Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
14企業は新規株式公開で250億レアルの資金調達を目論んでいる 2019/09/03

ブラジル国内の経済が緩やかな回復基調にも関わらず、北半球の夏休みが終了する来週から欧米の投資家は、ブラジル国内での新規株式公開(IPO)に注目、最低でも今年下半期に14企業がIPOで250億レアルの資金調達が見込まれている。

ブラジル国内の景気回復が遅れているにも関わらず、建設業界や小売業界でのIPOが目白押しで、オランダ資本の小売大手C&A社、宝石小売りチェーンVivara社、上下水道関連Igua 社並びに有価証券取引委員会(CVM)には登録していないがSaneago社がIPOを予定している。

またBMG銀行、建設会社Kallas社、Kroton Educacional グループ傘下のSaber社、J&Fホールディング社傘下のデジタル銀行のOriginal社もIPOを予定している。

不動産大手EZTEC社及びCyrela Commercial Properties(CCP)社も既に株式公開を発表、またEVEN社も新規株式公開の準備として主幹事会社と契約、テクノロジー企業Sinqia社もIPOで調整している。

ラヴァ・ジャット汚職関連事件による壊滅的な影響を受けたゼネコン、ブラジル国内の消費低迷で過去数年間の建設・不動産業界並びに小売業界は低迷を余儀なくされていたが、年金改革や税制改革の明るい兆しが表れてきているために、IPOや増資で資金調達を狙っている。

海外投資家がブラジルの証券取引所から資金を引き揚げて株価が減少していると金融ボラティリティが上昇している話題になっているが、投資銀行幹部は否定している。

BMG銀行は先週金曜日に昨年から先送りを余儀なくされていた新規株式公開を2020年に予定、主幹事会社はXP Investimentos社で15億レアルの資金調達を目論んでいる。

またIgua社の新規株式公開の主幹事会社はBradesco BBI社、 C&A はMorgan Stanley、 Vivara社並びに Saneago社の主幹事会社は Itau BBAが担当する。(2019年9月3日付けヴァロール紙)



2020/02/07 » 昨年の製造業部門への対内直接投資は41.0%減少
2020/02/06 » 社会経済開発銀行はペトロブラスの持株220億レアルを放出
2020/02/06 » 中銀は政策誘導金利を全会一致で4.25%に決定
2020/02/05 » 昨年の年金・恩給受給者口座連動型クレジットが二桁増加
2020/02/05 » 今年のIPO第一弾は建設業Mitre社とレンタルサーバ-Locaweb社
2020/02/04 » 昨年の株投資は2014年以降初めてブラジル人投資家が過半数を占めた
2020/01/31 » 昨年のフィンテック(FinTech)部門投資は約10億ドル
2020/01/30 » 社会開発銀行の公社持株放出は2021年に集中か
2020/01/29 » ボルソナロ大統領はBNDES銀行ブラックボックス開示で違和感を示唆
2020/01/28 » WTOの中国新型コロナウイルスのハイリスク評価修正で世界中の株価暴落
2020/01/22 » 社会経済開発銀行は国庫庁に150億レアルに達する配当金支払いか
2020/01/20 » 今年上半期の公立銀行の資産売却は600億レアルに達するか
2020/01/16 » ソフトバンクは資本参加のスタートアップ企業で約1万人を解雇
2020/01/10 » 昨年12月の一般家庭の負債比率は65.5%で過去最高
2020/01/09 » 2019年のドル流出448億ドルは過去20年間で最高
2020/01/08 » 2019年のポウパンサ預金は過去3年間最低の133億レアル
2020/01/07 » 2019年のインフレ指数は4.13%に上方修正
2019/12/19 » BNDES銀行はブラジル大企業の持株1,276億レアルを積極的に放出
2019/12/18 » 今年の新規株式公開や増資で900億レアル調達予想
2019/12/04 » ソフトバンクはメキシコ資本フィンテック企業Konfioの1億ドル投資

バックナンバー »