Câmara do Japão
Português
検索: OK
(491)

エネルギー

検索期間を指定してください: OK
旱魃の影響で電力料金上昇か 2017/11/06

連邦政府は経済リセッションから回復基調サイクルに突入して2018年のブラジルのGDP伸び率を前回予想の2.5%から3.0%に引き上げたにも関わらず、北東部地域を中心に旱魃の影響による火力発電所稼働によるコスト上昇が指摘されている。

鉱工業部門の大半の大企業は、電力エネルギーの安定供給のために電力会社と長期契約を結んでいる一方で、国内の電力エネルギーの15%を消費する中小企業にとって、来年は電力エネルギーコスト上昇で大きな影響を受けると予想されている。

ブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、今年初め9カ月間の累計インフレ指数は1.78%に留まっている一方で、電力エネルギー料金は5.8%値上がりしている。

2016年の電力配電会社による電力エネルギー料金はインフレ指数6.29%に対して10.66%減少したが、2015年はインフレ指数10.67%に対して51%も値上げされていた経緯があった。

現在のブラジルの貯水ダムの中で貯水能力が1位のゴイアス州セーラ・デ・メーザ貯水ダムの水位は、貯水能力の僅か6.08%まで低下しており、乾季の終わる12月1日には、貯蓄能力がゼロに相当するデッドボリュームに達すると予想されている。

貯水能力が2位のバイーア州ソブラジーニョ市を流れるサンフランシスコ河に建設された巨大な水力発電用ダムであるソブラジーニョ貯水ダムの貯水率は、僅か2.66%と危機的な水準に達している。

またミナス州の総発電能力が1万7,300メガワットのフルナス電力公社(Furnas )の貯水ダムの貯水率は11.5%、ミナス州Tres Marias水力発電所の貯水ダムの貯水率は7.84%まで低下している。

今年第3四半期の鉱工業部門のセクター別電力消費比較では、鉱業セクターは全体の7.1%を消費、自動車セクター6.0%、食品セクター5.1%、金属店機械・装置セクター4.5%、紙・パルプセクター4.3%、繊維セクター並びにゴム・プラスディックセクターはそれぞれ3.7%を記録している。(2017年11月4日付けエスタード紙)

 



2018/04/06 » 連邦政府は今年の石油・天然ガス入札で180億レアルの皮算用
2018/04/03 » 第15回石油・天然ガス入札は今後の入札道標か
2018/03/28 » 第15回石油・天然ガス入札/第4回目プレソルト入札で35億レアル突破か
2018/03/22 » 昨日の大停電で北東部並びに北部の7,000万人に影響
2018/03/21 » 2030年までの石油・天然ガス部門投資は1兆2,800億レアルに達するか
2018/02/19 » ブラジルのガソリン価格は産油国ではノルウエーに次いで2位
2018/02/08 » ペトロブラス石油公社は負債削減で資産売却計画を続行
2018/02/01 » 2017年の石油・天然ガス生産はプレソルト油田が牽引
2018/01/22 » 1,000億レアルの負債を抱えるエタノール業界はRenovaBioプログラムに期待
2018/01/17 » ペトロブラスの昨年の国内原油生産は215万バレルで記録更新
2017/12/18 » 民間企業が電力エネルギー配電11ロット全て落札
2017/12/18 » 石油精製所建設プロジェクト遅延で2025年から燃料供給問題発生か
2017/12/06 » ペトロブラスは新しいサプライヤーに門戸開放
2017/11/14 » ベロ・モンテ水力発電所の電力エネルギーは南東部地域に供給開始
2017/11/06 » 旱魃の影響で電力料金上昇か
2017/10/31 » プレソルト鉱区入札による今後30年間の歳入は6,000億レアルに達する可能性
2017/10/30 » プレソルト油田入札は予想を下回る61億5,000万レアル
2017/10/26 » プレソルト原油鉱区入札には石油メジャーなど16グループが参加
2017/10/26 » Eletrobras民営化で今年の連邦政府の臨時歳入は150億レアル予想
2017/10/24 » プレソルト原油開発コストは中近東並に低下

バックナンバー »