Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
イタウー銀行はクレジット部門でブラジル銀行を追い抜く 2019/11/08

イタウー銀行の2019年第3四半期のクレジット残高は6,889億レアルに達し、ブラジル銀行のクレジット残高6,867億レアルを初めて追い越し、民間銀行としては、ブラジル国内銀行で初めて首位となった。

イタウー銀行の今年第3四半期のクレジット残高は、前年同期比8.3%と大幅に上昇した一方で、ブラジル銀行のクレジット残高は前年同期比マイナス0.7%を記録、民間銀行のイタウー銀行は、今後も積極的にクレジット部門を拡大する戦略を取っているために、益々クレジット残高で差が拡大すると予想されている。

ボルソナロ大統領は国立銀行のクレジット部門縮小を奨励する一方で、収益性の高い部門、また競争力の優位な部門の拡大を奨励しているが、民間銀行はクレジット部門拡大を積極的に行っている。

今年第3四半期のブラジル銀行の利益は、前年同期比33.5%増加の45億4,300万レアルを記録した一方で、イタウー銀行は10.88%増加の72億レアル、ブラデスコ銀行は19.58%増加の65億レアル、サンタンデール銀行は19.21%増加の37億レアルを記録している。

また各銀行の収益率比較では、今年第3四半期のブラジル銀行の利益率は、18.0%と前年同期の13.6%から大幅に増加したにも関わらず、イタウー銀行の利益率は前年同期の21.3%から23.5%、ブラデスコ銀行は19.0%から20.2%、サンタンデール銀行は、19.5%から21.1%と大手民間銀行の収益率は20%を突破している。

今年第3四半期のブラジル銀行のクレジット部門は、前年同期比マイナス0.68%であったが、イタウー銀行は8.26%増加、ブラデスコ銀行10.49%増加、サンタンデール銀行は7.35%増加している。(2019年11月8日付けヴァロール紙)



2019/11/12 » 農業フィンテックが融資用書類一掃
2019/11/11 » 大手銀行は支店閉鎖と人員削減で収益性アップ
2019/11/08 » イタウー銀行はクレジット部門でブラジル銀行を追い抜く
2019/11/06 » 今年上半期のラテンアメリカのスタートアップ企業への投資は26億ドル達成
2019/11/05 » 国庫庁は過去7年間の最低金利で30億ドルの国債発行
2019/10/31 » 中銀通貨政策委員会はSelic金利を3回連続引き下げで過去最低の5.0%
2019/10/30 » Selic金利の低下に伴って個人向けクレジット金利が減少傾向
2019/10/25 » 今年上半期のM&Aは10億レアル以上が牽引
2019/10/21 » 金利低下で民間銀行が農業向けクレジット拡大
2019/10/15 » 2022年までブラジル国内のIPO並びにM&Aは活性化
2019/10/14 » 金利低下に伴ってクレジットは過去9年間で最も増加
2019/10/08 » 大半の金融市場関係者は今年末のSelic金利の5.0%以下を予想
2019/10/03 » 米国と欧州連合の航空機補助金の報復関税問題で世界中の株価下落
2019/09/27 » 今年8月の公的債務残高は初めて4兆レアルを突破
2019/09/26 » 金利が天文学的なクレジットカード及び特別小切手の使用が増加
2019/09/25 » 海外投資家は弱いGDP伸び率を警戒
2019/09/23 » ドル高の為替はコスト上昇も価格転嫁できず
2019/09/19 » 2018年のフィンテック会社のクレジット総額は約12億レアルに急伸
2019/09/19 » 中銀の通貨政策委員会は、全会一致でSelic金利を5.5%に決定
2019/09/18 » ソフトバンクはMadeiraMadeira に1億1,000万ドル投資

バックナンバー »