Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
過去7年間のブラジル企業の負債は倍増の1兆4,000億レアル 2016/03/14

今年1月末の過去7年間のブラジル企業の国内負債総額は1兆4,000億レアル、また海外での資金調達による負債は2,110億ドルに達しており、今年は会社更生法申請が急増すると予想されている。

メンデス・ジュニオール社のセルジオ・クーニャ・メンデス副社長は、2014年にラヴァ・ジャット作戦の汚職疑惑で連邦警察に逮捕されたためその後のインフラ整備事業関連の入札参加や資金調達が困難となって企業経営が悪化、先週ゼネコン大手メンデス・ジュニオール社は会社更生法の申請を余儀なくされた。

会社更生法の申請を余儀なくされたメンデス・ジュニオール社のEbitdaは、33.37に達して返済不能に陥っており、金融市場での資金調達ができないとエコノマチカ社では予想している。

今年初め2か月間のブラジル企業の会社更生法適用企業は、1年近く続く経済リセッションや高金利、ドル高の為替などの要因で前年同期比116%増加の251件に達しているが、昨年の会社更生法適用企業は、前年比50%増加の1,256件に達していた。

世界トップの大豆種子メーカーのAURORA-SERIOS社の負債総額は2億9,800万レアルに達して3月初めに会社更生法を申請、1953年創業の長距離バス運行のイタペミリン交通の負債は3億3,650万レアルに達して会社更生法を申請している。

2006年創業の女性服小売販売チェーンのBARREDS社はブラジル国内に118店舗、578人の従業員を擁しているが、1億400万レアルの負債を抱えて会社更生法を申請している。

また1995年創業の玩具チェーンでブラジル国内に28店舗を擁しているBMART社は1億1,800万レアルの負債、ブランド名がCori並びに Luigi Bertolli、 Emme、 Offashionを擁しているGEPグループは5億1,300万レアルの負債を抱えて会社更生法を申請している。(2016年3月13日付けエスタード紙)

 

 

 



2018/09/19 » BNDES銀行総裁はキューバやヴェネズエラ向け無配慮なクレジットを認める
2018/09/17 » 今年8か月間のprivate equity投資は17.3%増加
2018/09/13 » 今年上半期のM&Aオペレーション総額は過去8年間で最高
2018/09/06 » >今年8月の海外投資家の投資金引上げは98億ドルを突破
2018/09/05 » 今年初め7か月間のブラジル企業の海外資産売却は136億ドル
2018/08/31 » アルゼンチン政府は為替暴落対策で政策金利を60%に引上げ
2018/08/30 » アルゼンチンのマクリ大統領は、IMFにクレジットの前倒し要請
2018/08/28 » 今年8月の対内直接投資は95億ドル予想
2018/08/21 » 連邦貯蓄金庫の第2四半期の純益は33.9%増加
2018/08/16 » イタウー銀行はスタートアップ企業育成事業拡大
2018/08/10 » 第2四半期の4大銀行のクレジット総額は2年半ぶりに増加に転じる
2018/08/03 » 今年のBNDES銀行のクレジット総額は半減か
2018/08/03 » 今年第2四半期の海外投資家の金融投資が下落
2018/08/01 » トランプ大統領の法人税21%引下げでブラジルへの投資減少
2018/07/30 » 各銀行は一斉にリボルビングクレジット金利引き上げ
2018/07/27 » 今年上半期の対内直接投資は前年同期比17.5%下落
2018/07/26 » 今年6月の対内公的債務残高は3兆6,070億レアルに増加
2018/07/25 » 今年上半期のBNDES銀行のクレジットは2001年以降で最低
2018/07/18 » 今年初め5か月間の民間銀行の住宅クレジットは連邦貯蓄金庫を上回った
2018/07/17 » 中国は過去15年間でブラジルに540億ドルを投資

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

Pdfブラジル個人情報保護法  (日伯法律委員会 ( 藏掛忠明委員長)主催の「ブラジル個人情報保護法の概要セミナー」2018年9月11日)

Pdf『ブラジル労働改正法』セミナー (企業経営・地場企業推進委員会(鈴木ワグネル委員長)主催の2018年9月4日)

Pdf新移民法セミナー発表資料掲載(7月31日)

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー