Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
中銀は政策誘導金利 (Selic)は過去最低の7.0%に切下げ 2017/12/07

昨日12月6日に開催された今年最後となる中銀の通貨政策委員会(Copom)では、政策誘導金利 (Selic)を現在の7.5%から0.5%切下げて7.0%に決定、昨年10月のCopom会議から10回連続で切り下げられている。

政策誘導金利 (Selic)7.0%は、ジウマ・ロウセフ第1政権の2013年初めの7.25%を下回り、中銀がSelic金利を導入し始めた1999年初めからでは、過去最低のSelic金利を記録している。

また昨日の中銀の通貨政策委員会(Copom)では、次回2018年2月に開催されるCopom委員会でSelic金利を更に0.25%切り下げて6.75%になる可能性を示唆して、来年2月には更にSelic金利は過去最低になると予想されている。

しかし今年末までに年金・恩給改革法案が下院本会議で審議され、308票以上の賛成票で可決されなければ次回来年2月のCopom委員会でのSelic金利の0.25%の切下げは行われないと予想されている。

年金・恩給改革並びに2018年の大統領選挙の不透明感が継続すればレアル通貨に対するドルの為替変動が大きくなり、インフレ上昇を招くとOrama Investimentosエコノミストのアレシャンドレ・エスピリットサント氏は危惧している。

しかし現在の政治環境では、来年2月のCopom委員会でのSelic金利0.25%の切下げで6.75%になる確率は、80%に達するとアレシャンドレ・エスピリットサント氏は見込んでいる。

中銀では、今年末のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)を2.9%と予想しており、連邦政府のインフレ指数の中央目標値4.5%、許容範囲目標値3.0%~6.0%を外れると予想。また2018年並びに2019年のインフレ指数は4.2%を見込んでいる。

昨日の中銀の通貨政策委員会(Copom)で政策誘導金利 (Selic)は7.0%に切下げられたが、インフレ指数を除いた実質金利は、2.88%となってトルコの5.87%、ロシア4.18%、アルゼンチン3.0%を下回って世界4位の高金利国にランクを下げている。

ブラジルの実質金利2.88%に次いでインドネシアは2.26%で5位、中国2.00%、メキシコ1.61%、インド1.54%、南アフリカ1.46%、コロンビアは0.84%となっている。(2017年12月7日付けエスタード紙)



2018/06/11 » 5月の海外投資家の株式投資は84億3,000万レアル雲散霧消
2018/05/30 » 4月の財政プライマリーは71億8,700万レアルを記録
2018/05/29 » 民間銀行のクレジット残高は1兆レアル達成
2018/05/25 » 2018年の対内直接投資の減少傾向が鮮明
2018/05/17 » 予想に反して1年半継続していたSelic金利切下げサイクルが停止
2018/05/15 » 2018年第1四半期のBNDES銀行の純益は453%増加
2018/05/14 » ドル高の為替でブラジル企業の外貨負債増加
2018/05/11 » 4大銀行の収益率はSelic金利の3倍
2018/05/09 » アルゼンチン政府は自国通貨暴落防止でIMFに駆け込み
2018/05/07 » マクリ大統領は大統領就任後最大に危機に直面
2018/05/07 » ノルウェー政府年金基金がブラジルに再投資開始
2018/05/07 » 大統領選の行方次第でドルはR$4.0に達する可能性
2018/05/02 » 今年第1四半期の企業収益は順調に推移
2018/04/25 » 今年第1四半期のBNDES銀行のクレジットは前年同期比28%減少
2018/04/18 » 国内4大銀行のクレジット占有率は約80%に達して更なる寡占化
2018/04/10 » フォーカスレポートでは今年GDP伸び率を2.80%に下方修正
2018/04/09 » 過去2年間のブラジル国内のM&Aは中国資本がダントツ
2018/04/09 » 過去最低のSelic金利にも関わらず、銀行金利は反比例
2018/04/02 » 今年のブラジルへの外資金融投資は前年比183%増加予想
2018/03/29 » 強制預託金解除で257億レアル相当を市場に放出

バックナンバー »