Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
2018年のブラジルへの対内直接投資は7位に後退 2019/06/13

国連貿易開発会議(UNCTAD)の発表によると2018年の世界全体の海外直接投資(FDI)は、トランプ米大統領の保護主義的な貿易政策や英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる不透明感が足かせとなった影響で、前年比13%減の1兆3,000億ドルと3年連続で減少した。

昨年のブラジルへの海外直接投資(FDI)総額は前年から1ランク下げて7位にランクを下げており、投資総額は前年の675億ドルから612億ドルに減少している。

昨年の海外直接投資(FDI)ランクトップは米国の1,520億ドル、2位は中国1,390億ドル、3位は香港1,160億ドル、4位はシンガポール780億ドル、5位はオランダ700億ドル、6位は英国640億ドル、8位はオーストラリア600億ドル、9位はスペイン440億ドル、10にはインドの420億ドルとなっている。

昨年の中国企業によるブラジル企業買収案件は前年の半分の6社に留まっており、10億ドル以上のM&AはCPFL Energia社並びに14億ドルのSyngenta社によるNidera Sementes社の2社に留まっている。
昨年のブラジルへの直接投資では、石油・天然ガスや鉱物などの鉱業部門への投資は前年比45.0%増加、自動車部門への直接投資は45億ドル、サービス部門の直接投資として情報テクノロジー部門へ20億ドル、金融サービス部門は35億ドルを記録している。

外資系企業によるブラジルへの直接投資残高は6,842億ドルに対して、ブラジル企業による海外での投資残高は2,290億ドルとなっている。(2019年6月13日付けヴァロール紙)



2019/07/10 » 金利低下に伴ってブラジルのファミリー企業はスタートアップ企業に投資
2019/07/02 » Selic金利は年内に4回切下げ予想
2019/06/18 » Nubank(ヌーバンク)は3億7,500万レアルの資金調達で事業拡大
2019/06/14 » 年内のSelic金利引下げが優勢
2019/06/13 » 2018年のブラジルへの対内直接投資は7位に後退
2019/06/12 » 人工頭脳がクレジット審査代行か
2019/06/11 » ペトロブラスと連邦貯蓄金庫は150億レアルの株放出
2019/06/11 » 連邦政府は200億レアルに達するPIS/ PASEPの用途検討
2019/05/29 » 国債の償還期間集中で4月の対内債務残高は1.0%減少
2019/05/20 » 連邦貯蓄金庫は希望退職制度(PDV)導入で3,500人削減
2019/05/16 » Selic引下余地はあるものの、年金改革後か
2019/05/14 » 昨年は将来のユニコーン企業発掘で50億レアル投資
2019/05/13 » ブラジルの銀行スプレッドはマダガスカルに次いで世界2位
2019/05/09 » 通貨政策委員会は、政策誘導金利(Selic)を9回連続で6.5%据置を決定
2019/05/07 » ブラジル国内のIPOコストは米国の半分
2019/05/02 » ソフトバンクはスタートアップ企業Rappiに10億ドル投資
2019/05/02 » 今年は中国企業の投資再開か
2019/04/30 » 2018年のクラウドファンディング市場が大幅拡大
2019/04/29 » 今年3月の法人向けクレジットが二桁増加
2019/04/16 » BNDES銀行はアグロビジネス向け低利子融資を停止

バックナンバー »