Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
誰が大統領になってもBNDES銀行のクレジット政策は不変 2018/10/08

昨日の大統領選挙では、暴漢に刺された極右候補のジャイール・ボウソナロ候補(社会自由党-PSL)の支持率は46%、フェルナンド・ハダジ候補(労働者党-PT)は29%、両候補は今月末の第2次決戦投票に駒を進めたが、社会経済開発銀行(BNDES)のDyogo Oliveira総裁は、誰が次期大統領に選出されても同銀行のクレジット政策変更はないと太鼓判を押している。

世界金融危機後の2009年から社会経済開発銀行(BNDES)は、低金利の大企業向けの運転資金クレジットを大幅に拡大、ペトロブラス石油公社や食品加工大手JBS社を世界的なメジャー企業への育成、また国内インフラ整備のための大型プロジェクト向けクレジットが拡大していた2010年のBNDES銀行のクレジット総額は2,780億レアルに達していた。

公共事業などの大型プロジェクト向けクレジットを牽引してきた社会経済開発銀行では、クレジット戦略の方向転換並びに今年初めに社会経済開発銀行が長年に亘って利用していた長期貸出金利(TJLP)から金利計算が異なる新たな長期金利(TLP)採用で、今年のクレジット総額は大幅に減少すると予想されている。

BNDES銀行の2025年までのクレジット部門を牽引するのは、中小企業向け並びにインフラ整備部門向けクレジット拡大が予想されており、民営化コンセッション向けクレジットは、BNDES銀行に替わって民間銀行の比率上昇が見込まれている。

2018年のBNDES銀行のクレジット総額は、GDP比1.2%に相当する830億レアルに留まると予想されており、過去20年間の平均クレジット総額のGDP比2.3%の半分まで落ち込むと予想されている。

2018年~2021年のBNDES銀行の鉱工業部門向けクレジット総額は5,399億レアル、年間平均クレジットは1,350億レアル、前記同様にインフラ整備向けクレジット総額は4,901億レアル、1,220億レアルが見込まれている。

2018年~2021年のBNDES銀行のクレジット総額は1兆レアルを突破するが、経済リセッションが開始した2014年以降は1兆レアルを下回っていた。また今年末までに同銀行は、100億レアル~120億レアルの資産売却を予定している。(2018年10月8日付けエスタード紙)



2019/02/15 » 今年のクレジット部門は民間銀行が牽引か
2019/02/07 » 昨日のサンパウロ平均株価は3.74%下落
2019/02/07 » 中銀の通貨政策委員会はSelic金利を7回連続で据置
2019/02/01 » 2018年の名目対内債務残高はGDP比76.7%
2019/01/30 » 2018年の実質クレジット残高は前年比1.7%増加
2019/01/29 » ヴァーレ社は1日で710億レアルの時価総額喪失
2019/01/21 » ボルソナロ新政権は公約の公立銀行のブラックボックス開示
2019/01/16 » 今年1月のブラジルのCDS指数は183ポイントと大幅に改善
2019/01/08 » 2018年のポウパンサ預金残高は2013年以降で最高
2019/01/08 » BNDES銀行によるトップ20プロジェクトの10プロジェクトで汚職疑惑
2019/01/08 » 最終フォーカスレポートでは今年末のSelic金利を7.0%予想
2019/01/07 » 昨年のBNDES銀行のクレジット総額は1996年以降では最低
2018/12/20 » ボルソナロ新政権はBNDES銀行に1,000億レアルの貸付金返済を要求か
2018/11/28 » 今年10月の対内直哲投資は過去7年間で最高
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/06 » ブラジル人の新政権への期待でサンパウロ平均株価は記録更新
2018/10/30 » 大統領選挙終了で330億ドルの金融取引拡大か
2018/10/30 » 第3四半期のイタウー銀行の純益は3.2%増加
2018/10/26 » 4大銀行の第3四半期の純益伸び率は二桁台予想

バックナンバー »