Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
2017年度の新興国への投資総額は1兆1,000億ドルに留まるか 2017/10/04

国際金融システムの安定を維持するため、ソブリンリスクを含む金融リスク管理の支援、規制・基準の策定などを行っている国際金融協会(Institute of International Finance「略称 IIF」)では、2017年度の海外投資家による新興国への投資総額は1兆1,000億ドル、2018年度は1兆2,000億ドルに達すると予想している。

2016年の海外投資家による新興国への投資総額は、今年の予想1兆1,000億ドルを44%下回るが、今年は過去最高であった2013年の1兆4,850億ドル、2014年の1兆2,300億ドルをそれぞれ大幅に下回ると予想されている。

2017年の海外投資家による新興国への投資総額1兆1,000億ドルは、新興国諸国の平均GDP伸び率を4.0%近くまで押し上げる効果があり、2015年の平均GDP伸び率1.5%を大幅に上回るが、2007年に記録した平均GDP伸び率9.0%には遠く及ばない。

今年の海外投資家による新興国諸国の国債購入総額は、昨年の2倍に相当する2,420億ドルに達すると予想、その他の金融投資総額は2,930億ドルを予想、しかし製造業部門向け対内直接投資は、4,670億ドルに留まって4年連続で前年を下回ると予想されている。

今年のラテンアメリカ向けの対内投資総額は、2,030億ドルと昨年の2,000億ドルと同じ水準で推移すると予想、2018年の対内投資総額は2,210億ドルに上昇すると予想している。

2018年はブラジル並びにアルゼンチン、チリ、コロンビア、メキシコで地方統一選挙があり、政治関連ボラティリティの影響で今年の対内直接投資の逃避は1,080億ドルで昨年の950億ドルを上回り、統一選挙のある2018年は1,130億ドルに達すると予想されている。

しかしブラジルに関しては、今年11月の労働法改正の施行、コントロールされているインフレ、経済回復基調の兆候やレアル高の為替などの要因で、ラヴァ・ジャット関連汚職や政治危機にも拘らず、対内直接投資は増加傾向を示している。(2017年10月4日付けヴァロール紙)

 

 



2018/04/25 » 今年第1四半期のBNDES銀行のクレジットは前年同期比28%減少
2018/04/18 » 国内4大銀行のクレジット占有率は約80%に達して更なる寡占化
2018/04/10 » フォーカスレポートでは今年GDP伸び率を2.80%に下方修正
2018/04/09 » 過去2年間のブラジル国内のM&Aは中国資本がダントツ
2018/04/09 » 過去最低のSelic金利にも関わらず、銀行金利は反比例
2018/04/02 » 今年のブラジルへの外資金融投資は前年比183%増加予想
2018/03/29 » 強制預託金解除で257億レアル相当を市場に放出
2018/03/27 » 金利低下で商業銀行は法人向けクレジット拡大で顧客訪問
2018/03/22 » Selic金利が過去最低の6.50%も更なる切下げ示唆
2018/03/19 » 2018年はプライベート・エクイティの投資活性か
2018/03/15 » BNDES銀行のGDP比率は継続して低下
2018/03/13 » トップ5は2019年のSelic金利を9.0%と予想
2018/02/08 » 政策誘導金利は過去最低の6.75%を記録
2018/02/06 » 2017年イタウー銀行の純益は248億7,000万レアルを計上
2018/02/05 » 2018年上半期のIPOでの資金調達は250億レアルを突破予想
2018/01/31 » 2017年のBNDES銀行のクレジットは1999年以降では最低記録
2018/01/22 » 2017年の中国資本のブラジル投資は209億ドル
2018/01/22 » クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は緩やかな減少傾向
2018/01/17 » 昨日Ibovespa指数は一時8万ポイントを突破
2018/01/16 » リオやサンパウロ以外のブラジル企業のIPOが目白押し

バックナンバー »