Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
政策誘導金利は現状維持の14.25%継続 2016/09/01

昨日の中銀の通貨政策委員会(Copom)では、相変わらず高止まりしているインフレ指数の影響で政策誘導金利 (Selic)は現状の14.25%での据置を全会一致で決定、9回連続での14.25%の金利据え置きとなった。

昨日ジウマ大統領弾劾決定によるテーメル新政権誕生で海外投資家の信用回復に拍車がかかると予想されている一方で、インフレ抑制以外にもテーメル新政権による財政再建、年金改革、硬直している労働法見直しなどに対する手腕が今後のSelic金利を大きく左右すると予想されている。

海外投資家はジウマ大統領弾劾決定によるテーメル新政権誕生に対して一定の評価をしているにも関わらず、予算作成時の公共支出調整率の上限設定に対する憲法改正法案(PEC)の承認や社会保障改革の行方を慎重に見極めた後で、製造業部門への対内直接投資を行うとBOFA社チーフエコノミストのデイヴィッド・ベーカー氏は予想している。

今回の政策誘導金利 (Selic) 14.25%の据置で、インフレ指数を差し引いたブラジルの実質金利は、7.42%と2位のロシアの3.26%の2倍以上を継続して世界トップを維持している。

米国大統領選の影響を大きく受けるメキシコのインフレ指数を差し引いた実質金利は1.36%、政情不安を抱える南アフリカは1.30%、クーデター未遂事件が発生したトルコは1.96%となっている。(2016年9月1日付けヴァロール紙)

 



2018/06/25 » 中国のラテンアメリカ向け投資の55%はブラジル
2018/06/11 » 5月の海外投資家の株式投資は84億3,000万レアル雲散霧消
2018/05/30 » 4月の財政プライマリーは71億8,700万レアルを記録
2018/05/29 » 民間銀行のクレジット残高は1兆レアル達成
2018/05/25 » 2018年の対内直接投資の減少傾向が鮮明
2018/05/17 » 予想に反して1年半継続していたSelic金利切下げサイクルが停止
2018/05/15 » 2018年第1四半期のBNDES銀行の純益は453%増加
2018/05/14 » ドル高の為替でブラジル企業の外貨負債増加
2018/05/11 » 4大銀行の収益率はSelic金利の3倍
2018/05/09 » アルゼンチン政府は自国通貨暴落防止でIMFに駆け込み
2018/05/07 » マクリ大統領は大統領就任後最大に危機に直面
2018/05/07 » ノルウェー政府年金基金がブラジルに再投資開始
2018/05/07 » 大統領選の行方次第でドルはR$4.0に達する可能性
2018/05/02 » 今年第1四半期の企業収益は順調に推移
2018/04/25 » 今年第1四半期のBNDES銀行のクレジットは前年同期比28%減少
2018/04/18 » 国内4大銀行のクレジット占有率は約80%に達して更なる寡占化
2018/04/10 » フォーカスレポートでは今年GDP伸び率を2.80%に下方修正
2018/04/09 » 過去2年間のブラジル国内のM&Aは中国資本がダントツ
2018/04/09 » 過去最低のSelic金利にも関わらず、銀行金利は反比例
2018/04/02 » 今年のブラジルへの外資金融投資は前年比183%増加予想

バックナンバー »