Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
ソフトバンクはスタートアップ企業Rappiに10億ドル投資 2019/05/02

ソフトバンクは、コロンビアのボゴタに本社を置くスタートアップ企業のラピ社(Rappi)に10億ドルの投資を発表、昨年5億ドルの投資を受けたiFood社の2倍の投資額でラテンアメリカ地域の記録更新となる。

ラピ社は、2015年にスマートフォンのGPS機能を活用した買物代行サービスを開始、購入できるモノやサービスとしては、レストランの料理、スーパーマーケットや薬局などの商品配送事業や公共料金の支払い、ラテンアメリカ地域の大都市での電動スクーターのシェアリングサービスなど幅広い事業を展開して急成長している。

ソフトバンク社は、今年3月上旬に総額50億ドルに達するラテンアメリカ地域攻略する最先端テクノロジー向け投資ファンドを設立、またApple社やQualcomn社が出資しているイノヴェーション企業向けに最大1,000億ドルに達するVision Fund社もソフトバンク社と共同でラピ社に出資する。

ラピ社は、2016年1月のメキシコに進出、ブラジル並びにアルゼンチン、チリ、ウルグアイ、ペルーなどラテンアメリカ7カ国に360万人の利用者を擁しているが、利用者の20%はブラジルとなっている。

ソフトバンク社は、都市移動簡易システム関連のスタートアップ企業Grow社に資本参加しており、電動スクーターによるレストランの料理、スーパーマーケットや薬局などの商品の納入事業に参入する。

ラピ社はレストランの料理デリバリー事業でiFood社と競合、ソフトバンクは既に配送アプリLoggi社に出資しており、ラテンアメリカ地域でのマーケットシェア拡大を狙っている。

ラピ社は、2018年に企業としての評価額が10億ドル以上で、非上場のベンチャー企業としてユニコーン企業入りしており、フェイスブックやツイッターへの投資で知られるDSTグローバル、米ベンチャーキャピタル大手のセコイアキャピタル社、アンドリーセン・ホロウィッツ社から総額2億ドルの資金調達で、コロンビアでは2社目となるユニコーン企業となっている。

スタートアップ企業ラピ社は、2015年の創業以来世界各国の投資ファンドから総額14億ドルの投資を受けて急成長している。(2019年5月1日付けエスタード紙)



2019/07/10 » 金利低下に伴ってブラジルのファミリー企業はスタートアップ企業に投資
2019/07/02 » Selic金利は年内に4回切下げ予想
2019/06/18 » Nubank(ヌーバンク)は3億7,500万レアルの資金調達で事業拡大
2019/06/14 » 年内のSelic金利引下げが優勢
2019/06/13 » 2018年のブラジルへの対内直接投資は7位に後退
2019/06/12 » 人工頭脳がクレジット審査代行か
2019/06/11 » ペトロブラスと連邦貯蓄金庫は150億レアルの株放出
2019/06/11 » 連邦政府は200億レアルに達するPIS/ PASEPの用途検討
2019/05/29 » 国債の償還期間集中で4月の対内債務残高は1.0%減少
2019/05/20 » 連邦貯蓄金庫は希望退職制度(PDV)導入で3,500人削減
2019/05/16 » Selic引下余地はあるものの、年金改革後か
2019/05/14 » 昨年は将来のユニコーン企業発掘で50億レアル投資
2019/05/13 » ブラジルの銀行スプレッドはマダガスカルに次いで世界2位
2019/05/09 » 通貨政策委員会は、政策誘導金利(Selic)を9回連続で6.5%据置を決定
2019/05/07 » ブラジル国内のIPOコストは米国の半分
2019/05/02 » ソフトバンクはスタートアップ企業Rappiに10億ドル投資
2019/05/02 » 今年は中国企業の投資再開か
2019/04/30 » 2018年のクラウドファンディング市場が大幅拡大
2019/04/29 » 今年3月の法人向けクレジットが二桁増加
2019/04/16 » BNDES銀行はアグロビジネス向け低利子融資を停止

バックナンバー »