Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
ブラジル国内のIPOコストは米国の半分 2019/05/07

サンパウロ証券取引所(BM&FBovespa)と証債権取引決済・保管センター(Cetip)が合併したB3社とPwC社との合同調査によると、ブラジル国内での新規株式公開(IPO)コストは、米国の株式市場での上場よりも半分のコストに留まっていると指摘している。

また新規株式公開(IPO)後のサンパウロ証券取引所の維持・管理費も米国よりもコストが低いために、認知が広まれば今後のブラジル国内での新規株式公開(IPO)増加の可能性を指摘している。

ブラジル国内での新規株式公開(IPO)時の平均コストは、資金調達額の2.5%~5.6%となっている一方で、米国平均コストは4.0%~11.70%と約2倍に達し、資金調達額が上昇に反比例して上場コストは減少する。

米国での新規株式公開(IPO)による資金調達額が10億ドルを突破すれば平均コストは4.0%に対して、ブラジルは2.50%と米国の2/3のコストに留まる。資金調達額が5億ドル~10億ドルの場合は、米国のコストは5.6%に対してブラジルは3.90%となっている。

前記同様に資金調達額が2億5,000万ドル~5億ドルまでは7.20%対して4.0%、1億ドル~2億5,000万ドルまでは4.80%に対して8.0%、資金調達額が1億ドル~2億5,000万ドルの場合は、米国の11.70%に対してブラジルのコストは半分以下の5.6%に留まる。

2004年1月~2018年4月までの期間に、ブラジル企業182社が新規株式公開(IPO)をしたが、97%のブラジル企業はブラジル国内での新規株式公開(IPO)を行っている。

ブラジル国内の証券取引所に上場している企業の66%は、年間維持・管理費が40万ドル以下となっている一方で、米国内で上場している企業の67%は、100万ドル~190万ドルの維持・管理費を支払っている。

また新規株式公開(IPO)で資金調達額が5億ドル~10億ドルの場合の米国での主幹事銀行へのコミッションは3,560万ドルに対して、ブラジル国内では2,080万ドルとコストが安い。(2019年5月7日付けヴァロール紙)



2019/07/10 » 金利低下に伴ってブラジルのファミリー企業はスタートアップ企業に投資
2019/07/02 » Selic金利は年内に4回切下げ予想
2019/06/18 » Nubank(ヌーバンク)は3億7,500万レアルの資金調達で事業拡大
2019/06/14 » 年内のSelic金利引下げが優勢
2019/06/13 » 2018年のブラジルへの対内直接投資は7位に後退
2019/06/12 » 人工頭脳がクレジット審査代行か
2019/06/11 » ペトロブラスと連邦貯蓄金庫は150億レアルの株放出
2019/06/11 » 連邦政府は200億レアルに達するPIS/ PASEPの用途検討
2019/05/29 » 国債の償還期間集中で4月の対内債務残高は1.0%減少
2019/05/20 » 連邦貯蓄金庫は希望退職制度(PDV)導入で3,500人削減
2019/05/16 » Selic引下余地はあるものの、年金改革後か
2019/05/14 » 昨年は将来のユニコーン企業発掘で50億レアル投資
2019/05/13 » ブラジルの銀行スプレッドはマダガスカルに次いで世界2位
2019/05/09 » 通貨政策委員会は、政策誘導金利(Selic)を9回連続で6.5%据置を決定
2019/05/07 » ブラジル国内のIPOコストは米国の半分
2019/05/02 » ソフトバンクはスタートアップ企業Rappiに10億ドル投資
2019/05/02 » 今年は中国企業の投資再開か
2019/04/30 » 2018年のクラウドファンディング市場が大幅拡大
2019/04/29 » 今年3月の法人向けクレジットが二桁増加
2019/04/16 » BNDES銀行はアグロビジネス向け低利子融資を停止

バックナンバー »