Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
公立銀行の金利が民間銀行よりも上昇 2016/10/17

リーマンブラザース破綻をきっかけとした世界金融危機後に民間銀行が一斉にクレジット枠を縮小、中銀は金融市場でのクレジット流動性拡大のため強制預託金を金融市場に放出していた。

金融危機で不渡り増加を避けるために民間銀行が一斉にクレジット枠縮小に対応するために、ルーラ元大統領やジウマ前政権ではブラジル銀行や連邦貯蓄金庫に対して、低金利でのクレジット拡大を奨励したため公立銀行の収益が圧迫されていた。

しかしジウマ前政権時の昨年から政策誘導金利(Selic)が14.25%の高金利を継続したために、ブラジル銀行並びに連邦貯蓄金庫では徐々にクレジット金利を引き上げていた。

180日間の停職となっていたジウマ政権に代わってミッシェル・テーメル暫定政権誕生後の今年5月に、ブラジル銀行ではパウロ・カファレリ総裁、連邦貯蓄金庫ではジルベルト・オッチ総裁が就任、営業戦略見直しで収益性改善を表明していた。

昨年末のブラジル銀行の平均クレジット年利は、26.5%と民間銀行3行のイタウー銀行並びにブラデスコ銀行、サンタンデール銀行を加えた5大商業銀行の中では最低の平均金利であった。

サンタンデール銀行の平均クレジット金利は、5%減少の24.0%で最低金利となっており、ブラデスコ銀行並びにイタウー銀行では、平均クレジット金利を1.0%~2.0%下げた一方で、ブラジル銀行は27.2%に引き上げて最高金利となっている。

昨年末の連邦貯蓄金庫のクレジットカードの口座借越残年利は350.4%と5大商業銀行の中では最低金利であったにも関わらず、今年3月には412%、5月には433%、8月には459%、9月15日には508.2%とサンタンデール銀行の581%に次ぐ高金利に上昇している。

延滞率が非常に低い公務員並びに年金・恩給受給者向けブラジル銀行の口座連動型クレジット金利は2位、連邦貯蓄金庫の民間企業の従業員向け口座連動型クレジット金利は2位にそれぞれ上昇している。(2016年10月17日付けエスタード紙)

 



2018/11/28 » 今年10月の対内直哲投資は過去7年間で最高
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/06 » ブラジル人の新政権への期待でサンパウロ平均株価は記録更新
2018/10/30 » 大統領選挙終了で330億ドルの金融取引拡大か
2018/10/30 » 第3四半期のイタウー銀行の純益は3.2%増加
2018/10/26 » 4大銀行の第3四半期の純益伸び率は二桁台予想
2018/10/22 » 過去5年間で海外投資家はブラジル企業400社買収
2018/10/11 » ボウソナロ大統領候補の民営化反対発言でEletrobra株価は10%近く下落
2018/10/08 » 誰が大統領になってもBNDES銀行のクレジット政策は不変
2018/10/05 » 今年9月のポウパンサ預金は85億4,200万レアルで記録更新
2018/10/01 » ブラジル銀行と連邦貯蓄金庫は過去2年間で2万1,200人の従業員カット
2018/09/27 » Selic金利6.5%で推移にも関わらず、クレジットカード金利が再び上昇
2018/09/26 » 社会経済開発銀行(BNDES)は持ち株放出を加速
2018/09/25 » 不透明な大統領選挙にも関わらず、海外投資家は将来性に投資
2018/09/20 » 中銀の通貨政策委員会はSelic金利を4回連続で据置
2018/09/19 » BNDES銀行総裁はキューバやヴェネズエラ向け無配慮なクレジットを認める
2018/09/17 » 今年8か月間のprivate equity投資は17.3%増加
2018/09/13 » 今年上半期のM&Aオペレーション総額は過去8年間で最高
2018/09/06 » >今年8月の海外投資家の投資金引上げは98億ドルを突破

バックナンバー »