Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
パンデミックの影響で今年下半期からM&A件数は増加か(2020年6月1日付けヴァロール紙) 2020/06/03

新型コロナウイルスのパンデミック危機の影響で、今年4月の企業の買収・合併(M&A)案件が減少したとコンサルタント会社PwC Brasil 社は説明している。

しかしパンデミック終焉後のブラジル国内経済の回復に伴って、2020年以内には、パンデミックで打撃を受けた業界や企業を中心に2016年~2018年のM&A件数を上回る1,000件を超える過去最高の企業の買収や合併案件が成立すると予想している。

今年4月のM&A件数は前年同月比31%減少の46件に留まったが、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が3月11日の定例記者会見で「新型コロナウイルスはパンデミック(世界的大流行)」と認める声明の発表前までは、記録更新が予想されるM&A件数が成立していたとPwC Brasil社のLeornado Dell’Osoパートナーは説明している。

今年4月のM&A件数は前年同月比31%減少の46件に留まったが、2018年の42件を上回った一方で2017年の48件を僅かに下回り、4月のM&Aの46件数はパンデミックの影響を受けたにも拘らず、ポディティブシグナルとなっている。

他国のPwC支社の調査によると、COVID-19パンデミックの影響で今年4月のM&A案件は軒並み20%~40%減少しているにも関わらず、ブラジルの46件のM&A案件は好調に推移している。Dell’Oso氏は来年初めにM&A案件は1,000件に達するが、年内のM&A案件成立は700件~800件と昨年の912件を下回ると予想、2015年~2018年の年間平均M&A案件660件は上回ると予想している。

新型コロナウイルスのパンデミック危機の影響で、必需品以外の営業自粛要請で壊滅的な影響を受けてファイナンスで苦慮しているホテル、バー並びにレストラン業界でのM&A案件が活性化すると予想されている。

また医療保健業界のM&A案件の活性化も予想されており、特に医療相談や手術などの先送り、コロナウイルス感染による長期間の集中治療室(ITU)の利用による収益減少などの要因で、病院並びに保険業界の業界再編に繋がるM&A案件の活性化が予想されている。

レアル通貨に対するドル高の為替や株価の下落は、海外投資家にとってブラジル企業を安価で購入できるM&A案件はまたとないチャンスとなっているために、パンデミック終焉後のM&A案件の活性化が見込まれている。

今年初め4か月間の海外投資家によるブラジル企業のM&A案件は62件と年間換算で10%に留まっているが、今年初め4か月間のM&A案件の76%はブラジル人による買収であった。



2020/07/13 » 中銀フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.10%に上方修正(2020年7月13日付けエスタード紙)
2020/07/08 » ブラジル企業の今年の海外での社債発行の資金調達は300億ドル予想(2020年7月7日付けヴァロール紙)
2020/07/07 » 6月のポウパンサ預金の純預金残高は205億3,400万レアルを記録(2020年7月6日付けヴァロール紙などから抜粋)
2020/07/03 » 海外投資家の6月の株投資は今年初めてプラスに転じた(2020年7月2日付けヴァロール紙)
2020/06/29 » 今年5月のクレジット部門の平均延滞率は3.2%に減少(2020年6月26日付けヴァロール紙)
2020/06/26 » 中銀は今年のクレジット総額を前年比7.6%増加に上方修正(2020年6月25日付けヴァロール紙)
2020/06/23 » 不動産や小売販売企業が新規株式公開の準備開始(2020年6月22日付けヴァロール紙)
2020/06/19 » 6月の負債を抱える一般家庭比率は過去最高(2020年6月18日付けエスタード紙)
2020/06/18 » 中銀の通貨政策委員会はSelic金利を過去最低の2.25%に決定(2020年6月17日付けヴァロール紙/エスタード紙より抜粋)
2020/06/16 » WhatsAppはブラジルで個人間送金業務開始か(2020年6月15日付けヴァロール紙)
2020/06/15 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.51%に下方修正(2020年6月15日付けヴァロール紙)
2020/06/15 » 財政プライマリー収支黒字は2033年以降(2020年6月15日付けエスタード紙)
2020/06/10 » 今年初め5か月間のスタートアップ企業への投資は5億ドルを突破(2020年6月9日付けヴァロール紙)
2020/06/05 » パンデミック危機で投資先不透明も収益性が低いが安全なポウパンサ預金に投資金流入(2020年6月5日付けエスタード紙)
2020/06/05 » ブラジル銀行、イタウー銀行、ブラデスコ銀行、連邦貯蓄金庫並びにサンタンデール銀行のクレジット部門マーケットシェアは80.7%の寡占状況(2020年6月4日付けエスタード紙)
2020/06/04 » 国庫庁は償還期間が5年物と10年物の海外での国債発行で35億ドルを調達(2020年6月3日付けヴァロール紙)
2020/06/03 » 海外投資家は5月にサンパウロ証券取引所から74億4,000万レアルの資金引き揚げ(2020年6月2日付けヴァロール紙)
2020/06/03 » パンデミックの影響で今年下半期からM&A件数は増加か(2020年6月1日付けヴァロール紙)
2020/05/29 » ペトロブラスは海外で32億5,000万ドルのキャッシュフロー調達(2020年5月28日付けヴァロール紙)
2020/05/29 » 今年4月のクレジット金利は減少にも拘らず、延滞率は上昇(2020年5月28日付けヴァロール紙)

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf第7回ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)『雇用維持のための救済措置の状況と今後について』(Fator法律事務所の佐藤ジルセウ弁護士 2020年7月8日)

Pdf『チリにおける新型コロナウイルスの影響』ジェトロ・サンチアゴ事務所の佐藤 竣平所長 2020年7月1日

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う企業活動や危機管理に関するアンケート結果【速報】(2020年6月)

________

Pdf『2020年度第1四半期決算発表からみる新型コロナウイルスのブラジル企業への影響』(コンサルタント部会の吉田幸司部会長 2020年6月24日)

Pdf4回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」(ジェトロサンパウロ事務所の大久保敦所長 2020年6月17日)

Pdf第3回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」ジェトロリマ事務所の設楽 隆裕所長(2020年6月10日)

 

Pdf「アルゼンチンにおける新型コロナウイルスの影響」ジェトロブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長 2020年6月3日

Pdfブラジル等における新型コロナ対応状況(ジェトロサンパウロ事務所 大久保敦所長 2020年5月27日)

Pdf雇用維持のための救済措置解説セミナー発表資料 (佐藤ジルセウ弁護士 2020年4月27日)

 

  会員企業の新型コロナSDGs (CSR) 他、関連取り組み状況

 

Pdf【速報2】新型コロナウィルス感染に関するアンケート【その2】一時帰国対応について 3/31日現在

Pdf【速報 (更新)】新型コロナウィルス感染に関するアンケート調査結果 4/3日現在 128社

Pdf新型コロナウィルス対策に関連する各種法律・政令 3/24

Pdf感染対策情報(サンパウロ日伯援護協会提供)3/19

Pdf新型コロナウィルス情報(ポル語、サンタクルス病院提供)3/17

Pdfブラジル保健省フェイスブック

Pdf新型コロナウイルスに関するQ&A 保健省(ポルトガル語)

Pdfブラジル保健省ホームページ

Pdf感染発生連絡③ 3/20

Pdf感染発生連絡② 3/17

Pdf感染発生連絡① 3/11

 

______

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料