Câmara do Japão
Português
検索: OK
(491)

エネルギー

検索期間を指定してください: OK
ペトロブラスはシェブロン社にパサデナ製油所を二束三文で売却 2019/01/31

ペトロブラス石油公社は、完全買収までに天文学的な買収資金を投じた米国テキサス州のパサデナ製油所を二束三文に相当する僅か5億6,200万ドルで、米国石油メジャーのChevron社との売却交渉を完結した。

ペトロブラスがChevron社から受け取る売却総額5億6,200万ドルの内訳は、現金で2億1,200万ドル、残りの3億5,000万ドルは株式譲渡で支払われ、同社の売却終了で海外での石油精製事業から完全撤退する。

2005年1月にベルギー資本のトレーディング会社Astra/Transcor社がパサデナ製油所を4,250万ドルで買収、2006年9月にAstra社は、パサデナ製油所の50%を3億6,000万ドルでペトロブラスに譲渡した。

ペトロブラスは、2012年6月に残りの50%買収のために8億2,000万ドル支払、最終的に一般的には理解不能な総額12億4,900万ドルを投資して、パサデナ製油所を完全に買収していた。

またペトロブラスはパサデナ製油所の完全買収資金12億4,900万ドル以外に、2006年~2013年にかけて設備の近代化やメインテナンス、環境改善などに6億8,500万ドルの投資を余儀なくされていた。

しかし2006年のパサデナ製油所の買収後、2008年に減損処理として1億6,000万ドル、2009年に1億4,700万ドル、2012年に2億2,300万ドルを計上、総額5億3,000万ドルに達していた。

ペトロブラス石油公社の元取締役のパウロ・ロベルト・コスタ氏並びにネルソン・セルヴェロ氏は、パサデナ製油所買収時に1,500万ドルの賄賂をAstra Oil社に渡したと自白、買収価格は7億4,100万ドル上乗せされていた経緯があった。

パサデナ製油所は、ラヴァ・ジャット作戦の汚職問題に絡んでいる物件であり、2018年2月にペトロブラスによるバサデナ製油所の販売価格が低すぎるために、連邦会計検査院(TCU)の捜査対象になっていた。

有価証券取引委員会(CVM)は、2018年10月にジウマ・ロウセフ元経営審議会議長を含む12人に対して、パサデナ製油所の買収価格決定の不正を指摘していた。

パサデナ製油所の1日当たりのガソリン並びにディーゼルの精製能力は11万バレル、貯蓄能力は540万バレル、Pasadena地区は運河に接した物流拠点に最適のロケーションで、メキシコ湾への玄関口であるヒューストンシップチャネルに位置している。

ペトロブラスはプレソルト鉱区の石油・天然ガスのコア事業に資金を集中するために、2015年から海外資産売却で46億ドルを調達、海外での石油精製事業では日本並びにアルゼンチンから撤退、今回のパサデナ製油所売却で、海外での石油精製事業から完全に撤退する。

また石油配給事業では、パラグアイ国内での石油配給事業から撤廃、南米地域ではアルゼンチンやパラグアイ、チリでの自社資産売却進めている一方で、ウルグアイのガス供給事業、ボリヴィアでの天然ガス生産は継続。

海外での石油開発事業では積極的な自社資産売却を進めており、最近ではペトロアフリカ社の50%の株式を売却、米国のメキシコ湾でMurphy社とジョイントベンチャーを立ち上げて米国での石油事業を縮小した。

現在のペトロブラスの海外での原油生産は、米国のメキシコ湾を中心に1日当たり2万バレルとピーク時の16万8,000バレルの僅か12.0%まで減少、ウルグアイのガス供給事業、ボリヴィアでの天然ガス生産、アルゼンチンでの僅かな石油開発・生産は継続している。(2019年1月31日付けヴァロール紙)



2020/03/27 » ペトロブラスは投資削減と執行部の大幅給与カット
2020/02/20 » 昨年のペトロブラスの純益は401億レアルで記録更新
2020/02/10 » 昨年のペトロブラスの国内の原油生産は記録更新
2020/01/23 » 2019年の石油・天然ガス生産は前年比7.7%増加で世界10位
2020/01/21 » 今年のプレソルト原油・天然ガス入札は来年に延長
2019/12/17 » パラグアイはイグアス―水力発電所の電力エネルギー42%購入
2019/12/10 » ペトロブラスのラヴァ・ジャット汚職による損害は62億レアル
2019/11/29 » ペトロブラスの2024年までの投資は757億レアルに縮小
2019/11/12 » 消費地に近い中規模水力発電所建設に軸足を移動か
2019/11/08 » 連邦政府はメガ入札不発で入札条件変更か
2019/11/07 » 昨日のプレサル石油・天然ガスメガ入札は取らぬ狸の皮算用
2019/11/06 » ボルソナロ大統領はエレトロブラス電力公社民営化法案を国会に提出
2019/10/30 » Ultra社並びにRaizen社はペトロブラス傘下の石油製油所買収で群雄割拠
2019/10/28 » ペトロブラスは臨時歳入の346億レアルをメガ入札に投資か
2019/10/25 » 今年第3四半期のペトロブラスの純益は36.8%増加
2019/10/15 » 地方政府並びにペトロブラスへの支払でプレソルト入札の国会承認要請
2019/10/11 » 第16回ポスサル石油・天然ガス入札は最低価格の322%記録で幸先良好
2019/10/09 » 今後1か月以内の3回の石油・天然ガス入札で2,370億レアルの臨時歳入か
2019/10/01 » 11月のプレソルト鉱区の石油・天然ガス入札に石油メジャー14社が競合
2019/09/26 » 連邦政府は11月の石油・天然ガスメガ入札実施で国会調整

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf【速報2】新型コロナウィルス感染に関するアンケート【その2】一時帰国対応について 3/26日現在

Pdf【速報 (更新)】新型コロナウィルス感染に関するアンケート調査結果 3/27日現在 120社

Pdf新型コロナウィルス対策に関連する各種法律・政令 3/24

Pdf感染対策情報(サンパウロ日伯援護協会提供)3/19

Pdf新型コロナウィルス情報(ポル語、サンタクルス病院提供)3/17

Pdfブラジル保健省フェイスブック

Pdf新型コロナウイルスに関するQ&A 保健省(ポルトガル語)

Pdfブラジル保健省ホームページ

Pdf感染発生連絡③ 3/20

Pdf感染発生連絡② 3/17

Pdf感染発生連絡① 3/11

__________

Pdfブラジル訴訟対策セミナー Fator弁護士事務所の佐藤ジルセウ弁護士

Pdf「新ペロン体制下に於けるダイナミックなアルゼンチン経済と政治」Fructus Management社パートナーのロドルフォ・ヴィジャルバ氏 CEMA大学教授(2019年11月22日 懇親昼食会)

PdfICMSクレジット累積残高のリリースの申請プロセス(Global Link Consultoria社の佐藤マリオ代表)2019年10月24日

Pdf「移転価格の観点からのブラジルOECD加盟に向けて」KPMG Brazil 移転価格グループのEdson Costaダイレクター(2019年10月9日)

Pdf経済省は新経済政策として小規模事業へのフォーカスを決定

Pdf「アルゼンチン大統領選挙直前の現地最新情勢について」ジェトロ・ブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長(2019年9月17日/18日)
 

Pdf「間接税の基礎」セミナー 課税・通関WGメンバーの安岡正哉氏(2019年8月29日)
 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料