Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
ブラジルの銀行スプレッドはマダガスカルに次いで世界2位 2019/05/13

ブラジルの銀行スプレッドは、特にクレジット契約履行環境が非常に悪いためクレジット回収率が飛びぬけて低いために、マダガスカルに次いで世界2位の銀行スプレッド金利を余儀なくされている。

LCA ConsultoresエコノミストのVitor Vidal氏並びにジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)エコノミストのマルセル・バラシアーノ氏との共同調査によると、債権回収率が非常に悪いことがブラジルの銀行スプレッドを押上げる要因と指摘している。

ブラジルの銀行スプレッドが非常に高い要因として、非常に低い債権回収率以外に過去最低にも拘らず、1年2カ月以上維持している6.5%の政策誘導金利(Selic)、ブラジル国民の低貯蓄率、継続する連邦政府の財政プライマリー収支赤字、過去の高インフレや物価変動の大きさ、中央銀行の独立性など行政問題などが挙げられる。

2017年の世界の銀行スプレッド比率比較では、マダガスカルが45.0%でトップ、次いでブラジル38.4%、タジギスタン26.0%、キルギスタン17.1%、コンゴ共和国が16.4%でワースト5を形成している。

一方銀行スプレッドが低いのは日本の0.7%で世界トップ、サン・マリノの1.1%、レバノン1.2%、ハンガリー1.4%、チリ1.6%、マレーシア及びオマンがそれぞれ1.7%、ジョージア並びに韓国、カタールそれぞれ1.8%となっている。

また2018年の銀行クレジットの平均回収率比較では、日本は92%でトップ、シンガポール89%、カナダ88%、韓国85%、オーストラリア83%、マレーシア81%、タイ及メキシコ68%、チェコ共和国67%、コロンビアは66%であった。

一方銀行クレジットの平均回収率のワースト10は、ヴェネズエラは僅か6%で世界最悪、スリナミ8%、ウクライナ9%、シエラレオネ共和国及びマダガスカルはそれぞれ11%、ブラジルは13%、ミヤンマー15%、モンゴル17%、ガイアナは18%となっている。(2019年5月12日のエスタード紙)



2019/11/14 » ブラデスコ銀行はXP Investimentos対抗でAgora社復活
2019/11/12 » 農業フィンテックが融資用書類一掃
2019/11/11 » 大手銀行は支店閉鎖と人員削減で収益性アップ
2019/11/08 » イタウー銀行はクレジット部門でブラジル銀行を追い抜く
2019/11/06 » 今年上半期のラテンアメリカのスタートアップ企業への投資は26億ドル達成
2019/11/05 » 国庫庁は過去7年間の最低金利で30億ドルの国債発行
2019/10/31 » 中銀通貨政策委員会はSelic金利を3回連続引き下げで過去最低の5.0%
2019/10/30 » Selic金利の低下に伴って個人向けクレジット金利が減少傾向
2019/10/25 » 今年上半期のM&Aは10億レアル以上が牽引
2019/10/21 » 金利低下で民間銀行が農業向けクレジット拡大
2019/10/15 » 2022年までブラジル国内のIPO並びにM&Aは活性化
2019/10/14 » 金利低下に伴ってクレジットは過去9年間で最も増加
2019/10/08 » 大半の金融市場関係者は今年末のSelic金利の5.0%以下を予想
2019/10/03 » 米国と欧州連合の航空機補助金の報復関税問題で世界中の株価下落
2019/09/27 » 今年8月の公的債務残高は初めて4兆レアルを突破
2019/09/26 » 金利が天文学的なクレジットカード及び特別小切手の使用が増加
2019/09/25 » 海外投資家は弱いGDP伸び率を警戒
2019/09/23 » ドル高の為替はコスト上昇も価格転嫁できず
2019/09/19 » 2018年のフィンテック会社のクレジット総額は約12億レアルに急伸
2019/09/19 » 中銀の通貨政策委員会は、全会一致でSelic金利を5.5%に決定

バックナンバー »