Câmara do Japão
Português
検索: OK
(491)

エネルギー

検索期間を指定してください: OK
第16回ポスサル石油・天然ガス入札は最低価格の322%記録で幸先良好 2019/10/11

今年11月上旬までに予定されている3回の石油・天然ガス開発向け入札のトップを切って、昨日10日に第16回岩塩層上(ポスサル)石油・天然ガス開発入札が実施されたが、連邦政府の臨時歳入総額は、最低入札設定価格を322%上回る89億1,500万レアルを記録している。

2回目の石油・天然ガス入札は11月6日の岩塩層下(プレサル)石油・天然ガス入札、商業的な原油埋蔵量が確認されていない11月7日の第6回プレサル石油・天然ガス入札と今後1カ月間以内に3回の石油・天然ガス入札が実施が予定されている。

今回の石油・天然ガス開発入札は岩塩層上(ポスサル)の入札であり、ブラジル石油監督庁(ANP)のデシオ・オドーネ専務は、11月に控えている2回連続のプレサル石油・天然ガス入札を前にポスサル入札には応募がないと予想して、入札中止を考えていたぐらいに期待していなかったとコメントしていた。

石油メジャーの米国資本Exxon社並びにChevron社、英国/オランダ資本のシェル社、フランス資本 Total社は積極的な入札姿勢で、高い応札価格や多くの鉱区を落札している。

一方ブラジル資本のペトロブラス石油公社は僅か2鉱区に応札したが、1鉱区を英国資本BP社と共同で落札、落札したのはカンポス海盆のC-M-477鉱区で落札価格は20億4500万レアル、ペロとブラスの権益は70%、英国資本BP社の権益は30%となっている。

マレーシア資本Petronas社は岩塩層上(ポスサル)石油・天然ガス開発入札で、最低入札価格の322.74%に達する総額19億4,000万レアルで落札、単独で2鉱区、1鉱区のコンソーシアムに参加して落札している。

今回のポスサル石油・天然ガス開発入札で最も落札価格が高かったのは、カンポス海盆のC-M-541鉱区で落札価格は40億2,900万レアル、コンソーシアムを構成したのはフランス資本 Total社並びにカタール資本QPI社がそれぞれ40%、マレーシア資本Petronas社は20%の権益を獲得している。

サントス海盆で落札された鉱区は、前記のC-M-477鉱区並びにC-M-541鉱区以外に、C-M-713鉱区で落札価格は5億5,080万レアル、シェル社が40%、QPI社25%、Chevron社は35%の権益を獲得している。

また前記同様にPetronas社は、単独でC-M-661鉱区を11億1,500万レアル並びにC-M-71鉱区を2,497万レアルで落札、C-M-659鉱区は7億1,400万レアルで落札、シェル社が40%、QPI社25%、Chevron社は35%の権益を獲得している。

Exxon社は単独でC-M-479鉱区を253万レアル、Repsol社は単独でC-M-795鉱区を95万2,000レアル、Repsol社並びにChevron社はC-M-825鉱区を123万8,000レアルで落札、Repsol社は60%、Chevron社は40%の権益を獲得。C-M-845鉱区は269万5,000レアルで落札、Chevron社並びにRepsol社はそれぞれ40%、ドイツ資本のWintershall社は20%の権益を獲得している。

サントス海盆の入札では、BP社が単独でS-M-1500 鉱区を3億775万レアルで落札、S-M-766鉱区は541万4,000レアルで、Chevron社並びにRepsol社はそれぞれ40%、Wintershall社は20%の権益を獲得している。

今回のポスサル石油・天然ガス開発入札では36鉱区が入札にかけられたが、落札された鉱区は僅か12鉱区、内訳はカンポス海盆が10鉱区、サントス海盆は2鉱区が落札されている。

バイア州沿岸のアブローリョス(Abrolhos)海洋公園に隣接するジュクイペ海盆並びにカラムル‐アルメイダ海盆の17鉱区の入札には、将来の環境ライセンス問題を危惧した企業が大半で、応札した企業は皆無であった。(2019年10月11日付けエスタード紙)

 



2020/07/01 » ブラジルの石油生産は世界トップ10を維持(2020年6月30日付けヴァロール紙)
2020/06/02 » 今年4月の電力エネルギー消費は鉱工業部門や商業部門の低迷でマイナス6.6%(2020年6月1日付けエスタード紙)
2020/05/15 » 今年第1四半期のペトロブラスの純益は485億レアルの赤字計上(2020年5月14日付けヴァロール紙)
2020/05/04 » エタノール生産工場の4分の1は閉鎖を余儀なくされる(2020年5月2日付けエスタード紙サイト)
2020/04/29 » パンデミック危機による電力消費量の減少で大口需要家が契約条件の柔軟化を要求(2020年4月28日付けバロール紙)
2020/04/29 » 石油価格下落で地方政府はロイヤリティ収入減少が不可欠(2020年4月28日付けエスタード紙)
2020/04/22 » 現在の石油価格では、業界の中小企業は2週間で寿命が尽きる
2020/04/13 » 内部留保の確保に向け企業が2019年度決算の配当支払いを先送り(2020年4月13日付けバロール紙)
2020/03/27 » ペトロブラスは投資削減と執行部の大幅給与カット
2020/02/20 » 昨年のペトロブラスの純益は401億レアルで記録更新
2020/02/10 » 昨年のペトロブラスの国内の原油生産は記録更新
2020/01/23 » 2019年の石油・天然ガス生産は前年比7.7%増加で世界10位
2020/01/21 » 今年のプレソルト原油・天然ガス入札は来年に延長
2019/12/17 » パラグアイはイグアス―水力発電所の電力エネルギー42%購入
2019/12/10 » ペトロブラスのラヴァ・ジャット汚職による損害は62億レアル
2019/11/29 » ペトロブラスの2024年までの投資は757億レアルに縮小
2019/11/12 » 消費地に近い中規模水力発電所建設に軸足を移動か
2019/11/08 » 連邦政府はメガ入札不発で入札条件変更か
2019/11/07 » 昨日のプレサル石油・天然ガスメガ入札は取らぬ狸の皮算用
2019/11/06 » ボルソナロ大統領はエレトロブラス電力公社民営化法案を国会に提出

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf第7回ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)『雇用維持のための救済措置の状況と今後について』(Fator法律事務所の佐藤ジルセウ弁護士 2020年7月8日)

Pdf『チリにおける新型コロナウイルスの影響』ジェトロ・サンチアゴ事務所の佐藤 竣平所長 2020年7月1日

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う企業活動や危機管理に関するアンケート結果【速報】(2020年6月)

________

Pdf『2020年度第1四半期決算発表からみる新型コロナウイルスのブラジル企業への影響』(コンサルタント部会の吉田幸司部会長 2020年6月24日)

Pdf4回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」(ジェトロサンパウロ事務所の大久保敦所長 2020年6月17日)

Pdf第3回「ブラジル等における新型コロナ対応状況(報告会)」ジェトロリマ事務所の設楽 隆裕所長(2020年6月10日)

 

Pdf「アルゼンチンにおける新型コロナウイルスの影響」ジェトロブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長 2020年6月3日

Pdfブラジル等における新型コロナ対応状況(ジェトロサンパウロ事務所 大久保敦所長 2020年5月27日)

Pdf雇用維持のための救済措置解説セミナー発表資料 (佐藤ジルセウ弁護士 2020年4月27日)

 

  会員企業の新型コロナSDGs (CSR) 他、関連取り組み状況

 

Pdf【速報2】新型コロナウィルス感染に関するアンケート【その2】一時帰国対応について 3/31日現在

Pdf【速報 (更新)】新型コロナウィルス感染に関するアンケート調査結果 4/3日現在 128社

Pdf新型コロナウィルス対策に関連する各種法律・政令 3/24

Pdf感染対策情報(サンパウロ日伯援護協会提供)3/19

Pdf新型コロナウィルス情報(ポル語、サンタクルス病院提供)3/17

Pdfブラジル保健省フェイスブック

Pdf新型コロナウイルスに関するQ&A 保健省(ポルトガル語)

Pdfブラジル保健省ホームページ

Pdf感染発生連絡③ 3/20

Pdf感染発生連絡② 3/17

Pdf感染発生連絡① 3/11

 

______

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料