Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
2018年上半期のIPOでの資金調達は250億レアルを突破予想 2018/02/05

3年間の経済リセッションからの回復サイクル入りが昨年下半期に明確になり、またコントロールされているインフレ指数、2016年10月の政策誘導金利(Selic)14.25%が7.00%まで減少、サンパウロ平均株価(Ibovespa)の記録更新、レアル高の為替、3.0%に達する今年のGDP伸び率予想など金融投資環境が整ってきている。

2018年10月に実施される大統領選の立候補者公表や今年第3四半期決算の利用で、来年の新規株式公開(IPO)や増資(Follow-ons)などサンパウロ証券取引所(BM&FBovespa)での資金調達は、今年5月までに集中すると金融機関関係者は予想している。

有価証券取引委員会(CVM)の新規株式公開(IPO)を申請している医薬品メーカーのBlau Farmaceutica社は、今週中にサンパウロ証券取引所(BM&FBovespa)と証債権取引決済・保管センター(Cetip)が合併して設立されたB3社でのIPOの公募価格を決定する。

Blau Farmaceutica社の新規株式公開に続いて、小売業界のRi Happy社並びにCentauro社、電力エネルギー業界のNeoenergia社が今年上半期のIPOを予定している。

また金融機関の Inter銀行並びにJHSF社、 Codemig社、Almeida Jr.社、 Notredame Intermedica 社、Hapvida社、 Saneago社などはすでに主幹金融機関と契約して、ロードショーの準備を行っている。

ブラデスコ銀行BBI社のレアンドロ・ミランダ取締役は、B3社での資金調達の80%は新規株式公開であり、残りは増資(Follow-ons)による資金調達が大半を占めると説明している。

2018年上半期の新規株式公開(IPO)並びに増資(Follow-ons)による資金調達総額は、250億レアルに達すると予想、今年1年間では400億レアルと昨年並みの資金調達が予想されている。

2018年上半期の大型の新規株式公開(IPO)件数は、10件~15件が見込まれているが、今年下半期は10月の大統領選の影響で上半期のIPO件数を大幅に下回ると予想されている。(2018年2月4日付けエスタード紙)

 



2018/08/16 » イタウー銀行はスタートアップ企業育成事業拡大
2018/08/10 » 第2四半期の4大銀行のクレジット総額は2年半ぶりに増加に転じる
2018/08/03 » 今年のBNDES銀行のクレジット総額は半減か
2018/08/03 » 今年第2四半期の海外投資家の金融投資が下落
2018/08/01 » トランプ大統領の法人税21%引下げでブラジルへの投資減少
2018/07/30 » 各銀行は一斉にリボルビングクレジット金利引き上げ
2018/07/27 » 今年上半期の対内直接投資は前年同期比17.5%下落
2018/07/26 » 今年6月の対内公的債務残高は3兆6,070億レアルに増加
2018/07/25 » 今年上半期のBNDES銀行のクレジットは2001年以降で最低
2018/07/18 » 今年初め5か月間の民間銀行の住宅クレジットは連邦貯蓄金庫を上回った
2018/07/17 » 中国は過去15年間でブラジルに540億ドルを投資
2018/07/10 » 今年のプライベート・エクイティは37億ドル調達か
2018/07/03 » 国内外の政治経済ボラティリティで10月の大統領選挙後にIPO先送り
2018/07/03 » 2018年上半期の株式投資の収益率は最悪
2018/06/28 » 上半期のB3からの株式資金引上げは106億レアルに達している
2018/06/28 » 今年6月の口座借越残金利は311.9%で最高金利
2018/06/26 » 今年の対内直接投資は予想を下回るか
2018/06/25 » 中国のラテンアメリカ向け投資の55%はブラジル
2018/06/11 » 5月の海外投資家の株式投資は84億3,000万レアル雲散霧消
2018/05/30 » 4月の財政プライマリーは71億8,700万レアルを記録

バックナンバー »