Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
2年連続でクレジット部門縮小か 2016/03/29

継続する経済リセッション、失業率の増加、一般消費者の景況感の悪化などの要因で、一般消費者は負債増加を避けるために銀行クレジット利用による資本財購買には慎重になってきている。

一方で銀行は一般消費者向けクレジットの延滞率増加や銀行金利の上昇に伴って、一般消費者向けクレジット与信強化をしており、GO Associados経済調査担当のファービオ・シルヴェイラ取締役は、今年の一般消費者向けクレジットは大幅に縮小すると予想している。

中銀の統計によると、インフレ指数を差引いた昨年末の一般消費者向け実質クレジット残高は前年比7.0%減少の7,930億レアル、昨年並びに今年の2年間の一般消費者向けクレジットは15%減少が予想されている。

インフレ指数を差引いた今年1月の一般消費者向け実質クレジット金額は前年同月比17.5%と大幅に下落、またクレジット承認件数は前年同月比2.6%減少して与信強化が明確になってきている。

昨年1月の商業銀行の平均貸出スプレッドは39.9%、今年1月は53.3%と13.4ポイント上昇した主因として延滞率増加が挙げられ、昨年1月の延滞率は5.3%、今年1月は6.2%に上昇している。

第1四半期の自動車購入向けクレジットは前年同期比40%減少が予想されており、落込みの50%は消費者の購入意欲の衰退、その他の50%は銀行のクレジットの与信強化となっている。(2016年3月29日付けエスタード紙)

 



2018/04/25 » 今年第1四半期のBNDES銀行のクレジットは前年同期比28%減少
2018/04/18 » 国内4大銀行のクレジット占有率は約80%に達して更なる寡占化
2018/04/10 » フォーカスレポートでは今年GDP伸び率を2.80%に下方修正
2018/04/09 » 過去2年間のブラジル国内のM&Aは中国資本がダントツ
2018/04/09 » 過去最低のSelic金利にも関わらず、銀行金利は反比例
2018/04/02 » 今年のブラジルへの外資金融投資は前年比183%増加予想
2018/03/29 » 強制預託金解除で257億レアル相当を市場に放出
2018/03/27 » 金利低下で商業銀行は法人向けクレジット拡大で顧客訪問
2018/03/22 » Selic金利が過去最低の6.50%も更なる切下げ示唆
2018/03/19 » 2018年はプライベート・エクイティの投資活性か
2018/03/15 » BNDES銀行のGDP比率は継続して低下
2018/03/13 » トップ5は2019年のSelic金利を9.0%と予想
2018/02/08 » 政策誘導金利は過去最低の6.75%を記録
2018/02/06 » 2017年イタウー銀行の純益は248億7,000万レアルを計上
2018/02/05 » 2018年上半期のIPOでの資金調達は250億レアルを突破予想
2018/01/31 » 2017年のBNDES銀行のクレジットは1999年以降では最低記録
2018/01/22 » 2017年の中国資本のブラジル投資は209億ドル
2018/01/22 » クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は緩やかな減少傾向
2018/01/17 » 昨日Ibovespa指数は一時8万ポイントを突破
2018/01/16 » リオやサンパウロ以外のブラジル企業のIPOが目白押し

バックナンバー »