Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
3月のポウパンサ預金引出は預金を50億レアル上回った 2017/04/07

中銀の発表によると、2017年3月のポウパンサ預金の引出額は預金額を49億9,600万レアル上回り、2月の16億7,000万レアルの約3倍の引出残高を記録、今年1月から3カ月連続で引出額が預金額を上回っている。

勤続期間保障基金(FGTS)に積み立てられた凍結預金の引出が3月10日から開始されたが、大半が負債返済に充てられたために、3月のポウパンサ預金への影響は殆ど見られない。

今年初め3か月間の引出残高は、174億200万レアルに達したものの昨年同期の240億5,000万レアルを下回っている。昨年3月のポウパンサ預金の引出額は、預金額を53億7,900万レアル上回っていた。

2016年のポウパンサ預金の引出残高は預金残高額を407億100万レアル上回ったが、2015年の535億6,700万レアルを下回っていた。また2014年のポウパンサ預金残高は、引出残額が下回って240億3,400万レアルの黒字を記録、2013年は710億4,700万レアルの黒字を計上していた。

2015年から継続する国内経済リセッションや失業率の高止まり、インフレによる実質賃金の目減り、クレジットの負債増加、政策誘導金利(Selic)高に伴う他の確定金利付き投資ファンドへの流出などの要因で、一昨年からポウパンサ預金の引き出しが続いている。

今年初め3カ月間連続でポウパンサ預金の引出額が預金額を増加している要因として、インフレ指数の高止まりによる実質賃金の減少並びに失業率の増加で可処分所得が目減りしている。

また現在のポウパンサ預金の金利は、政策誘導金利 (Selic)の年利が8.5%以上の場合は年利6.0%プラス参考金利(TR)となっているが、現在のSelic金利は12.25%と非常に大きな金利差が生じているために、ポウパンサ預金からの逃避は当分続くと予想されている。

2016年のポウパンサ預金のインフレ指数を差引かない名目金利は、8.3%とインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)の6.3%を上回ったものの他の確定金利付き投資よりも金利は下回っている。

今年の政策誘導金利(Selic)は一桁台に減少すると予想されているが、Selic金利は8.5%以上を維持するために、今年のポウパンサ預金金利はインフレ指数を上回ると見込まれている。

2017年3月のポウパンサ預金残高は、6,594億500万レアルを記録して2月の6,606億5,000万レアルよりも37億5,100万レアル減少している。(2017年4月6日付けValor Economicoサイトより抜粋)

 



2018/06/11 » 5月の海外投資家の株式投資は84億3,000万レアル雲散霧消
2018/05/30 » 4月の財政プライマリーは71億8,700万レアルを記録
2018/05/29 » 民間銀行のクレジット残高は1兆レアル達成
2018/05/25 » 2018年の対内直接投資の減少傾向が鮮明
2018/05/17 » 予想に反して1年半継続していたSelic金利切下げサイクルが停止
2018/05/15 » 2018年第1四半期のBNDES銀行の純益は453%増加
2018/05/14 » ドル高の為替でブラジル企業の外貨負債増加
2018/05/11 » 4大銀行の収益率はSelic金利の3倍
2018/05/09 » アルゼンチン政府は自国通貨暴落防止でIMFに駆け込み
2018/05/07 » マクリ大統領は大統領就任後最大に危機に直面
2018/05/07 » ノルウェー政府年金基金がブラジルに再投資開始
2018/05/07 » 大統領選の行方次第でドルはR$4.0に達する可能性
2018/05/02 » 今年第1四半期の企業収益は順調に推移
2018/04/25 » 今年第1四半期のBNDES銀行のクレジットは前年同期比28%減少
2018/04/18 » 国内4大銀行のクレジット占有率は約80%に達して更なる寡占化
2018/04/10 » フォーカスレポートでは今年GDP伸び率を2.80%に下方修正
2018/04/09 » 過去2年間のブラジル国内のM&Aは中国資本がダントツ
2018/04/09 » 過去最低のSelic金利にも関わらず、銀行金利は反比例
2018/04/02 » 今年のブラジルへの外資金融投資は前年比183%増加予想
2018/03/29 » 強制預託金解除で257億レアル相当を市場に放出

バックナンバー »