Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
政策誘導金利は1.0%引下げの10.25%に留まって今後の引下幅減少を示唆 2017/06/01

昨日開催された中銀の通貨政策委員会(Copom)では、現在の政策誘導金利 (Selic)11.25%を1.0%引き下げて10.25%に決定、5月17日に発覚したテメル大統領がペトロブラス汚職捜査で勾留中の前下院議長エドゥアルド・クーニャ被告への黙秘に対する支払いを承認する様子を密かに録音したテープを大手食肉加工会社JBS社の幹部2人が最高裁判所に提出したとの「O Globo」紙の報道以前の予想では、Selic 金利の1.25%の切下げ予想が大半を占めていた。

JBSオーナーによる報償付の司法取引証言でテメル政権の行方が不透明となり、目前に迫っていた労働法改正並びに年金・恩給改革など一連の構造改革案の国会審議が大幅に遅れると予想されている影響で、次回の7月末開催予定の中銀の通貨政策委員会(Copom)でのSelic金利の切下げ幅は、0.75%に留まると予想されている。

今回の政策誘導金利 (Selic)の10.25%への切下げは、2013年末以降では最低のSelic金利を記録しているが、今年のインフレ指数は、連邦政府の中央目標値4.5%を下回る4.0%が予想されていたため、大半の金融スペシャリストは、1.25%のSelic金利の切下げを予想していた。

中銀では今年のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は、連邦政府が容認している許容上限値6.0%~許容下限値3.0%以内の4.0%、2018年のIPCA指数は4.6%を見込んでいる。

テメル政権の継続いかんに関わらず、労働法改正並びに年金・恩給改革の国会審議は大幅に遅れると予想されており、また次回7月のSelic金利の切下げ幅は0.75%に留まるとコンサルタント会社4E社エコノミストのチアゴ・クラド氏はコメントしている。

Infinitey Asset Management社の40か国対象のインフレ指数を差引いた実質金利調査では、今回のSelic金利の1.0%の切下げにも関わらず、ブラジルの実質金利はロシアの4.57%に次ぐ4.30%で世界2位となっている。

インフレ指数を差引いた実質金利の比較では、ロシアの実質金利が4.57%でトップ、続いてブラジルの4.30%、トルコ3.63%、インドネシア3.36%、コロンビア2.57%、メキシコ1.96%、インド1.67%、中国1.56%、南アフリカ1.33%、アルゼンチンは0.73%となっている。(2017年6月1日付けエスタード紙)



2018/06/11 » 5月の海外投資家の株式投資は84億3,000万レアル雲散霧消
2018/05/30 » 4月の財政プライマリーは71億8,700万レアルを記録
2018/05/29 » 民間銀行のクレジット残高は1兆レアル達成
2018/05/25 » 2018年の対内直接投資の減少傾向が鮮明
2018/05/17 » 予想に反して1年半継続していたSelic金利切下げサイクルが停止
2018/05/15 » 2018年第1四半期のBNDES銀行の純益は453%増加
2018/05/14 » ドル高の為替でブラジル企業の外貨負債増加
2018/05/11 » 4大銀行の収益率はSelic金利の3倍
2018/05/09 » アルゼンチン政府は自国通貨暴落防止でIMFに駆け込み
2018/05/07 » マクリ大統領は大統領就任後最大に危機に直面
2018/05/07 » ノルウェー政府年金基金がブラジルに再投資開始
2018/05/07 » 大統領選の行方次第でドルはR$4.0に達する可能性
2018/05/02 » 今年第1四半期の企業収益は順調に推移
2018/04/25 » 今年第1四半期のBNDES銀行のクレジットは前年同期比28%減少
2018/04/18 » 国内4大銀行のクレジット占有率は約80%に達して更なる寡占化
2018/04/10 » フォーカスレポートでは今年GDP伸び率を2.80%に下方修正
2018/04/09 » 過去2年間のブラジル国内のM&Aは中国資本がダントツ
2018/04/09 » 過去最低のSelic金利にも関わらず、銀行金利は反比例
2018/04/02 » 今年のブラジルへの外資金融投資は前年比183%増加予想
2018/03/29 » 強制預託金解除で257億レアル相当を市場に放出

バックナンバー »