Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
中銀の通貨政策委員会では、2回連続で政策誘導金利を0.25%切下げ 2016/12/01

11月29日及び30日に開催された中銀の通貨政策委員会(Copom)では、継続する経済リセッション並びに高止まりする失業率にも関わらず、現在14.00%の政策誘導金利 (Selic)は0.25%引き下げて13.75%に決定している。

前回10月の0.25%引き下げに続いて2回連続の0.25%引き下げに留まった一因として、ドナルド・トランプ氏(共和党)の次期アメリカ大統領確定で、米国内での雇用拡大を重視した保護貿易強化、強い自国通貨の維持、巨大な国内インフラ投資などを発表している影響で、新興国を中心に為替や株式市場が混乱をきたしている外的要因が大きく影響している。

Broadcastプロジェクションの70人金融スペシャリスト対象の調査によると、大半の60人は0.25%の切下げを予想、僅かに10人だけが0.50%の切下げを予想していた。

7四半期連続する経済リセッションによる国内景気低迷並びに高止まりする失業率、サービス部門のインフレ指数低下、第3四半期のGDP伸び率マイナス0.8%などSelic金利の引き下げ要因があるにも関わらず、来年1月に就任するトランプ大統領の不透明な言動、歳出上限法案、二重帳簿恩赦問題など混乱する政治問題がSelic金利の引き下げ幅を不透明にしている。

デフレ傾向並びに経済回復が予想を大幅に遅れているために、来年1月のSelic金利は、0.5%引き下げられて13.25%まで低下するとゴールドマン・サックス銀行ラテンアメリカ地域担当のアルベルト・ラモス取締役は予想している。

中銀はSelic金利引き下げサイクル入りを示唆しているにも関わらず、海外要因に大きく左右されるとFibra銀行チーフエコノミストのクリスティアーノ・オリヴェイラ氏は説明している。

世界のインフレ指数を差引いた実質金利比較では、ブラジルの実質金利は5.45%でトップ、ロシアが3.68%で続いており、中国2.20%、メキシコ2.12%、インド1.97%、ポーランド1.70%、マレーシア1.58%、インドネシア1.39%、コロンビア1.19%、タイ1.16%となっている。(2016年12月1日付けエスタード紙)



2018/11/28 » 今年10月の対内直哲投資は過去7年間で最高
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/06 » ブラジル人の新政権への期待でサンパウロ平均株価は記録更新
2018/10/30 » 大統領選挙終了で330億ドルの金融取引拡大か
2018/10/30 » 第3四半期のイタウー銀行の純益は3.2%増加
2018/10/26 » 4大銀行の第3四半期の純益伸び率は二桁台予想
2018/10/22 » 過去5年間で海外投資家はブラジル企業400社買収
2018/10/11 » ボウソナロ大統領候補の民営化反対発言でEletrobra株価は10%近く下落
2018/10/08 » 誰が大統領になってもBNDES銀行のクレジット政策は不変
2018/10/05 » 今年9月のポウパンサ預金は85億4,200万レアルで記録更新
2018/10/01 » ブラジル銀行と連邦貯蓄金庫は過去2年間で2万1,200人の従業員カット
2018/09/27 » Selic金利6.5%で推移にも関わらず、クレジットカード金利が再び上昇
2018/09/26 » 社会経済開発銀行(BNDES)は持ち株放出を加速
2018/09/25 » 不透明な大統領選挙にも関わらず、海外投資家は将来性に投資
2018/09/20 » 中銀の通貨政策委員会はSelic金利を4回連続で据置
2018/09/19 » BNDES銀行総裁はキューバやヴェネズエラ向け無配慮なクレジットを認める
2018/09/17 » 今年8か月間のprivate equity投資は17.3%増加
2018/09/13 » 今年上半期のM&Aオペレーション総額は過去8年間で最高
2018/09/06 » >今年8月の海外投資家の投資金引上げは98億ドルを突破

バックナンバー »