Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
大銀行の引当金積立が急増 2016/05/13

ブラジルの公立銀行や民間銀行大手の今年第1四半期の不良債権に対する引当金総額は、前年同月比29.7%増加の268億レアルで純益総額の2倍相当に達している。

今年第1四半期のブラジル銀行並びにイタウー銀行、ブラデスコ銀行、連邦貯蓄金庫、サンタンデール銀行の純益総額は131億レアルで引当金総額の半分以下となっている。

ブラジル銀行では第2四半期のリスクの可能性があるPDDと呼ばれる不良貸付残高をクレジット総額の4.0%~4.4%と前四半期の3.7%~4.1%からの引上げを異議なくされているにも関わらず、イタウー銀行は前四半期並みのPDDに据え置いている。

今年第1四半期の公立銀行や民間銀行大手の平均収益率は13.1%と政策誘導金利(Selic)の14.25%を下回っている一方で、昨年第1四半期の平均収益率はSelic 金利を上回る17.2%であった。

ペトロブラスが資本参加をしてプレソルトの原油・天然ガス開発向け28隻のプラットフォームFPSO建造する目的で2011年に設立されたSete Brasil社が企業更生法を申請した影響で、ブラジル銀行の第1四半期の引当金は前年同月比59.2%増加の87億レアル、ブラデスコ銀行の引当金は52.2%増加の54億レアルとなっている。

またイタウー銀行の第1四半期の引当金は前年同月比43.7%増加の64億200万レアル、今年1年間の名目PDD総額は220億レアル~250億レアルに達すると予想されている。

サンタンデール銀行の第1四半期の引当金は前年同月比14.8%増加の24億レアル、唯一連邦貯蓄金庫の引当金は前年同月比24.2%減少の38億レアルに留まると予想されている。(2016年5月13日付けヴァロール紙)



2018/06/25 » 中国のラテンアメリカ向け投資の55%はブラジル
2018/06/11 » 5月の海外投資家の株式投資は84億3,000万レアル雲散霧消
2018/05/30 » 4月の財政プライマリーは71億8,700万レアルを記録
2018/05/29 » 民間銀行のクレジット残高は1兆レアル達成
2018/05/25 » 2018年の対内直接投資の減少傾向が鮮明
2018/05/17 » 予想に反して1年半継続していたSelic金利切下げサイクルが停止
2018/05/15 » 2018年第1四半期のBNDES銀行の純益は453%増加
2018/05/14 » ドル高の為替でブラジル企業の外貨負債増加
2018/05/11 » 4大銀行の収益率はSelic金利の3倍
2018/05/09 » アルゼンチン政府は自国通貨暴落防止でIMFに駆け込み
2018/05/07 » マクリ大統領は大統領就任後最大に危機に直面
2018/05/07 » ノルウェー政府年金基金がブラジルに再投資開始
2018/05/07 » 大統領選の行方次第でドルはR$4.0に達する可能性
2018/05/02 » 今年第1四半期の企業収益は順調に推移
2018/04/25 » 今年第1四半期のBNDES銀行のクレジットは前年同期比28%減少
2018/04/18 » 国内4大銀行のクレジット占有率は約80%に達して更なる寡占化
2018/04/10 » フォーカスレポートでは今年GDP伸び率を2.80%に下方修正
2018/04/09 » 過去2年間のブラジル国内のM&Aは中国資本がダントツ
2018/04/09 » 過去最低のSelic金利にも関わらず、銀行金利は反比例
2018/04/02 » 今年のブラジルへの外資金融投資は前年比183%増加予想

バックナンバー »