Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
S&Pは年金改革遅延で格下げを示唆 2017/10/16

スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、年金・恩給改革が連邦政府のスケジュールから遅れるならば現在のブラジルのソブリン格付け「BB」を「BB-」に格下げする可能性を示唆して警告している。

S&Pでは、今年5月にブラジルのソブリン格付け見通しについて、政情の先行き不透明感が増していることを理由に、「ネガティブ」から「クレジットウォッチ・ネガティブ」に変更、今後3カ月以内の格下げリスクがあるとしていた。

S&Pは、2015年9月に格付け会社ムーディーズ社やフィッチ社に先駆けて2014年から3年連続の財政収支の赤字が確実となったために、ブラジル国債の格付けを1段階引き下げBB+にすると発表していた。

テーメル大統領のラヴァ・ジャット汚職問題疑惑や連立与党議員への政治工作不発による年金・恩給改革が大幅に遅れるようであれば、ブラジルのソブリン格付けの「BB-」への格下げは避けられないとS&P社アナリストのJoydeep Mukherji氏は指摘している。

エンリケ・メイレーレス財務相は、年内には国会で年金・恩給改革は承認され、今後数年間のGDP伸び率は、現在予想の2.3%から4.0%まで達する可能性があると楽観的な見方をしている。

ロシアの格付けはブラジルのソブリン格付け「BB」を1ランク上回る「BB+」、アルゼンチンはブラジルよりも3ランク下の「B」、ヴェネズエラは「CCC-」となっている。(2017年10月13日付けエスタード紙)



2018/04/25 » 今年第1四半期のBNDES銀行のクレジットは前年同期比28%減少
2018/04/18 » 国内4大銀行のクレジット占有率は約80%に達して更なる寡占化
2018/04/10 » フォーカスレポートでは今年GDP伸び率を2.80%に下方修正
2018/04/09 » 過去2年間のブラジル国内のM&Aは中国資本がダントツ
2018/04/09 » 過去最低のSelic金利にも関わらず、銀行金利は反比例
2018/04/02 » 今年のブラジルへの外資金融投資は前年比183%増加予想
2018/03/29 » 強制預託金解除で257億レアル相当を市場に放出
2018/03/27 » 金利低下で商業銀行は法人向けクレジット拡大で顧客訪問
2018/03/22 » Selic金利が過去最低の6.50%も更なる切下げ示唆
2018/03/19 » 2018年はプライベート・エクイティの投資活性か
2018/03/15 » BNDES銀行のGDP比率は継続して低下
2018/03/13 » トップ5は2019年のSelic金利を9.0%と予想
2018/02/08 » 政策誘導金利は過去最低の6.75%を記録
2018/02/06 » 2017年イタウー銀行の純益は248億7,000万レアルを計上
2018/02/05 » 2018年上半期のIPOでの資金調達は250億レアルを突破予想
2018/01/31 » 2017年のBNDES銀行のクレジットは1999年以降では最低記録
2018/01/22 » 2017年の中国資本のブラジル投資は209億ドル
2018/01/22 » クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は緩やかな減少傾向
2018/01/17 » 昨日Ibovespa指数は一時8万ポイントを突破
2018/01/16 » リオやサンパウロ以外のブラジル企業のIPOが目白押し

バックナンバー »