Câmara do Japão
Português
検索: OK
(491)

エネルギー

検索期間を指定してください: OK
今後1か月以内の3回の石油・天然ガス入札で2,370億レアルの臨時歳入か 2019/10/09

明日10日の第16回岩塩層上(ポスサル)石油・天然ガス入札並びに11月6日の岩塩層下(プレサル)石油・天然ガス入札、商業的な原油埋蔵量が確認されていない11月7日の第6回プレサル石油・天然ガス入札と今後1カ月間以内に3回の石油・天然ガス入札が実施される。

連邦政府では3回の石油・天然ガス入札による臨時歳入は2370億レアルに達すると胸算用しているが、連邦政府は2010年にペトロブラス石油公社に50億バレルの原油開発を許可の代わりに、ペトロブラスは連邦政府に748億レアルを支払っていた経緯があり、今回の3回の入札ではペトロブラスがすでにプレソルト鉱区での原油開発で投資を行った1,200億レアルが補填される。

明日10日の第16回岩塩層上(ポスサル)石油・天然ガス入札による臨時歳入は32億レアルが見込まれており、埋蔵量が有望なリオ州カンポス海盆のBloco C-M-541鉱区の最低入札価格は13億7,500万レアルに設定されている。

また前記同様に石油・天然ガス開発では、ニューフロンティのペルナンブーコ‐パライバ沿岸の5鉱区、バイア州沿岸のカラムル‐アルメーダの4鉱区、セルジッペ州沿岸のジャクイペの3鉱区のBloco JA-M-26の最低入札価格は17億レアルが設定されている。またサンパウロ州沿岸のサントス海盆の11鉱区も入札が予定されている。

第16回岩塩層上(ポスサル)石油・天然ガス入札に名乗りを挙げているのは、世界の石油メジャーの英国/オランダ資本のシェル社、フランス資本 Total社、英国資本BP社、 米国資本Exxon社並びにChevron社、ポルトガル資本Petrogal社、ペトロブラス石油公社などがプレソルト鉱区入札に参加。また中国資本の中国海洋石油(CNOOC)も参加を表明している。

コロンビア資本Ecopetrol社、ノルウエー資本Equinor社、カタール資本QPI社、ドイツ資本Wintershall DEA社、オーストラリア資本Karoon社、スペイン資本Repsol社、ブラジル資本Enauta社、米国資本Murphy社、マレーシアのPetronas社がそれぞれ入札参加を表明している。

ペトロブラスに対する1,200億レアルの補填費用を除いた1,170億レアルは、入札ボーナスとして連邦政府の臨時歳入となるが、2030年までの石油・天然ガスロイヤリティや税収として、連邦政府並びに地方政府(州・市)には総額3,000億レアルの臨時歳入が見込まれている。

11月7日までに予定されている3回の石油・天然ガス入札による臨時歳入は2020年の6月26日までに計上されて、来年度の予算に組込まれるにも拘らず、既に公共負債削減のための支出が決まっているために、大きな経済効果には結びつかないと予想されている。

11月6日に予定されているプレソルト鉱区の石油・天然ガス入札の地方政府への分配比率を巡って、ダヴィ・アルコルンブレ上院議長並びにロドリゴ・マイア下院議長は、政治工作を余儀なくされているが、今月22日に予定されている上院本会議での年金・恩給改革の第2回採決を前に、来週16日に最終決定すると見込まれている。

11月6日の石油・天然ガス入札では、総額1,065億レアルの臨時歳入のうちペトロブラス石油公社には差額の336億レアルを分配、州政府並びに市町村、議会にはそれぞれ10%に相当する73億レアル、プレソルト鉱区を擁するリオ州政府には21億9,000万レアル、連邦政府には489億レアルの分配が話し合われていた経緯があった。



