Câmara do Japão
Português
検索: OK
(491)

エネルギー

検索期間を指定してください: OK
民間企業が電力エネルギー配電11ロット全て落札 2017/12/18

国家電力庁(Aneel)が12月15日にサンパウロ証券取引所(BM&FBovespa)と証債権取引決済・保管センター(Cetip)が合併して設立されたB3で実施した電力エネルギー配電11ロット入札では、2000年以降では初めてとなる全てのロットが落札された。

落札された11ロットの電力エネルギー配電向け投資総額は87億レアルが見込まれており、平均落札価格は年間最高収益価格(RAP)を40.46%下回った。また入札参加47企業のうち唯一パラナ州政府のパラナ電力公社(Copel)だけが政府系公社であった。

パラナ電力公社(Copel)が入札に参加したパラナ州内の1,146キロメートルの電力エネルギー配電入札ロット1では、フランス・ベルギー連合のEngie社が落札に成功、ブラジル国内での電力エネルギー分野に参入する。

今回の電力エネルギー配電入札には平均14企業が入札に参加、ロット1を落札したEngie社の落札価格は、RAP2億3,172万5,000レアルの34.8% 、60か月間の投資総額は20億1,700万レアルが見込まれている。

シングー河のベロ・モンテ水力発電所から南東部地域への電力エネルギー配電入札ロット3には、中国資本のState Gridが応札したものの、インド資本Sterlite社がRAP3億1,310万レアルの35.72%で落札、投資総額は27億8,000万レアルが見込まれている。

また別のベロ・モンテ水力発電所から南東部地域への電力エネルギー配電入札ロット4は、Neoenergia社がRAP2億3,610万レアルの44.56%で落札、投資総額は13億4,000万レアルが見込まれている。

またロット4を落札したNeoenergia社は、RAP1,034万レアルのロット6も44.56%で落札、投資総額は5億8,400万レアルが見込まれている。入札参加47企業のうち新規参入は14社、外資系企業は3社だけであった。(2017年12月18日付けヴァロール紙)



2018/07/11 » 中国資本CCETCは火力発電所建設で4億レアル投資
2018/07/05 » ペトロブラスはリオ石油製油所コンビナートを中国資本CNPCと建設
2018/07/04 » 今年初め5か月間のブラジル国内の石油生産は0.8%減少
2018/07/02 » グレンコアは燃料配給会社Alesat社の株式78%を取得
2018/06/29 » インド資本Sterlite社が主要な電力エネルギー送電網を落札
2018/06/08 » 連邦政府は第4回プレソルト鉱区入札で31億5,000万レアルの臨時歳入
2018/06/06 » Eletropaulo社買収のイタリア資本Enel社は2021年までに9億ドル投資
2018/06/05 » 第4回プレソルト鉱区入札で32億レアルの臨時歳入の皮算用
2018/05/16 » 中国資本Spic Pacific Hydro社は電力エネルギー部門投資拡大
2018/05/11 » ペトロブラス石油公社の時価総額は再びブラジル企業トップを奪回
2018/05/09 » ペトロブラスの時価総額は3,125億レアルに達して記録更新
2018/04/24 » 今年のペトロブラスの投資は前年比30%増加の173億ドル
2018/04/23 » Eletrobras傘下配電公社の従業員サラリーは民間会社の3倍
2018/04/06 » 連邦政府は今年の石油・天然ガス入札で180億レアルの皮算用
2018/04/03 » 第15回石油・天然ガス入札は今後の入札道標か
2018/03/28 » 第15回石油・天然ガス入札/第4回目プレソルト入札で35億レアル突破か
2018/03/22 » 昨日の大停電で北東部並びに北部の7,000万人に影響
2018/03/21 » 2030年までの石油・天然ガス部門投資は1兆2,800億レアルに達するか
2018/02/19 » ブラジルのガソリン価格は産油国ではノルウエーに次いで2位
2018/02/08 » ペトロブラス石油公社は負債削減で資産売却計画を続行

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー