Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
Selic金利据置で昨日のドルの為替はレアルプラン以降で最高値を記録 2016/01/22

国際通貨基金(IMF)の2016年のブラジルのGDP伸び率予想マイナス3.5%の発表後に、ブラジル中銀のアレシャンドレ・トンビーニ総裁は「IMFのデータは非常に重要」との見解を発表した。

トンビーニ総裁のコメント後に開催された中銀の通貨政策委員会(Copom)では現在の政策誘導金利 (Selic)の14.25%の据置決定に対して、金融関係者の間ではSelic金利据置に対して色々な憶測が流れた。

今回の中銀の通貨政策委員会(Copom)では、現在の政策誘導金利 (Selic)14.25%を0.5%~0.25%への引上げ予想が大半を占めていたが、Selic金利の14.25%の据置決定で、連邦政府の介入で中銀の独立性が失われたと色々な憶測が流れていた。

トンビーニ総裁のIMFに関するコメントが公表されたのが通貨政策委員会(Copom)によるSelic金利見直しの直前で非常にタイミングが悪く、誤解を招いた可能性が強いと与党側の高官も説明している。

中銀の通貨政策委員会(Copom)によるSelic金利14.25%の据置決定で、昨日のレアル通貨に対するドルの為替終値は1.72%上昇してR$4.1720となり、インフレ指数を考慮しない名目ドルの為替は1994年のレアルプラン以降では最高値を記録した。

今年4月が償還期間となる銀行間預金(DI)の金利は14.520%から14.271%に減少、償還期間が2017年1月のDI金利は15.145%から14.905%に減少、償還期間が2019年1月のDI金利は16.82%から16.68%に減少している。

またSelic金利14.25%の据置決定の影響でサンパウロ平均株価(Ibovespa)は下げると予想されていたにも関わらず、石油の国際コモディティ価格が4.0%以上上昇した影響を受けて、昨日のIbovespaの終値は0.19%増加の3万7,717.11ポイントとなった。(2016年1月22日付けエスタード紙)

 



2018/04/25 » 今年第1四半期のBNDES銀行のクレジットは前年同期比28%減少
2018/04/18 » 国内4大銀行のクレジット占有率は約80%に達して更なる寡占化
2018/04/10 » フォーカスレポートでは今年GDP伸び率を2.80%に下方修正
2018/04/09 » 過去2年間のブラジル国内のM&Aは中国資本がダントツ
2018/04/09 » 過去最低のSelic金利にも関わらず、銀行金利は反比例
2018/04/02 » 今年のブラジルへの外資金融投資は前年比183%増加予想
2018/03/29 » 強制預託金解除で257億レアル相当を市場に放出
2018/03/27 » 金利低下で商業銀行は法人向けクレジット拡大で顧客訪問
2018/03/22 » Selic金利が過去最低の6.50%も更なる切下げ示唆
2018/03/19 » 2018年はプライベート・エクイティの投資活性か
2018/03/15 » BNDES銀行のGDP比率は継続して低下
2018/03/13 » トップ5は2019年のSelic金利を9.0%と予想
2018/02/08 » 政策誘導金利は過去最低の6.75%を記録
2018/02/06 » 2017年イタウー銀行の純益は248億7,000万レアルを計上
2018/02/05 » 2018年上半期のIPOでの資金調達は250億レアルを突破予想
2018/01/31 » 2017年のBNDES銀行のクレジットは1999年以降では最低記録
2018/01/22 » 2017年の中国資本のブラジル投資は209億ドル
2018/01/22 » クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は緩やかな減少傾向
2018/01/17 » 昨日Ibovespa指数は一時8万ポイントを突破
2018/01/16 » リオやサンパウロ以外のブラジル企業のIPOが目白押し

バックナンバー »