Câmara do Japão
Português
検索: OK
(491)

エネルギー

検索期間を指定してください: OK
プレソルト原油開発入札は今後10年間に2,600億レアルの投資勧誘 2017/10/17

国家原油庁(ANP)では、2019末年までに実施される岩塩層下(プレソルト)石油鉱区を含む石油・天然ガス入札では、今後10年間に2,600億レアルに達する投資に結び付くと予想している。

今月10月に岩塩層下(プレソルト)石油鉱区入札は2回連続で実施予定となっているが、これらのプレソルト石油鉱区入札では、今後10年間に1,000億レアルに達する投資が見込まれている。

9月27日に実施された第14回石油・天然ガス入札では、陸上の堆積盆地を中心としたオンショア鉱区並びに岩塩層上(ポストソルト)油田鉱区で構成される287鉱区が国家原油庁(ANP)により入札にかけられた。

第14回石油・天然ガス入札にかけられた287鉱区のうち落札された鉱区は、僅かに12.9%に相当する37鉱区だけであったにも関わらず、落札総額は国家原油庁(ANP)が予想していた8億レアルを大幅に上回った。

国家原油庁(ANP)では、2019末年までに実施されるプレソルト石油鉱区を含む石油・天然ガス入札では、原油・天然ガス開発・掘削のためのドリルシップや洋上石油・ガス生産設備向けFPSOプラットフォームの17基建造が不可欠で、そのうち7基はリオ州のプレソルト石油鉱区の設置が予定されている。

第14回石油・天然ガス入札では、原油生産が減少傾向を示しているプレソルト原油開発鉱区のカンポス海盆では、ペトロブラス石油公社とExxon Mobil社が6鉱区を落札、またExxon Mobil社は単独で2鉱区を落札している。

来週のプレソルト原油開発鉱区入札では、8鉱区が入札にかけられ、そのうち4鉱区はサントス海盆のカルカラ鉱区北部地域並びにガット・デ・マット鉱区南部地域、サピニョーラ鉱区周辺、カンポス海盆のタルタルーガ・ヴェルデ鉱区南東部地域となっている。

その次の入札では4鉱区が入札にかけられ、サントス海盆のパウ・ブラジル鉱区並びにペローバ鉱区、カンポス海盆のアウト・デ・カーボ・フリオ・オエステ鉱区となっている。

インシチュー採収法で計算されている埋蔵量比較では、ペローバ鉱区が53億バレルで最大、パウ・ブラジル鉱区は41億バレル、カルカラ鉱区は22億バレル、開発中のガット・デ・マット鉱区の埋蔵量は2億300万バレル、サピニョーラ鉱区は3億5,000万バレル、タルタルーガ・ヴェルデ鉱区1億6,000万バレルが見込まれている。(2017年10月17日付けヴァロール紙)



2018/04/23 » Eletrobras傘下配電公社の従業員サラリーは民間会社の3倍
2018/04/06 » 連邦政府は今年の石油・天然ガス入札で180億レアルの皮算用
2018/04/03 » 第15回石油・天然ガス入札は今後の入札道標か
2018/03/28 » 第15回石油・天然ガス入札/第4回目プレソルト入札で35億レアル突破か
2018/03/22 » 昨日の大停電で北東部並びに北部の7,000万人に影響
2018/03/21 » 2030年までの石油・天然ガス部門投資は1兆2,800億レアルに達するか
2018/02/19 » ブラジルのガソリン価格は産油国ではノルウエーに次いで2位
2018/02/08 » ペトロブラス石油公社は負債削減で資産売却計画を続行
2018/02/01 » 2017年の石油・天然ガス生産はプレソルト油田が牽引
2018/01/22 » 1,000億レアルの負債を抱えるエタノール業界はRenovaBioプログラムに期待
2018/01/17 » ペトロブラスの昨年の国内原油生産は215万バレルで記録更新
2017/12/18 » 民間企業が電力エネルギー配電11ロット全て落札
2017/12/18 » 石油精製所建設プロジェクト遅延で2025年から燃料供給問題発生か
2017/12/06 » ペトロブラスは新しいサプライヤーに門戸開放
2017/11/14 » ベロ・モンテ水力発電所の電力エネルギーは南東部地域に供給開始
2017/11/06 » 旱魃の影響で電力料金上昇か
2017/10/31 » プレソルト鉱区入札による今後30年間の歳入は6,000億レアルに達する可能性
2017/10/30 » プレソルト油田入札は予想を下回る61億5,000万レアル
2017/10/26 » プレソルト原油鉱区入札には石油メジャーなど16グループが参加
2017/10/26 » Eletrobras民営化で今年の連邦政府の臨時歳入は150億レアル予想

バックナンバー »