Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
連邦政府は200億レアルに達するPIS/ PASEPの用途検討 2019/06/11

連邦政府は、サラリーマンが引き出していない残金総額が200億レアルに達する社会統合基金(PIS)/公務員厚生年金(PASEP)を予算に組み入れることを検討している。

連邦政府は社会統合基金(PIS)/公務員厚生年金(PASEP)の引出を促すためのキャンペーンを予定しているが、連邦貯蓄金庫が管理している社会統合基金(PIS)、ブラジル銀行が管理している公務員厚生年金(PASEP)の引出はごくわずかと見込まれている。

失業保険や金銭的援助の財源として、社会統合基金(PIS)は民間企業から、公務員厚生年金(PASEP)は連邦政府、州政府、市や公共団体からそれぞれ徴収される。

連邦政府は、サラリーマンが引き出していない200億レアルに達する社会統合基金(PIS)/公務員厚生年金(PASEP)を暫定措置令(MP)で活用することを検討している。

1971年~1988年にかけて労働手帳に記載される正規雇用のサラリーマンの退職時、重度の障害や70歳以上に達した時に引き出せるが、ミッシェル・テーメル大統領は暫定措置令(MP)で60歳からの引出に変更した経緯があった。

社会統合基金(PIS)/公務員厚生年金(PASEP)を引き出せる対象者の大半は既に死亡している。また遺産相続として受け取れる遺族との連絡が非常に困難をきたしている。(2019年6月11日付けエスタード紙)



2019/10/15 » 2022年までブラジル国内のIPO並びにM&Aは活性化
2019/10/14 » 金利低下に伴ってクレジットは過去9年間で最も増加
2019/10/08 » 大半の金融市場関係者は今年末のSelic金利の5.0%以下を予想
2019/10/03 » 米国と欧州連合の航空機補助金の報復関税問題で世界中の株価下落
2019/09/27 » 今年8月の公的債務残高は初めて4兆レアルを突破
2019/09/26 » 金利が天文学的なクレジットカード及び特別小切手の使用が増加
2019/09/25 » 海外投資家は弱いGDP伸び率を警戒
2019/09/23 » ドル高の為替はコスト上昇も価格転嫁できず
2019/09/19 » 2018年のフィンテック会社のクレジット総額は約12億レアルに急伸
2019/09/19 » 中銀の通貨政策委員会は、全会一致でSelic金利を5.5%に決定
2019/09/18 » ソフトバンクはMadeiraMadeira に1億1,000万ドル投資
2019/09/12 » オーガニック食品のスタートアップ企業Liv Up社は9,000万レアル調達
2019/09/03 » 14企業は新規株式公開で250億レアルの資金調達を目論んでいる
2019/08/30 » 連邦公社の民営化はM&A案件を牽引
2019/08/29 » アルゼンチン政府は債権者に支払い猶予要請
2019/08/15 » 世界的リセッション懸念で世界中の株価が下落
2019/08/09 » 個人の投資残高が初めて3兆レアルを突破
2019/08/08 » ソフトバンクは中古車販売Volanty社に7,000万レアル投資
2019/08/01 » 中銀は満場一致でSelic金利を6.0%に引き下げ
2019/07/31 » ソフトバンクはBanco Inter社の8%の株を7億6,000万レアルで購入

バックナンバー »