Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
中銀の通貨政策委員会は6回連続で政策誘導金利14.25%の据置決定 2016/04/28

昨日の中銀の通貨政策委員会(Copom)では、現在の政策誘導金利 (Selic)の14.25%を全会一致で据置を決定、今回のSelic金利の6回連続での据置は、連邦政府がインフレ指数の中央目標値を設定した1999年以降では最長の連続据置回数となっている。

前回の中銀の通貨政策委員会(Copom)では、シディネイ・マルケス理事並びにトニー・ヴォルポン理事の2人の理事がインフレ抑制するための金融引締め政策の強化を主張して0.5%のSelic金利の引上げを主張していた。

今回の政策誘導金利 (Selic)14.25%の全会一致での金利据置決定は昨年10月以降では初めてとなり、経済リセッション並びに失業率の増加、クレジットの与信強化並びに需要の減少、減少傾向に転じたインフレ指数、180日間のジウマ・ロウセフ大統領の離職、経済界から歓迎されているミシェル・テメール新政権の組閣人事、更にレアル通貨に対するドル安傾向の為替などの要因で、Selic金利引下げが予想よりも早まる可能性がでてきている。

中銀の最終フォーカスレポートでは、2016年のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は前回予想よりも0.59%下方修正、フォーカスレポート協力金融機関で的中率が最も高いトップ5銀行の予想では、2016年のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は前回予想の大幅下方修正の6.66%となっていた。

2月の過去12か月間のIPCA指数は10.36%、3月の過去12か月間のIPCA指数は9.39%と一桁台まで減少、またこの間のレアル通貨に対するドルの為替は、中銀が数回にわたって為替スワップ介入したにも関わらず、R$3.90から R$3.50までドル安となっていた。

今回の政策誘導金利 (Selic)14.25%の全会一致での据置決定やジウマ大統領罷免で企業経営者や投資家の景況感改善につながると予想されており、大半のエコノミストは、Selic金利の引き下げは7月もしくは8月から開始されると予想している。(2016年4月28日付けエスタード紙)

 



2018/11/28 » 今年10月の対内直哲投資は過去7年間で最高
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/06 » ブラジル人の新政権への期待でサンパウロ平均株価は記録更新
2018/10/30 » 大統領選挙終了で330億ドルの金融取引拡大か
2018/10/30 » 第3四半期のイタウー銀行の純益は3.2%増加
2018/10/26 » 4大銀行の第3四半期の純益伸び率は二桁台予想
2018/10/22 » 過去5年間で海外投資家はブラジル企業400社買収
2018/10/11 » ボウソナロ大統領候補の民営化反対発言でEletrobra株価は10%近く下落
2018/10/08 » 誰が大統領になってもBNDES銀行のクレジット政策は不変
2018/10/05 » 今年9月のポウパンサ預金は85億4,200万レアルで記録更新
2018/10/01 » ブラジル銀行と連邦貯蓄金庫は過去2年間で2万1,200人の従業員カット
2018/09/27 » Selic金利6.5%で推移にも関わらず、クレジットカード金利が再び上昇
2018/09/26 » 社会経済開発銀行(BNDES)は持ち株放出を加速
2018/09/25 » 不透明な大統領選挙にも関わらず、海外投資家は将来性に投資
2018/09/20 » 中銀の通貨政策委員会はSelic金利を4回連続で据置
2018/09/19 » BNDES銀行総裁はキューバやヴェネズエラ向け無配慮なクレジットを認める
2018/09/17 » 今年8か月間のprivate equity投資は17.3%増加
2018/09/13 » 今年上半期のM&Aオペレーション総額は過去8年間で最高
2018/09/06 » >今年8月の海外投資家の投資金引上げは98億ドルを突破

バックナンバー »