Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
ヨーロッパ主要銀行の株価下落が世界に波及 2016/02/12

金融システム全体の健全性に対する懸念などの要因で、ヨーロッパ主要銀行の株価下落や日本のマイナス金利の影響で世界の株式市場に金融不安が波及しており、昨日の世界の株式市場は大幅に下落して2008年に発生した世界金融危機の再来の可能性が憂慮されている。

2016年のヨーロッパの主要銀行の時価総額はドイツ銀行の株価下落が牽引してすでに3540億ユーロ減少、昨日のミラノのイタリア証券取引所における株価指数FTSE MIBのマイナス5.63%暴落に続いてマドリッドはマイナス4.88%、パリはマイナス4.05%、香港はマイナス3.58%、フランクフルトはマイナス2.93%、ロンドンはマイナス2.39%、日経はマイナス2.31%、ダウジョーンズはマイナス1.60%とそれぞれ下落している。

また昨日のサンパウロ平均株価(Ibovespa)は、世界の株式市場の暴落並びに石油などの国際コモディティ価格の更なる減少が影響してマイナス2.62%の3万9318.60ポイントを記録、今年の累積はすでにマイナス9.30%に達している。

昨日のゲルダウ社の優先株価は15.44%下落、ウジミナス社優先株価は12.37%下落、ヴァーレ社優先株価は4.14%下落、ペトロブラス石油公社普通株価は3.43%減少している。

昨日のニューヨークの1バレルあたりの石油価格は4.52%減少の26.21ドル、ロンドンは2.53%減少の30.06ドルとそれぞれ大幅に減少して世界の株式市場の下落の一因となっているが、11日のイエレンFRB議長の必要であればFRBもマイナス金利導入検討に関する議会証言も株価下落の不安材料に結び付いている。

また中国経済の減速予想も世界の株式市場の株価下落の一因となっているが、来週月曜日は中国の旧正月(春節)の終了に伴って中国の株式市場が再開するために、世界の株式市場を激震する可能性は否定できない。(2016年2月12日付けエスタード紙)

 



2018/11/28 » 今年10月の対内直哲投資は過去7年間で最高
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/06 » ブラジル人の新政権への期待でサンパウロ平均株価は記録更新
2018/10/30 » 大統領選挙終了で330億ドルの金融取引拡大か
2018/10/30 » 第3四半期のイタウー銀行の純益は3.2%増加
2018/10/26 » 4大銀行の第3四半期の純益伸び率は二桁台予想
2018/10/22 » 過去5年間で海外投資家はブラジル企業400社買収
2018/10/11 » ボウソナロ大統領候補の民営化反対発言でEletrobra株価は10%近く下落
2018/10/08 » 誰が大統領になってもBNDES銀行のクレジット政策は不変
2018/10/05 » 今年9月のポウパンサ預金は85億4,200万レアルで記録更新
2018/10/01 » ブラジル銀行と連邦貯蓄金庫は過去2年間で2万1,200人の従業員カット
2018/09/27 » Selic金利6.5%で推移にも関わらず、クレジットカード金利が再び上昇
2018/09/26 » 社会経済開発銀行(BNDES)は持ち株放出を加速
2018/09/25 » 不透明な大統領選挙にも関わらず、海外投資家は将来性に投資
2018/09/20 » 中銀の通貨政策委員会はSelic金利を4回連続で据置
2018/09/19 » BNDES銀行総裁はキューバやヴェネズエラ向け無配慮なクレジットを認める
2018/09/17 » 今年8か月間のprivate equity投資は17.3%増加
2018/09/13 » 今年上半期のM&Aオペレーション総額は過去8年間で最高
2018/09/06 » >今年8月の海外投資家の投資金引上げは98億ドルを突破

バックナンバー »