Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
ドル高の為替などでブラジル企業M&Aにチャンス到来 2015/11/09

今月初めに実業家アビリオ・ジニス氏は、ニューヨークでのインタビューで現在のブラジルの株価は非常に安いために、ブラジル企業の買収時であるとコメントしたように、海外の投資ファンドは時価総額が大幅に減少しているブラジル企業に注目している。

ブラジル経済のリセッションによるブラジル企業の決算の悪化、ラヴァ・ジャット作戦関連汚職問題によるゼネコン大手の資金繰りの悪化、40%以上高騰の今年のレアル通貨に対するドルの為替、停滞するサンパウロ平均株価(Ibovespa)などの要因で、海外投資家にとってはブラジル企業のM&Aにはチャンス到来となっている。

PwCの月間M&A調査によると、今年初め9か月間のM&A成立件数は前年同期比12%減少にしているにも関わらず、海外投資家のM&A成立件数は増加傾向となってきており、9月には50%に達して2002年から統計を取り始めて以来で最高の比率となっている。

最後のブラジル企業に対するM&Aブームは2008年~2010年でその後は低迷していたが、ドル高の為替の影響でブラジル企業の外貨による負債増加、国内消費市場の需要減少による収益悪化がM&A件数増加につながっているとPwCのロジェリオ・ゴロ氏は説明している。

投資銀行Greenhill社の Daniel Wainstein社長は、2010年の同社のM&A件数は35件、そのうち26%の企業は、税引前利益に支払利息と減価償却費を加算したもので総資本に対してどの程度のキャッシュフローを産みだしたかを簡易的に示すEBITDAが3倍以上であった。

今年のM&A対象企業54社のうち55%はEBITDAが3倍以上とブラジル企業の負債比率が増加傾向を示しており、大きな負債を抱えている企業は自社資産放出や資本注入受入を余儀なくされている。

先週、多国籍企業Coty社によるHypermarcas 社化粧品部門を38億レアルでの買収案件の成立、Hypermarcas 社は負債軽減のために継承品部門の放出を余儀なくされた。

メキシコ資本Femsa社は、パラナ州に本社を置くロジスティック事業のAtlas Trasnportesを買収したが、買収金額は11億レアルと予想されている。また北東地域ですでに大学を買収している米国資本のDevry社は、サンパウロ州内のIBIMEC買収で交渉している。

今年初め9か月間の米国資本によるブラジル企業買収は41件で総額285億6,744万レアル、英国は105億6,584万レアル、ドイツは7億4,252万レアル、アルゼンチンは3億4,268万レアル、フランスは2億5,349万レアルとなっている。

2012年の外資系企業によるブラジル企業の買収総額は791億1,000万レアル、2013年は381億1,000万レアル、2014年は671億6,000万レアル、今年初め9か月間ではすでに524億8,000万レアルに達している。

今年の大型M&A案件として、TerraForm Global社が38億9,000万ドルでRenova Energia SAに資本参加、GIC Pte Ltd社は15億ドルでD’Or Sao Luiz、The CarlyleもD’Or Sao Luizに6億9,800万ドルでそれぞれ資本参加している。

またSunEdison Incは Renova社の小型水力発電所並びに風力発電所事業に5億9,500万ドル、 Brookfield Asset Management Incは Ativos Imobiliarios に5億9,500万ドルの資本参加、China Merchents Energy Shippingは ヴァレ社の鉄鉱石運搬船に4億4,800万ドルの投資を行っている。

ドル高の為替や株価の低迷で海外投資家のブラジル企業に対する買収向け投資総額は1,300億ドルに達すると予想されており、PwCでは海外のプライベートエクイティによる企業買収が増加すると予想している。

また現在ブラジル企業の自社資産の売却予定総額は150億ドルに達すると予想、特にラヴァ・ジャット作戦関連汚職問題によるゼネコン大手が窮地に立たされている。

ペトロブラス石油公社は今年から来年にかけてコア事業の石油・天然ガス開発以外の資産放出で151億ドルの資金調達を計画している。(2015年11月8日付けエスタード紙)

 



2018/07/17 » 中国は過去15年間でブラジルに540億ドルを投資
2018/07/10 » 今年のプライベート・エクイティは37億ドル調達か
2018/07/03 » 国内外の政治経済ボラティリティで10月の大統領選挙後にIPO先送り
2018/07/03 » 2018年上半期の株式投資の収益率は最悪
2018/06/28 » 上半期のB3からの株式資金引上げは106億レアルに達している
2018/06/28 » 今年6月の口座借越残金利は311.9%で最高金利
2018/06/26 » 今年の対内直接投資は予想を下回るか
2018/06/25 » 中国のラテンアメリカ向け投資の55%はブラジル
2018/06/11 » 5月の海外投資家の株式投資は84億3,000万レアル雲散霧消
2018/05/30 » 4月の財政プライマリーは71億8,700万レアルを記録
2018/05/29 » 民間銀行のクレジット残高は1兆レアル達成
2018/05/25 » 2018年の対内直接投資の減少傾向が鮮明
2018/05/17 » 予想に反して1年半継続していたSelic金利切下げサイクルが停止
2018/05/15 » 2018年第1四半期のBNDES銀行の純益は453%増加
2018/05/14 » ドル高の為替でブラジル企業の外貨負債増加
2018/05/11 » 4大銀行の収益率はSelic金利の3倍
2018/05/09 » アルゼンチン政府は自国通貨暴落防止でIMFに駆け込み
2018/05/07 » マクリ大統領は大統領就任後最大に危機に直面
2018/05/07 » ノルウェー政府年金基金がブラジルに再投資開始
2018/05/07 » 大統領選の行方次第でドルはR$4.0に達する可能性

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー