Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

検索期間を指定してください: OK
2022年までブラジル国内のIPO並びにM&Aは活性化 2019/10/15

不透明な大統領選挙で2018年のブラジル国内の新規株式公開(IPO)並びに企業の合併・買収(M&A)は低調に推移した一方で、年金改革や税制改革の進展で今年から2022年にかけて活性化すると米国のBaker McKenzie弁護士事務所並びにコンサルタント会社Oxford Economics社は指摘している。

昨年のブラジル国内のIPO並びにM&A総額は350億ドルであったが、今年1月にFeffer一族が所有するブラジル製紙業界2位のSuzano Papel社は、業界トップのFibria社を278億レアルの株式交換で吸収合併に成功、時価総額で世界最大の短繊維パルプメーカーが誕生した。

またペトロブラスは、傘下のTransportadora Associada de Gas(TAG)の株式の90%をフランス資本Engie社並びにカナダの年金ファンドCaisse de Depot e Placement du Quebec(CDPQ)で構成されるコンソーシアムに86億ドルで売却が牽引して、今年のIPO並びにM&A総額は419億ドルに達すると予想されている。

2020年のブラジル国内のIPO並びにM&A総額は380億ドル、2021年は453億ドル、2022年は507億ドルが予想されているが、世界のM&A比率の僅か1.4% 、IPOsは僅か1.0%に留まっている。

2018年のラテンアメリカ地域のIPO並びにM&A案件は政治スキャンダルで低迷していたが、2021年にかけて年金改革や税制改革、過去最低の金利、コントロールされているインフレ指数、民営化促進、インフラ整備プロジェクト入札などで海外からの投資増加に伴ってIPO並びにM&A案件は増加すると予想している。

今年の世界のIPO並びにM&A案件は2兆9,000億ドルに達すると予想されているが、加熱する米中貿易摩擦などで世界経済のボラティリティ上昇で、2020年の世界のIPO並びにM&A案件は2億1,000億ドルに留まると予想されている。(2019年10月15日付けヴァロール紙)



2019/10/15 » 2022年までブラジル国内のIPO並びにM&Aは活性化
2019/10/14 » 金利低下に伴ってクレジットは過去9年間で最も増加
2019/10/08 » 大半の金融市場関係者は今年末のSelic金利の5.0%以下を予想
2019/10/03 » 米国と欧州連合の航空機補助金の報復関税問題で世界中の株価下落
2019/09/27 » 今年8月の公的債務残高は初めて4兆レアルを突破
2019/09/26 » 金利が天文学的なクレジットカード及び特別小切手の使用が増加
2019/09/25 » 海外投資家は弱いGDP伸び率を警戒
2019/09/23 » ドル高の為替はコスト上昇も価格転嫁できず
2019/09/19 » 2018年のフィンテック会社のクレジット総額は約12億レアルに急伸
2019/09/19 » 中銀の通貨政策委員会は、全会一致でSelic金利を5.5%に決定
2019/09/18 » ソフトバンクはMadeiraMadeira に1億1,000万ドル投資
2019/09/12 » オーガニック食品のスタートアップ企業Liv Up社は9,000万レアル調達
2019/09/03 » 14企業は新規株式公開で250億レアルの資金調達を目論んでいる
2019/08/30 » 連邦公社の民営化はM&A案件を牽引
2019/08/29 » アルゼンチン政府は債権者に支払い猶予要請
2019/08/15 » 世界的リセッション懸念で世界中の株価が下落
2019/08/09 » 個人の投資残高が初めて3兆レアルを突破
2019/08/08 » ソフトバンクは中古車販売Volanty社に7,000万レアル投資
2019/08/01 » 中銀は満場一致でSelic金利を6.0%に引き下げ
2019/07/31 » ソフトバンクはBanco Inter社の8%の株を7億6,000万レアルで購入

バックナンバー »