Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
今年は中国企業の投資再開か 2019/05/02

2018年の中国企業のブラジルへの投資は、不透明な大統領選挙並びにブラジル国内の経済停滞などの要因で28億ドルに留まって、2017年の113億ドルの1/4以下まで落ち込んでいた。

貿易協議所(Camex)の統計によると、今年第1四半期の中国企業のブラジルへの投資計画が確認されているのは、7億8,560万ドルと昨年同期の7億4,170万ドルを僅かに上回っている。

英国資本のコンサルタント会社Dealogic社の調査によると、今年第1四半期の中国企業によるブラジル企業のM&A総額は7億7,900万ドルに達しているものの、昨年同期は皆無であった。

今年はボルソナロ新政権による年金・恩給改革や税制改革などの構造改革やブロクラシー軽減、規制緩和、インフラ整備部門を中心とした民営化が目白押しで、中国企業以外にも先進諸国がブラジルへの投資を虎視眈々と狙っている。

中国企業は、2010年から電力エネルギー部門を中心にブラジル国内の基幹産業部門に対して、ハイリスク・ハイリターンにも関わらず、積極的に企業買収などで投資していたが、昨年は経済リセッション直前の2014年の20億7,880万ドルに接近する投資減少となっていた。

2010年の中国企業によるブラジル国内への投資は161億5,800万ドルと記録的な投資を記録、外国に投資をする際に、自社で初めから設備投資や従業員の確保するのではなく、現地の企業を買収することで被買収企業の既存の設備や従業員、チャネルや顧客を利用するというブラウンフィールド向け投資総額は153億9,800万ドルを記録、一方投資をする際に法人を新しく設立して、設備や従業員の確保、チャネルの構築や顧客の確保を一から行うグリーンフィールド投資は7億6,000万ドルであった。

また前記同様に2011年のブラウンフィールド向け投資総額は57億1,000万ドルに対して、グリーンフィールド投資は皆無であった。2012年は90億1,300万ドル、11億2,000万ドル、2014年は7億4,800万ドル、10億8,100万ドルと逆転しており、グリーンフィールド投資の比率が上昇してきている。

中国企業によるブラジルへの中長期投資では、電力エネルギー部門や鉱物資源向け投資傾向となっている一方で、短期投資では商業部門への投資や企業買収となっている。

ブラジル国内が経済リセッションに突入した2015年は株価下落に伴って、ブラジル国内企業の時価総額の下落で、中国企業はブラウンフィールド向け投資の視に集中して74億5,750万ドル、2016年は65億9,590万ドル、2017年は112億9,690万ドルの直接投資を行っていた。

中国企業による電力エネルギー部門への投資は、ミッシェル・テーメル政権時に顕著に増加、中国企業は不況に直面しているブラジルに大きな商機があると受け止め、主にブラジル国内の基幹産業部門の事業拡大、2017年のブラジル国内のインフラ整備部門向け投資の28.2%は中国企業が占めていたにも関わらず、昨年は僅か4.34%まで減少していた。(2019年5月2日付けヴァロール紙)

 



2019/09/19 » 2018年のフィンテック会社のクレジット総額は約12億レアルに急伸
2019/09/19 » 中銀の通貨政策委員会は、全会一致でSelic金利を5.5%に決定
2019/09/18 » ソフトバンクはMadeiraMadeira に1億1,000万ドル投資
2019/09/12 » オーガニック食品のスタートアップ企業Liv Up社は9,000万レアル調達
2019/09/03 » 14企業は新規株式公開で250億レアルの資金調達を目論んでいる
2019/08/30 » 連邦公社の民営化はM&A案件を牽引
2019/08/29 » アルゼンチン政府は債権者に支払い猶予要請
2019/08/15 » 世界的リセッション懸念で世界中の株価が下落
2019/08/09 » 個人の投資残高が初めて3兆レアルを突破
2019/08/08 » ソフトバンクは中古車販売Volanty社に7,000万レアル投資
2019/08/01 » 中銀は満場一致でSelic金利を6.0%に引き下げ
2019/07/31 » ソフトバンクはBanco Inter社の8%の株を7億6,000万レアルで購入
2019/07/10 » 金利低下に伴ってブラジルのファミリー企業はスタートアップ企業に投資
2019/07/02 » Selic金利は年内に4回切下げ予想
2019/06/18 » Nubank(ヌーバンク)は3億7,500万レアルの資金調達で事業拡大
2019/06/14 » 年内のSelic金利引下げが優勢
2019/06/13 » 2018年のブラジルへの対内直接投資は7位に後退
2019/06/12 » 人工頭脳がクレジット審査代行か
2019/06/11 » ペトロブラスと連邦貯蓄金庫は150億レアルの株放出
2019/06/11 » 連邦政府は200億レアルに達するPIS/ PASEPの用途検討

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf「アルゼンチン大統領選挙直前の現地最新情勢について」ジェトロ・ブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長(2019年9月17日/18日)
 

Pdf「間接税の基礎」セミナー 課税・通関WGメンバーの安岡正哉氏(2019年8月29日)

 

2019年下期業種別部会長シンポジウム発表資料(2019年8月22日)

Pdf  金融部会    津田 双羅
   Pdf  金融部会 フェルナンド・オノラット・バルボーザ
Pdf  貿易部会    猪股 淳
Pdf  機械金属部会    山田 佳宏
Pdf 自動車部会    下村 セルソ
Pdf コンサルタント部会     吉田 幸司

Pdf  化学品部会     村松 正美
Pdf  電機・情報通信部会    小渕 洋
Pdf  食品部会     佐々木 達哉
Pdf  運輸サービス部会     湯原 慶
Pdf  生活産業部会     今川 尚彦

電機・情報通信部会(髙田正純部会長)主催のICTセミナー(2019年8月15日)

Pdf「ゼロトラスト時代のアカウンタビリティ~サイバーリスクへの対策強化に向けて」NTTコミュニケーションズ株式会社経営企画部マネージドセキュリティサービス推進室の竹内文孝室長

Pdf「IT資産集約型からクラウド活用への現状とセキュリティ課題」パロアルトネットワークス株式会社の藤生昌也シニアビジネスデベロップメントコンサルタント

労働ワーキンググループ主催セミナー(2019年7月23日)

Pdf「転換するブラジルの社会福祉 -右派・保守、イデオロギー色の強いボルソナロ政権-」ジェトロ・アジア経済研究所の海外調査員(サンパウロ大学客員教授)の近田亮平氏

パラグアイセミナー(2019年6月7日)

Pdf「パラグアイの地理的ポテンシャル」在パラグアイ日本国大使館の石田直裕特命全権大使

Pdf「チャンスの国パラグアイ」REDEIEXのSebastian Bogaddo氏、

Pdf「パラグアイの進出方法」ジェトロ中小企業海外展開現地支援プラットフォームの石田ミゲル コーディネーター

Pdf第一回イノベーション研究会によるアンケート結果
 

Pdf「法人所得税の損金算入」セミナーPDF吉田幸司グループ長
 

Pdf労働ワーキンググループセミナー「労働組合と労使交渉」PDF資料

 

Pdf最新版 サンパウロ市役所民営化案件リスト(2019年1月)

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料