡大に反比例して、投資シナリオが一変して反転、多くの投資家は、3月後半からポウパンサ預金に資金を逃避しだした結果、3月のポウパンサ預金の純預金額は122億レアルとプラスを記録した。

4月7日から開始されたコロナバウシャー(Coronavoucher)と呼ばれる緊急補助金政策の第1回補助金支給総額313億レアルからポウパンサ預金に流れたことも純預金額の増加の一因となっている。

緊急補助金政策の補助金以外にも、3月の銀行間預金ファンド(DI)など確定金利付きファンドの収益性の悪化がポウパンサ預金に流れた要因となっている。

ポウパンサ預金の金利計算は、政策誘導金利 (Selic)の年利が8.5%以下の場合は、月間0.5%の固定金利(年利換算6.17%)プラス過去2年以上継続している0.0%の参考金利(TR)となっている。

現在の政策誘導金利(Selic)は3.00%であり、ポウパンサ預金の年利は2.10%。月利は0.17%となっている。しかし中銀のフォーカスレポートでは今年末のSelic金利は2.25%を予想しているために、ポウパンサ預金の年利は1.58%、月利は0.13%まで減少する可能性がある。



2020/08/10 » 民間銀行の法人向けクレジット増加率が公立銀行を上回る(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/08/06 » 中銀はSelic金利を全会一致で2.00%に引き下げ(2020年8月5日付けエスタード紙)
2020/08/05 » 民間銀行の第2四半期の純益は39.4%下落(2020年8月4日付けヴァロール紙)
2020/08/04 » フォーカスレポートは5週連続で今年のGDP伸び率を上方修正(220年8月3日付けヴァロール紙)
2020/07/31 » ブラデスコ銀行の第2四半期の純益は40%減少の38億7,300万レアルに留まる(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/30 » 2020年上半期の銀行クレジット総額は過去7年間で最高(2020年7月29日付けエスタード紙)
2020/07/28 » Kalunga社, Havan社並びにNissei社などがIPO検討 (2020年7月27日付けヴァロール紙)
2020/07/21 » 海外投資家は今年のブラジルIPO株の36%保有(2020年7月21日付けヴァロール紙)
2020/07/20 » 最終フォーカスレポートは、今年のGDP伸び率を前回予想のマイナス6.10%からマイナス5.95%に上方修正(2020年7月20日付けヴァロール紙)
2020/07/13 » 中銀フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.10%に上方修正(2020年7月13日付けエスタード紙)
2020/07/08 » ブラジル企業の今年の海外での社債発行の資金調達は300億ドル予想(2020年7月7日付けヴァロール紙)
2020/07/07 » 6月のポウパンサ預金の純預金残高は205億3,400万レアルを記録(2020年7月6日付けヴァロール紙などから抜粋)
2020/07/03 » 海外投資家の6月の株投資は今年初めてプラスに転じた(2020年7月2日付けヴァロール紙)
2020/06/29 » 今年5月のクレジット部門の平均延滞率は3.2%に減少(2020年6月26日付けヴァロール紙)
2020/06/26 » 中銀は今年のクレジット総額を前年比7.6%増加に上方修正(2020年6月25日付けヴァロール紙)
2020/06/23 » 不動産や小売販売企業が新規株式公開の準備開始(2020年6月22日付けヴァロール紙)
2020/06/19 » 6月の負債を抱える一般家庭比率は過去最高(2020年6月18日付けエスタード紙)
2020/06/18 » 中銀の通貨政策委員会はSelic金利を過去最低の2.25%に決定(2020年6月17日付けヴァロール紙/エスタード紙より抜粋)
2020/06/16 » WhatsAppはブラジルで個人間送金業務開始か(2020年6月15日付けヴァロール紙)
2020/06/15 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.51%に下方修正(2020年6月15日付けヴァロール紙)

バックナンバー »