Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
Selic引下余地はあるものの、年金改革後か 2019/05/16

2019年3月のサ―ビス部門のGDP伸び率は、前月比マイナス0.7%と3カ月連続でマイナスを記録して予想以下に留まり、今年第1四半期は前四半期比でマイナス0.6%と2四半期連続増加から減少に転じ景気回復サイクルを離脱している。

今年3月の製造業部門生産はマイナス1.3%、今年第1四半期はマイナス2.2%を記録した一方で、今年3月の自動車並びに建材を除く一般小売販売は前月比0.3%増加、今年3月の広範囲小売販売は前月比1.1%増加に留まっている。

中銀の最終フォーカスレポートでは、今年のGDP伸び率は 1.5% 以下に留まると下方修正、また食料品や燃料価格値上げにも拘らず、今年の広範囲消費者物価指数(IPCA)は4.0%前後を予想している。

元中銀総裁のAlexandre Schwartsman氏は、企業経営者による投資開始は来年になると予想、中銀は今年下半期に政策誘導金利(Selic)を0.75%~1.00%下げる余地はあると説明している一方で、今年初めの大半のエコノミストは通貨政策委員会(Copom)による政策誘導金利(Selic)引下開始は、2020年にずれ込むと予想していた。

年金・恩給改革スケジュールが予定よりも大幅に遅れているために、今年のGDP伸び率は2017年並びに2018年と同じ水準の1.0%~1.5%に留まるとAlexandre Schwartsman氏は予想している。

今月10日のブラデスコ銀行は今年のGDP伸び率を1.9%から1.1%と大幅に下方修正、年末のSelic金利を5.75%と予想、一方サフラ銀行チーフエコノミストのカルロス・カワル氏は、年金改革が下院で承認されれば第3四半期中にSelic金利の引き下げの可能性を示唆している。

銀行業務集中サービス会社(Serasa Experian)の調査によると、今年のブラジル全国の「母の日」商戦期間の小売販売は、前年同期比でマイナス1.4%を記録、サンパウロ市ではマイナス2.1%を記録した。(2019年5月15日付けエスタード紙)
 



2019/07/10 » 金利低下に伴ってブラジルのファミリー企業はスタートアップ企業に投資
2019/07/02 » Selic金利は年内に4回切下げ予想
2019/06/18 » Nubank(ヌーバンク)は3億7,500万レアルの資金調達で事業拡大
2019/06/14 » 年内のSelic金利引下げが優勢
2019/06/13 » 2018年のブラジルへの対内直接投資は7位に後退
2019/06/12 » 人工頭脳がクレジット審査代行か
2019/06/11 » ペトロブラスと連邦貯蓄金庫は150億レアルの株放出
2019/06/11 » 連邦政府は200億レアルに達するPIS/ PASEPの用途検討
2019/05/29 » 国債の償還期間集中で4月の対内債務残高は1.0%減少
2019/05/20 » 連邦貯蓄金庫は希望退職制度(PDV)導入で3,500人削減
2019/05/16 » Selic引下余地はあるものの、年金改革後か
2019/05/14 » 昨年は将来のユニコーン企業発掘で50億レアル投資
2019/05/13 » ブラジルの銀行スプレッドはマダガスカルに次いで世界2位
2019/05/09 » 通貨政策委員会は、政策誘導金利(Selic)を9回連続で6.5%据置を決定
2019/05/07 » ブラジル国内のIPOコストは米国の半分
2019/05/02 » ソフトバンクはスタートアップ企業Rappiに10億ドル投資
2019/05/02 » 今年は中国企業の投資再開か
2019/04/30 » 2018年のクラウドファンディング市場が大幅拡大
2019/04/29 » 今年3月の法人向けクレジットが二桁増加
2019/04/16 » BNDES銀行はアグロビジネス向け低利子融資を停止

バックナンバー »