Câmara do Japão
Português
検索: OK
(491)

エネルギー

検索期間を指定してください: OK
プレソルト鉱区入札による今後30年間の歳入は6,000億レアルに達する可能性 2017/10/31

10月27日の岩塩層下(プレソルト)原油開発鉱区入札では、リオ州カンポス海盆並びにサンパウロ州サントス海盆の8鉱区が入札にかけられ、そのうち6鉱区で応札があった。

国家原油庁(ANP)では、今回のプレソルト原油開発鉱区入札で総額77億5,000万レアルの臨時歳入を見込んでいたにも関わらず、8鉱区中6鉱区での落札に留まったため、予想を下回る61億5,000万レアルに留まった。

今回落札された6鉱区のうち4鉱区では、政府引き取り利益原油の最低比率を大幅に上回る比率で落札されたために、原油生産開始後の連邦政府の臨時歳入が予想を大幅に上回ると国家原油庁(ANP)のDecio Oddone長官は説明している。

しかし落札された6鉱区のプレソルト原油鉱区からの原油生産が開始される2022年~2054年の30年間の連邦政府の臨時歳入は、入札前予想の4,000億レアルから6,000億レアルに上方修正されている。

第2回のサントス海盆のサピニョーラ鉱区周辺地域入札では、政府引取り利益原油の最低比率は10.34%であったが、2億レアルで落札したペトロブラス社並びにShell社、Repsol-Sinopec社のコンソーシアムは、最低比率80%を提示していた。

サントス海盆のカルカラ鉱区北部地域の入札では、政府引取り利益原油の最低比率は22.08%であったが、30億レアルで落札したノルウエー資本Statoil社、世界最大の石油メジャーExxon Mobil社並びにPetrogal Brasil社のコンソーシアムは、最低比率67.12%を提示していた。

サントス海盆のスール・ガット・デ・マット鉱区南部地域入札では、政府引取り利益原油の最低比率は11.53%であったが、1億レアルで落札した英国資本Shell社並びにフランス資本 Total社のコンソーシアムは、最低比率11.53%で落札に成功している。

第3回のカンポス海盆のペローバス鉱区入札では、政府引取り利益原油の最低比率は13.89%であったが、20億レアルで落札したペトロブラス並びに中国資本の中国海洋石油(CNOOC)、BP Energy社のコンソーシアムは、最低比率76.96%で落札している。

またカンポス海盆のアルト・デ・カーボ・フリオ・セントラル鉱区入札では、政府引取り利益原油の最低比率は21.38%であったが、5億レアルで落札したペトロブラス並び社並びにBP Energy社のコンソーシアムは、最低比率75.8%で落札している。

カンポス海盆のアルト・デ・カーボ・フリオ・オエステ鉱区入札では、政府引取り利益原油の最低比率は22.87%であったが、3億5,000万レアルで落札したShell社並びに中国海洋石油(CNOOC)、QPI Brasil社のコンソーシアムは、最低比率22.87%で落札に成功している。(2017年10月31日付けエスタード紙)



2018/01/17 » ペトロブラスの昨年の国内原油生産は215万バレルで記録更新
2017/12/18 » 民間企業が電力エネルギー配電11ロット全て落札
2017/12/18 » 石油精製所建設プロジェクト遅延で2025年から燃料供給問題発生か
2017/12/06 » ペトロブラスは新しいサプライヤーに門等開放
2017/11/14 » ベロ・モンテ水力発電所の電力エネルギーは南東部地域に供給開始
2017/11/06 » 旱魃の影響で電力料金上昇か
2017/10/31 » プレソルト鉱区入札による今後30年間の歳入は6,000億レアルに達する可能性
2017/10/30 » プレソルト油田入札は予想を下回る61億5,000万レアル
2017/10/26 » プレソルト原油鉱区入札には石油メジャーなど16グループが参加
2017/10/26 » Eletrobras民営化で今年の連邦政府の臨時歳入は150億レアル予想
2017/10/24 » プレソルト原油開発コストは中近東並に低下
2017/10/17 » プレソルト原油開発入札は今後10年間に2,600億レアルの投資勧誘
2017/10/04 » 今年12月の電力エネルギー供給の入札再開
2017/09/29 » State Grid社は電力エネルギー部門企業買収や入札で事業拡大
2017/09/28 » 第14回石油・天然ガス入札の最高プレミアムは1,556.05%を記録
2017/09/28 » CEMIG傘下4水力発電所入札で121億レアルの臨時歳入
2017/09/25 » ブラジル国内の貯水能力1位と2位のダムが危険水位に達している
2017/09/19 » 資源大手ヴァーレ社は持続的成長が可能な電力エネルギーに投資か
2017/08/23 » Eletrobras民営化計画発表で株価が49.3%高騰
2017/08/22 » 連邦政府は負債軽減でEletrobras電力公社民営化検討

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

 

12月5日「ブラジルPortal ÚnicoプログラムとOEA制度ついての説明会」プレゼン資料掲載

Pdf「Portal Unico貿易共通ポータルサイト(開発商工サービス省)」(日本語)

Pdf「Portal Único(MDIC)」(ポル語)

Pdf「OEA制度主要課題(EY)」(日本語)

Pdf「OEA Desafios Principais(EY)」(ポル語)

Pdf「OEA制度(財務省)」(日本語)

Pdf「OEA (Receita Federal)」(ポル語)

 

「ブラジルeSocialシステム セミナー」(2017年11月21日開催ハードコピー用プレゼンテーション資料)

PdfE-ソーシャル変更点及びソリューション

PdfeSocial課題と留意点

 

ブラジル労働法改正セミナー ~日本企業の視点~(2017年11月8日)の発表資料掲載

Pdfタイトル「概観 労働の近代化」 講師 CNI労働関係本部 デジレ G, ティモ

PdfVisão geral da MODERNIZAÇÃO TRABALHISTA

 

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー