Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
昨年のブラジル資本の銀行収益は1994年以降で最高 2019/04/12

中銀の発表によると、2018年のブラジル資本の各銀行の純益総額は景気回復が遅れているにも関わらず、985億レアルに達して1994年にレアル通貨になって以降では最高の純益を記録している。

中銀のファイナンスレポートによると、昨年のブラジル資本の各銀行の純益総額は前年比17.40%と二桁台の増加を記録、特に昨年の貸倒引当金総額が650億レアル~700億レアルに減少したことが純益総額を引き上げている。

経済リセッションから漸く脱出した2016年の債権回収が不能になった場合に備え、各期の利益から債権の額に応じて積み立てておく貸倒引当金総額は1,200億レアルであった。

しかし2017年には、債権回収不能に陥るクレジットの延滞率が低下したために貸倒引当金総額は前年の1,200億レアルから850億レアルと大幅に減少していた。

2018年のブラジル資本の各銀行純資産総額は8,000億レアルに達して1994年以降では最高記録、また昨年の企業の収益力を示す指標の一つで、「自己資本利益率」または「株主資本利益率」と言われる平均ROE(Return On Equityの略)は14.8%に達している。

昨年の民間銀行の平均ROEは15.6%と公立銀行の平均ROE12.8%を大幅に上回っている。しかし昨年の平均ROE15.6%は2011年に記録した平均ROE16.5%に次いで過去7年で最高の平均ROEを記録している。(2019年4月12日付けエスタード紙)



2019/11/14 » ブラデスコ銀行はXP Investimentos対抗でAgora社復活
2019/11/12 » 農業フィンテックが融資用書類一掃
2019/11/11 » 大手銀行は支店閉鎖と人員削減で収益性アップ
2019/11/08 » イタウー銀行はクレジット部門でブラジル銀行を追い抜く
2019/11/06 » 今年上半期のラテンアメリカのスタートアップ企業への投資は26億ドル達成
2019/11/05 » 国庫庁は過去7年間の最低金利で30億ドルの国債発行
2019/10/31 » 中銀通貨政策委員会はSelic金利を3回連続引き下げで過去最低の5.0%
2019/10/30 » Selic金利の低下に伴って個人向けクレジット金利が減少傾向
2019/10/25 » 今年上半期のM&Aは10億レアル以上が牽引
2019/10/21 » 金利低下で民間銀行が農業向けクレジット拡大
2019/10/15 » 2022年までブラジル国内のIPO並びにM&Aは活性化
2019/10/14 » 金利低下に伴ってクレジットは過去9年間で最も増加
2019/10/08 » 大半の金融市場関係者は今年末のSelic金利の5.0%以下を予想
2019/10/03 » 米国と欧州連合の航空機補助金の報復関税問題で世界中の株価下落
2019/09/27 » 今年8月の公的債務残高は初めて4兆レアルを突破
2019/09/26 » 金利が天文学的なクレジットカード及び特別小切手の使用が増加
2019/09/25 » 海外投資家は弱いGDP伸び率を警戒
2019/09/23 » ドル高の為替はコスト上昇も価格転嫁できず
2019/09/19 » 2018年のフィンテック会社のクレジット総額は約12億レアルに急伸
2019/09/19 » 中銀の通貨政策委員会は、全会一致でSelic金利を5.5%に決定

バックナンバー »