Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
2017年度の新興国への投資総額は1兆1,000億ドルに留まるか 2017/10/04

国際金融システムの安定を維持するため、ソブリンリスクを含む金融リスク管理の支援、規制・基準の策定などを行っている国際金融協会(Institute of International Finance「略称 IIF」)では、2017年度の海外投資家による新興国への投資総額は1兆1,000億ドル、2018年度は1兆2,000億ドルに達すると予想している。

2016年の海外投資家による新興国への投資総額は、今年の予想1兆1,000億ドルを44%下回るが、今年は過去最高であった2013年の1兆4,850億ドル、2014年の1兆2,300億ドルをそれぞれ大幅に下回ると予想されている。

2017年の海外投資家による新興国への投資総額1兆1,000億ドルは、新興国諸国の平均GDP伸び率を4.0%近くまで押し上げる効果があり、2015年の平均GDP伸び率1.5%を大幅に上回るが、2007年に記録した平均GDP伸び率9.0%には遠く及ばない。

今年の海外投資家による新興国諸国の国債購入総額は、昨年の2倍に相当する2,420億ドルに達すると予想、その他の金融投資総額は2,930億ドルを予想、しかし製造業部門向け対内直接投資は、4,670億ドルに留まって4年連続で前年を下回ると予想されている。

今年のラテンアメリカ向けの対内投資総額は、2,030億ドルと昨年の2,000億ドルと同じ水準で推移すると予想、2018年の対内投資総額は2,210億ドルに上昇すると予想している。

2018年はブラジル並びにアルゼンチン、チリ、コロンビア、メキシコで地方統一選挙があり、政治関連ボラティリティの影響で今年の対内直接投資の逃避は1,080億ドルで昨年の950億ドルを上回り、統一選挙のある2018年は1,130億ドルに達すると予想されている。

しかしブラジルに関しては、今年11月の労働法改正の施行、コントロールされているインフレ、経済回復基調の兆候やレアル高の為替などの要因で、ラヴァ・ジャット関連汚職や政治危機にも拘らず、対内直接投資は増加傾向を示している。(2017年10月4日付けヴァロール紙)

 

 



2018/07/17 » 中国は過去15年間でブラジルに540億ドルを投資
2018/07/10 » 今年のプライベート・エクイティは37億ドル調達か
2018/07/03 » 国内外の政治経済ボラティリティで10月の大統領選挙後にIPO先送り
2018/07/03 » 2018年上半期の株式投資の収益率は最悪
2018/06/28 » 上半期のB3からの株式資金引上げは106億レアルに達している
2018/06/28 » 今年6月の口座借越残金利は311.9%で最高金利
2018/06/26 » 今年の対内直接投資は予想を下回るか
2018/06/25 » 中国のラテンアメリカ向け投資の55%はブラジル
2018/06/11 » 5月の海外投資家の株式投資は84億3,000万レアル雲散霧消
2018/05/30 » 4月の財政プライマリーは71億8,700万レアルを記録
2018/05/29 » 民間銀行のクレジット残高は1兆レアル達成
2018/05/25 » 2018年の対内直接投資の減少傾向が鮮明
2018/05/17 » 予想に反して1年半継続していたSelic金利切下げサイクルが停止
2018/05/15 » 2018年第1四半期のBNDES銀行の純益は453%増加
2018/05/14 » ドル高の為替でブラジル企業の外貨負債増加
2018/05/11 » 4大銀行の収益率はSelic金利の3倍
2018/05/09 » アルゼンチン政府は自国通貨暴落防止でIMFに駆け込み
2018/05/07 » マクリ大統領は大統領就任後最大に危機に直面
2018/05/07 » ノルウェー政府年金基金がブラジルに再投資開始
2018/05/07 » 大統領選の行方次第でドルはR$4.0に達する可能性

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー