Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
中銀は特別小切手に追従してクレジットカード金利規制導入か 2019/11/29

今月27日に中銀は、銀行が与信審査なしで自動的に貸してくれる特別小切手税と呼ばれる口座借越残の最高月利を8.0%、最高年利は現在の年利305%の半分以下の150%に制限すると発表した。

ブラジル銀行協会連盟(Febraban )では、2018年7月から200レアル以上の負債を抱える特別小切手利用者に対し、低金利の他のクレジットオファーをしているものの余り活用されていない経緯があった。

今年10月の月額最低返済を行わないクレジットカード借越残年利は317.22%に達しており、中銀ではクレジットカード金利に対して特別小切手税同様の上限金利設定の規制を検討している。

クレジットカードによる分割払いは、分割回数の増加に比例して延滞率が増加する傾向にあるために、クレジットカードの分割払いの月利上昇を余儀なくされている。

ブラジル連邦貯蓄銀行(CAIXA)は、今年12 月から特別小切手の利率を、これまでの最低月利9・99%から4・99%に半減させると発表していた。 特別小切手の利率は各種ローンの中でも特に高く、市民が安易に手を出して債務不履行に陥るケースが頻繁に発生している。

特別小切手の上限月利8.0%が2020年1月6日から実施、また上限月利8.0%のクレジットは500レアル以上の負債を抱える利用者に対して、0.25%の手数料を2020年6月1日から徴収がされれば商業銀行の収益悪化が避けられないとブラジル銀行協会連盟(Febraban )は指摘している。

中銀による特別小切手の上限月利規制は、抜き打ち的で前例のない規制で驚嘆しているが、民間の大銀行にとって1.0%~4.0%の純益減少に繋がるとブラデスコBBI社では予想している。

スイスクレジット銀行では、2020年の民間の大銀行にとって最大3.0%に相当する20億レアル~60億レアルの純益減少に繋がると算出している。Citi銀行では、来年の特別小切手関連売上は245億レアル減少すると予想している。(2019年11月29日付けエスタード紙)



2020/01/22 » 社会経済開発銀行は国庫庁に150億レアルに達する配当金支払いか
2020/01/20 » 今年上半期の公立銀行の資産売却は600億レアルに達するか
2020/01/16 » ソフトバンクは資本参加のスタートアップ企業で約1万人を解雇
2020/01/10 » 昨年12月の一般家庭の負債比率は65.5%で過去最高
2020/01/09 » 2019年のドル流出448億ドルは過去20年間で最高
2020/01/08 » 2019年のポウパンサ預金は過去3年間最低の133億レアル
2020/01/07 » 2019年のインフレ指数は4.13%に上方修正
2019/12/19 » BNDES銀行はブラジル大企業の持株1,276億レアルを積極的に放出
2019/12/18 » 今年の新規株式公開や増資で900億レアル調達予想
2019/12/04 » ソフトバンクはメキシコ資本フィンテック企業Konfioの1億ドル投資
2019/11/29 » 中銀は特別小切手に追従してクレジットカード金利規制導入か
2019/11/28 » 9社のブラジル企業が投資適格級維持
2019/11/28 » 連邦政府は特別小切手の月利上限を8.0%に決定
2019/11/26 » 中銀は今年のGDP伸び率を0.99%に上方修正
2019/11/26 » 今年10月の国庫庁の歳入はロイヤリティ収入減少で1,352億レアルに留まる
2019/11/21 » ブラデスコ銀行ではブラジルの投資適格級返咲きは来年を予想
2019/11/14 » ブラデスコ銀行はXP Investimentos対抗でAgora社復活
2019/11/12 » 農業フィンテックが融資用書類一掃
2019/11/11 » 大手銀行は支店閉鎖と人員削減で収益性アップ
2019/11/08 » イタウー銀行はクレジット部門でブラジル銀行を追い抜く

バックナンバー »