Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
トランプ旋風によるドル高傾向に風向き変化か 2017/02/09

2年以上継続する国内の経済リセッション、高止まりする失業率、ラヴァ・ジャット作戦汚職問題に関連した政治の先行き不透明感、保護貿易主義を掲げるドナルド・トランプ大統領旋風などの要因で、年内のレアルに対するドル為替の一層の上昇が予想されていた。

しかし鉄鉱石や農産物の国際コモディティ価格の上昇、中国の経済指標改善、ヨーロッパ経済の底打ち感の終焉、米国の金利上昇遅延などの要因で、レアル通貨に対するドルの為替上昇率は、予想を下回ると多くの金融機関では指摘している。

Valor誌の17金融機関スペシャリスト対象の今年末のドル為替調査によると、ドルの平均為替予想はR$3.46、予想レンジはR$3.00~R$3.75、JP Morganでは、レアル通貨に対する年末のドル為替を下方修正、テンデンシアス・コンスルトリア社も先週に下方修正、イタウー銀行は先月末に下方修正、来週ブラデスコ銀行も下方修正を予定している。

しかし大半の予想に反してUBS銀行並びに BNP Paribasでは、トランプ大統領のリスク減少予想で今後数カ月間にわたってドルに対するレアル通貨の上昇で、年末のドル為替をR$3.00と予想している。

2016年の海外投資家による対内直接投資は、800億ドル近くに達して新興国の中でも未だに注目されている。また昨年の対内直接投資800億ドルは経常収支赤字を大幅に上回り、昨年のドルに対するレアル通貨は21.7%上昇していた。

Valor誌の17金融機関の2017年末のドル為替予想は、サンタンデール銀行はR$3.75と最大のレアル安為替を予想、JuLius BaerはR$3.70、 Standard Chartered 並びにHaitongはR$3.60、 BofA並びに Morgan StanleyはR$3.55をそれぞれ予想している。

また前記同様にCitiはR$3.53、 Banco Pine 並びにItau Unibanco、 J.P.Morgan、 Votorantimの4行はR$3.50を予想、 Deutsche Bank並びに Banco de TokyoはR$3.40、 HSBC 並びにTendencias Consultoria はR$3.35、UBS並びに BNP ParibasはR$3.00をそれぞれ予想している。(2017年2月9日付けヴァロール紙)



2018/04/25 » 今年第1四半期のBNDES銀行のクレジットは前年同期比28%減少
2018/04/18 » 国内4大銀行のクレジット占有率は約80%に達して更なる寡占化
2018/04/10 » フォーカスレポートでは今年GDP伸び率を2.80%に下方修正
2018/04/09 » 過去2年間のブラジル国内のM&Aは中国資本がダントツ
2018/04/09 » 過去最低のSelic金利にも関わらず、銀行金利は反比例
2018/04/02 » 今年のブラジルへの外資金融投資は前年比183%増加予想
2018/03/29 » 強制預託金解除で257億レアル相当を市場に放出
2018/03/27 » 金利低下で商業銀行は法人向けクレジット拡大で顧客訪問
2018/03/22 » Selic金利が過去最低の6.50%も更なる切下げ示唆
2018/03/19 » 2018年はプライベート・エクイティの投資活性か
2018/03/15 » BNDES銀行のGDP比率は継続して低下
2018/03/13 » トップ5は2019年のSelic金利を9.0%と予想
2018/02/08 » 政策誘導金利は過去最低の6.75%を記録
2018/02/06 » 2017年イタウー銀行の純益は248億7,000万レアルを計上
2018/02/05 » 2018年上半期のIPOでの資金調達は250億レアルを突破予想
2018/01/31 » 2017年のBNDES銀行のクレジットは1999年以降では最低記録
2018/01/22 » 2017年の中国資本のブラジル投資は209億ドル
2018/01/22 » クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は緩やかな減少傾向
2018/01/17 » 昨日Ibovespa指数は一時8万ポイントを突破
2018/01/16 » リオやサンパウロ以外のブラジル企業のIPOが目白押し

バックナンバー »