Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
中銀は4年ぶりにSelic金利切下げ 2016/10/20

10月18日及び19日に開催された中銀の通貨政策委員会(Copom)では、現在14.25%の政策誘導金利 (Selic)を全会一致で0.25%引き下げ14.00%に決定、2012年10月以来初めてSelic金利が引き下げられた。

イラン・ゴールドファジン氏が中銀総裁に就任して初めてのSelic金利引き下げとなったが、今後も継続してSelic金利引き下げサイクルを維持するためには、歳出がインフレ以上に肥大化するのを阻止する憲法修正案(PEC)の241号/2016が下院並びに上院での承認並びにサービス部門のインフレ指数コントロールが不可欠となっている。

今回の中銀の通貨政策委員会(Copom)による0.25%のSelic金利引き下げは、調査対象の金融機関70社の36社が予想、0.50%のSelic金利引き下げ予想は32社、唯一1商業銀行が0.75%引き下げを予想していた。

エンリケ・メイレーレス財務相は中銀の0.25%のSelic金利引き下げを歓迎しており、2017年のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は、連邦政府の許容中央目標値4.5%に接近できると説明している。

しかしテンデンシア・コンスルトリア社共同経営者のグスタヴォ・ロヨラ元中銀総裁は、0.25%のSelic金利引き下げ幅は予想を下回り、中銀の金融緩和速度の遅さを指摘している。

今回のSelic金利0.25%引き下げによる14.00%の名目金利からインフレ指数を差引いた実質金利は、8.49%と依然として世界最高の実質金利を維持している。

ブラジルの実質金利8.49%に次ぐ金利高の国は、ロシアの4.27%とブラジルの約50%、3位にはコロンビアの3.61%、アルゼンチンは2.55%、中国は2.30%、メキシコは1.35%、南アフリカは1.13%、インドネシアは0.48%、10位にはマレーシアの0.39%となっている。(2016年10月20日付けエスタード紙)



2018/11/28 » 今年10月の対内直哲投資は過去7年間で最高
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/06 » ブラジル人の新政権への期待でサンパウロ平均株価は記録更新
2018/10/30 » 大統領選挙終了で330億ドルの金融取引拡大か
2018/10/30 » 第3四半期のイタウー銀行の純益は3.2%増加
2018/10/26 » 4大銀行の第3四半期の純益伸び率は二桁台予想
2018/10/22 » 過去5年間で海外投資家はブラジル企業400社買収
2018/10/11 » ボウソナロ大統領候補の民営化反対発言でEletrobra株価は10%近く下落
2018/10/08 » 誰が大統領になってもBNDES銀行のクレジット政策は不変
2018/10/05 » 今年9月のポウパンサ預金は85億4,200万レアルで記録更新
2018/10/01 » ブラジル銀行と連邦貯蓄金庫は過去2年間で2万1,200人の従業員カット
2018/09/27 » Selic金利6.5%で推移にも関わらず、クレジットカード金利が再び上昇
2018/09/26 » 社会経済開発銀行(BNDES)は持ち株放出を加速
2018/09/25 » 不透明な大統領選挙にも関わらず、海外投資家は将来性に投資
2018/09/20 » 中銀の通貨政策委員会はSelic金利を4回連続で据置
2018/09/19 » BNDES銀行総裁はキューバやヴェネズエラ向け無配慮なクレジットを認める
2018/09/17 » 今年8か月間のprivate equity投資は17.3%増加
2018/09/13 » 今年上半期のM&Aオペレーション総額は過去8年間で最高
2018/09/06 » >今年8月の海外投資家の投資金引上げは98億ドルを突破

バックナンバー »