Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
ユーロ建て外債発行 2014/03/06

米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策を決定する連邦公開市場委員会(FOMC)は、米国債などを購入して金融市場に放出する量的緩和政策について、 2月から毎月の購入額を100億ドル減らして650億ドルにすることを決定したために、今後は米国の金利上昇に伴って海外資金の流入増加に伴って、新興国から資金引揚げが継続しているために、連邦政府はドル以外の外債発行を予定している。

連邦政府によるドル建ての外債発行の償還期間は10年から30年物が大半であったが、ユーロ建ての外債の償還期間は5.7年から10年、円建ての外債の償還期間は3年から5年物が予定されている。

今回発行するユーロ建て外債発行総額は5億ユーロから7億5,000万ユーロが予定されており、すでにドイツ並びにフランス、オランダ、英国でロードショーを実施している。

現在はウクライナ情勢が不透明となっているために、ユーロ建てによる外債発行は3月末になると国庫庁のアルノ・アウグスティン長官は予定しているが、今年1月にブラジル銀行並びに社会経済開発銀行(BNDES)はヨーロッパで社債発行をしている。

国庫庁が最後にユーロ建ての外債発行したのは2006年1月で3億ユーロの外債を発行、償還期間は2015年2月で年利は5.448%であった。

今回のユーロ建て外債発行や円建て外債発行は、今後、ブラジル企業が海外での社債発行を促すための試みであり、ブラジル国内よりも低金利の資金調達をする。(2014年3月6日付けエスタード紙)

 



2020/06/05 » パンデミック危機で投資先不透明も収益性が低いが安全なポウパンサ預金に投資金流入(2020年6月5日付けエスタード紙)
2020/06/05 » ブラジル銀行、イタウー銀行、ブラデスコ銀行、連邦貯蓄金庫並びにサンタンデール銀行のクレジット部門マーケットシェアは80.7%の寡占状況(2020年6月4日付けエスタード紙)
2020/06/04 » 国庫庁は償還期間が5年物と10年物の海外での国債発行で35億ドルを調達(2020年6月3日付けヴァロール紙)
2020/06/03 » 海外投資家は5月にサンパウロ証券取引所から74億4,000万レアルの資金引き揚げ(2020年6月2日付けヴァロール紙)
2020/06/03 » パンデミックの影響で今年下半期からM&A件数は増加か(2020年6月1日付けヴァロール紙)
2020/05/29 » ペトロブラスは海外で32億5,000万ドルのキャッシュフロー調達(2020年5月28日付けヴァロール紙)
2020/05/29 » 今年4月のクレジット金利は減少にも拘らず、延滞率は上昇(2020年5月28日付けヴァロール紙)
2020/05/22 » ブラジルの5大銀行の3月末の総資産は、ブラジルのGDP総額を上回る7兆3,630億レアルに達した(2020年5月22日付けエスタード紙)
2020/05/18 » 中銀は企業の不渡り増加で金融機関への影響を憂慮(2020年5月18日付けエスタード紙)
2020/05/18 » 中銀の最終フォーカスレポートでは今年のGDP伸び率をマイナス5.12%と大幅な下方修正(2020年5月18日付けヴァロール紙)
2020/05/18 » XPの時価総額はブラジル銀行並びにサンタンデール銀行を追い越した(2020年5月17日付けエスタード紙サイト)
2020/05/15 » 今年の財政プライマリー赤字は7,000億レアルに達する可能性(2020年5月14日付けエスタード紙)
2020/05/14 » 中銀は過去最高の紙幣増刷で市場の紙幣流通の拡大を図る(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/11 » 3月のクレジット部門は26セクター中23セクターで拡大(2020年5月1日付けヴァロール紙)
2020/05/08 » 今年4月のポウパンサ預金は305億レアルの預金残高で記録更新(2020年5月7日付けエスタード紙)
2020/05/08 » 新型コロナウイルス感染拡大危機の今年第1四半期のブラジル銀行の純益は20.1%減少(2020年5月7日付けエスタード紙)
2020/05/07 » 通貨政策委員会はSelic金利を全会一致で過去最低の3.0%に引下(2020年5月6日付けエスタード紙)
2020/05/06 » 3大民間銀行はコロナウイルス危機向けに217億レアルの貸倒引当金準備(2020年5月5日付けエスタード紙)
2020/05/04 » 中銀は今年のGDP伸び率をマイナス3.76%、インフレは2.0%以下と予想(2020年5月4日付けエスタード紙サイト)
2020/04/28 » パンデミック危機にも拘らず、サンタンデール銀行の第1四半期の純益は10.5%増加(2020年4月28日付けエスタード紙サイト)

バックナンバー »