2019/10/11 » 第16回ポスサル石油・天然ガス入札は最低価格の322%記録で幸先良好
2019/10/09 » 今後1か月以内の3回の石油・天然ガス入札で2,370億レアルの臨時歳入か
2019/10/01 » 11月のプレソルト鉱区の石油・天然ガス入札に石油メジャー14社が競合
2019/09/26 » 連邦政府は11月の石油・天然ガスメガ入札実施で国会調整
2019/09/23 » ペトロブラス石油公社は盗油対策でメキシコPemex社と協定か
2019/09/17 » 中近東緊迫でプレソルト入札は恩恵を受けるか
2019/08/29 » 北部並びに北東部の地方政府は11月の石油・天然ガス入札で恩恵を受ける
2019/07/01 » ペトロブラスは生産能力の50%に達する8カ所の石油製油所売却に着手
2019/06/26 » 鉱山動力省では天然ガス開発の新規投資を328億レアル
2019/06/17 » ペトロブラスはセルジッペ-アラゴアス沖で天然ガス大油田発見
2019/05/28 » 稀代の詐欺師エイケ・バチスタ氏に5億3,600万レアルの罰金支払い命令
2019/05/08 » 今年第1四半期のペトロブラスの純益は42%減少
2019/05/03 » 昨年のガソリン消費はトラック運転手ストライキで二桁減少
2019/04/30 » ペトロブラスは石油製油所売却方法を検討
2019/04/15 » 大統領介入懸念でペトロブラスの時価総額は320億レアル下落
2019/04/12 » Liqugas買収でコンソーシアム構成
2019/04/10 » 今後2年間でプロパンガス価格を半額にするとゲーデス経済相は豪語
2019/04/08 » ペトロブラスは330億レアルでTAGを売却
2019/04/04 » 今年2月の燃料販売は前年同月比5.7%増加
2019/03/27 » ペトロブラスはディーゼル燃料価格政策の見直し

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf「移転価格の観点からのブラジルOECD加盟に向けて」KPMG Brazil 移転価格グループのEdson Costaダイレクター(2019年10月9日)

Pdf経済省は新経済政策として小規模事業へのフォーカスを決定

Pdf「アルゼンチン大統領選挙直前の現地最新情勢について」ジェトロ・ブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長(2019年9月17日/18日)
 

Pdf「間接税の基礎」セミナー 課税・通関WGメンバーの安岡正哉氏(2019年8月29日)

 

2019年下期業種別部会長シンポジウム発表資料(2019年8月22日)

Pdf  金融部会    津田 双羅
   Pdf  金融部会 フェルナンド・オノラット・バルボーザ
Pdf  貿易部会    猪股 淳
Pdf  機械金属部会    山田 佳宏
Pdf 自動車部会    下村 セルソ
Pdf コンサルタント部会     吉田 幸司

Pdf  化学品部会     村松 正美
Pdf  電機・情報通信部会    小渕 洋
Pdf  食品部会     佐々木 達哉
Pdf  運輸サービス部会     湯原 慶
Pdf  生活産業部会     今川 尚彦

電機・情報通信部会(髙田正純部会長)主催のICTセミナー(2019年8月15日)

Pdf「ゼロトラスト時代のアカウンタビリティ~サイバーリスクへの対策強化に向けて」NTTコミュニケーションズ株式会社経営企画部マネージドセキュリティサービス推進室の竹内文孝室長

Pdf「IT資産集約型からクラウド活用への現状とセキュリティ課題」パロアルトネットワークス株式会社の藤生昌也シニアビジネスデベロップメントコンサルタント

労働ワーキンググループ主催セミナー(2019年7月23日)

Pdf「転換するブラジルの社会福祉 -右派・保守、イデオロギー色の強いボルソナロ政権-」ジェトロ・アジア経済研究所の海外調査員(サンパウロ大学客員教授)の近田亮平氏

パラグアイセミナー(2019年6月7日)

Pdf「パラグアイの地理的ポテンシャル」在パラグアイ日本国大使館の石田直裕特命全権大使

Pdf「チャンスの国パラグアイ」REDEIEXのSebastian Bogaddo氏、

Pdf「パラグアイの進出方法」ジェトロ中小企業海外展開現地支援プラットフォームの石田ミゲル コーディネーター

Pdf第一回イノベーション研究会によるアンケート結果
 

Pdf「法人所得税の損金算入」セミナーPDF吉田幸司グループ長
 

Pdf労働ワーキンググループセミナー「労働組合と労使交渉」PDF資料

 

Pdf最新版 サンパウロ市役所民営化案件リスト(2019年1月)

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料