Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
延滞率増加だけではクレジットのスプレッド高の要因とはならない 2017/03/21

サンパウロ州工業連盟(Fiesp)の連邦政府による増税政策の反対キャンペーン並びに2017年度予算の財源確保の一環として、通称「銀行小切手税」と呼ばれる金融取引暫定納付金(CPMF)の徴収再開に対する反対キャンペーンを実施している。

またサンパウロ州工業連盟(Fiesp)は、増税政策並びに金融取引暫定納付金(CPMF)の徴収再開に対する反対キャンペーンに続いて、商業銀行のクレジットに対する高いスプレッド金利徴収に対しても反対キャンペーン開始を検討している。

特に商業銀行ではク、レジットに対する高いスプレッド金利は延滞率増加に対する不渡り増加が要因であると説明している一方で、サンパウロ州工業連盟(Fiesp)の調査では、2011年~2016年のスプレッド金利は52%上昇した一方で不渡り率の増加は30.2%に留まっていると指摘している。

2011年~2016年のスプレッド金利に占める要因として、延滞率は55.7%、銀行の純益は23.3%、直接税は15.6%、アドミニストレーションコストは3.8%、強制預託金は1.7%を占めている。

2015年のブラジルの不渡り率は調査対象国平均の3.4倍であったにも関わらず、スプレッド比率は19.7倍に達しており、不渡り率に対するスプレッド金利比率が非常に高くなっている。

サンパウロ州工業連盟(Fiesp)の調査では、2015年のイタリアの不渡り率はブラジルの3倍に相当する一方で、スプレッド金利比率はブラジルよりも8倍も低率となっている。

2011年のスプレッド金利 は27.04%、2016年のスプレッド金利 は35.19%と8.15%増加したにも関わらず、スプレッド金利は99%も増加。2012年の平均スプレッド金利は24.5%、2013年は22.6%に減少、2014年は26.0%に上昇、2015年は31.8%と更に上昇、2016年は40.2%まで高騰している。(2017年3月21日付けエスタード紙)

 



2018/09/19 » BNDES銀行総裁はキューバやヴェネズエラ向け無配慮なクレジットを認める
2018/09/17 » 今年8か月間のprivate equity投資は17.3%増加
2018/09/13 » 今年上半期のM&Aオペレーション総額は過去8年間で最高
2018/09/06 » >今年8月の海外投資家の投資金引上げは98億ドルを突破
2018/09/05 » 今年初め7か月間のブラジル企業の海外資産売却は136億ドル
2018/08/31 » アルゼンチン政府は為替暴落対策で政策金利を60%に引上げ
2018/08/30 » アルゼンチンのマクリ大統領は、IMFにクレジットの前倒し要請
2018/08/28 » 今年8月の対内直接投資は95億ドル予想
2018/08/21 » 連邦貯蓄金庫の第2四半期の純益は33.9%増加
2018/08/16 » イタウー銀行はスタートアップ企業育成事業拡大
2018/08/10 » 第2四半期の4大銀行のクレジット総額は2年半ぶりに増加に転じる
2018/08/03 » 今年のBNDES銀行のクレジット総額は半減か
2018/08/03 » 今年第2四半期の海外投資家の金融投資が下落
2018/08/01 » トランプ大統領の法人税21%引下げでブラジルへの投資減少
2018/07/30 » 各銀行は一斉にリボルビングクレジット金利引き上げ
2018/07/27 » 今年上半期の対内直接投資は前年同期比17.5%下落
2018/07/26 » 今年6月の対内公的債務残高は3兆6,070億レアルに増加
2018/07/25 » 今年上半期のBNDES銀行のクレジットは2001年以降で最低
2018/07/18 » 今年初め5か月間の民間銀行の住宅クレジットは連邦貯蓄金庫を上回った
2018/07/17 » 中国は過去15年間でブラジルに540億ドルを投資

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

Pdfブラジル個人情報保護法  (日伯法律委員会 ( 藏掛忠明委員長)主催の「ブラジル個人情報保護法の概要セミナー」2018年9月11日)

Pdf『ブラジル労働改正法』セミナー (企業経営・地場企業推進委員会(鈴木ワグネル委員長)主催の2018年9月4日)

Pdf新移民法セミナー発表資料掲載(7月31日)

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー