Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
フィッチはブラジルの長期債務の信用格付をBBB-からBB+に引き下げ 2015/12/17

昨日16日、世界3大格付会社の一つ米国フィッチ社は、ブラジルの長期外貨建て債務の信用格付をBBB-からBB+に引き下げたが、10月にブラジルの信用格付をBBBから投資適格級としては最低ランクのBBB-に下げており、わずか2カ月で2度目の格下げを行った。

今回のフィッチ社によるブラジルの信用格付は投資不適格級に落ち、投資不適格級への格下げは9月のスタンダード&プアーズに次ぐ2社目となり、世界3大格付会社の一つムーディーズ・インベスターズ・サービスは、現在のブラジルの信用格付は投資適格級で最低の「Baa3」としているが、格下げ方向で見直す方針を示している。

今回のフィッチ社の再度の格下げ理由として、3四半期連続での景気後退の深刻化やジウマ・ロウセフ大統領に対する罷免請求受理、財政再建策承認などの政治的不安定の増大を挙げており、また今後の見通しは「ネガティブ(弱含み)」で据え置いている。

連邦政府が2016年度の財政プライマリー収支黒字目標をGDP比0.5%への引き下げを提案した翌日16日のフィッチ社による格下げ決定は、頻繁な財政プライマリー収支黒字目標の変更に伴う経済政策への信用喪失の反映と見込まれている。

フィッチ社では、2016年度の財政プライマリー収支目標を実現するための政策の国会承認を疑問視しており、また公的負債は年内に国内総生産の10%を超え、2016年~2017年も7.0%以上になると予想している。

ジョアキン・レヴィ財務相は、外貨準備高確保などで長期外貨建て債務の格下げ回避を図っていたにも関わらず、格付会社2社の信用格付引下げで海外投資家の保留は更に困難になると見込んでおり、また財政プライマリー収支黒字の目標設定などで政府内でも不協和音が出ており、ジョアキン・レヴィ財務相の辞任は避けられないと予想されている。(2015年12月17日付けエスタード紙)

 



2018/11/28 » 今年10月の対内直哲投資は過去7年間で最高
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/09 » 今年第3四半期の4大銀行のクレジットは拡大
2018/11/06 » ブラジル人の新政権への期待でサンパウロ平均株価は記録更新
2018/10/30 » 大統領選挙終了で330億ドルの金融取引拡大か
2018/10/30 » 第3四半期のイタウー銀行の純益は3.2%増加
2018/10/26 » 4大銀行の第3四半期の純益伸び率は二桁台予想
2018/10/22 » 過去5年間で海外投資家はブラジル企業400社買収
2018/10/11 » ボウソナロ大統領候補の民営化反対発言でEletrobra株価は10%近く下落
2018/10/08 » 誰が大統領になってもBNDES銀行のクレジット政策は不変
2018/10/05 » 今年9月のポウパンサ預金は85億4,200万レアルで記録更新
2018/10/01 » ブラジル銀行と連邦貯蓄金庫は過去2年間で2万1,200人の従業員カット
2018/09/27 » Selic金利6.5%で推移にも関わらず、クレジットカード金利が再び上昇
2018/09/26 » 社会経済開発銀行(BNDES)は持ち株放出を加速
2018/09/25 » 不透明な大統領選挙にも関わらず、海外投資家は将来性に投資
2018/09/20 » 中銀の通貨政策委員会はSelic金利を4回連続で据置
2018/09/19 » BNDES銀行総裁はキューバやヴェネズエラ向け無配慮なクレジットを認める
2018/09/17 » 今年8か月間のprivate equity投資は17.3%増加
2018/09/13 » 今年上半期のM&Aオペレーション総額は過去8年間で最高
2018/09/06 » >今年8月の海外投資家の投資金引上げは98億ドルを突破

バックナンバー »