Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
国内4大銀行のクレジット占有率は約80%に達して更なる寡占化 2018/04/18

ブラジル資本民間銀行トップのイタウー銀行並びに2位のブラデスコ銀行、公立銀行のブラジル銀行並びに連邦貯蓄金庫の2017年のクレジット総額は、マーケットシェアの78.51%に達し、一層の寡占化が進んで銀行金利が下がらない弊害に繋がっている。

中銀の通貨政策委員会(Copom)では、2016年10月の政策誘導金利(Selic)14.25%から連続12回に亘って切り下げ、今年3月の中銀のCopom委員会では、全会一致でSelic金利を6.75%から0.25%切下げて6.50%に決定して過去最低の金利を記録したにも関わらず、Selic金利引下げに伴う銀行金利の引下げに繋がっていない。

2008年9月のリーマンブラザーズ破綻に端を発した世界金融危機発生前年の2007年12月の4大銀行によるクレジット部門のマーケットシェアは54.68%であったにも関わらず、世界金融危機発生でM&Aによる 世界的な銀行再編がブラジルにも及んで、ブラジル国内の商業銀行数が大幅に減少したことも大手銀行の寡占化を促進している。

昨年末の4大銀行の総資産は全体の72.69%、預貯金総額は76.35%、ブラジル国内のクレジット市場における市場集中度指標の一つであるハーフィンダール・ハーシュマン・インデックス(Herfindahl-Hirschman Index, HHI)は、1.741と寡占化に分類される1.800に接近しており、2007年のHHI指数1.015から大幅に上昇している。

2014年の国際通貨基金の調査によると、ブラジル国内の商業銀行のマーケット寡占化はカナダ並びに日本、英国、フランス、スペインよりも低いとブラジル銀行協会連盟(Febraban )では指摘している。

中銀商業銀行監査部のパウロ・ソウザ取締役は、Selic金利の低下に伴って銀行スプレッド金利も低下しなければならないと指摘している。(2018年4月18日付けエスタード紙)

 



2018/04/18 » 国内4大銀行のクレジット占有率は約80%に達して更なる寡占化
2018/04/10 » フォーカスレポートでは今年GDP伸び率を2.80%に下方修正
2018/04/09 » 過去2年間のブラジル国内のM&Aは中国資本がダントツ
2018/04/09 » 過去最低のSelic金利にも関わらず、銀行金利は反比例
2018/04/02 » 今年のブラジルへの外資金融投資は前年比183%増加予想
2018/03/29 » 強制預託金解除で257億レアル相当を市場に放出
2018/03/27 » 金利低下で商業銀行は法人向けクレジット拡大で顧客訪問
2018/03/22 » Selic金利が過去最低の6.50%も更なる切下げ示唆
2018/03/19 » 2018年はプライベート・エクイティの投資活性か
2018/03/15 » BNDES銀行のGDP比率は継続して低下
2018/03/13 » トップ5は2019年のSelic金利を9.0%と予想
2018/02/08 » 政策誘導金利は過去最低の6.75%を記録
2018/02/06 » 2017年イタウー銀行の純益は248億7,000万レアルを計上
2018/02/05 » 2018年上半期のIPOでの資金調達は250億レアルを突破予想
2018/01/31 » 2017年のBNDES銀行のクレジットは1999年以降では最低記録
2018/01/22 » 2017年の中国資本のブラジル投資は209億ドル
2018/01/22 » クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は緩やかな減少傾向
2018/01/17 » 昨日Ibovespa指数は一時8万ポイントを突破
2018/01/16 » リオやサンパウロ以外のブラジル企業のIPOが目白押し
2018/01/15 » BNDES銀行は国庫庁への1,300億レアル返済で合意

バックナンバー »