Câmara do Japão
Português
検索: OK
(491)

エネルギー

検索期間を指定してください: OK
第2四半期のペトロブラスの純益は前年同期比14%減少 2017/08/11

2017年第2四半期のペトロブラス石油公社の売上は、669億レアルで2011年以降では最低を記録、前年同期比で6.0%減少、純益は前年同期比14%減少の3億1,600万レアルに留まっている。

またペトロブラスの今年第2四半期の純益3億1,600万レアルは、前四半期の純益予想28億レアルを大幅に下回っており、また第1四半期の純益44億レアルを93%下回っているにも関わらず、継続して黒字を計上することが重要であるとペドロ・パレンテ総裁はコメントしている。

ペトロブラスでは、第2四半期に傘下の天然ガスパイプライン事業(NTS)の株式売却で62億7,900万レアルに達する大きな臨時収入を記録、ペトロブラスの負債総額は、NTS などの自社資産売却で3月末の950億ドルから6月末には890億ドルまで減少している。

今年第2四半期の石油・天然ガス開発部門の純益は、前年同期比125.3%増加の48億7,000万レアルの黒字を記録。1バレル当たりの岩塩層下(プレソルト)の原油開発コストは僅かに7ドルと2014年当時の14ドルの1/2まで縮小しているとSolange Guedes取締役は説明している。

今年第2四半期の税引前利益に支払利息と減価償却費を加算したもので、どの程度のキャッシュフローを産みだしたかを簡易的に示すペトロブラスの純負債総額に対するEBITDAは3.23倍まで減少している。

ペトロブラスの今年第2四半期の純負債総額に対するEBITDA 3.23倍は、2018年の目標である2.5倍に接近してきており、今後数年以内には純負債総額に対するEBITDAの理想的な比率である1.5倍を達成するとペドロ・パレンテ総裁は強調している。

また社会経済開発銀行(BNDES)では、ペトロブラスに対して長期にわたってクレジットを停止していたものの、今年下半期には20億レアルに達するクレジットを解除すると予想されている。

ペトロブラスでは、今年のブラジル国内の1日当たりの平均原油生産は、原油開発用の新規プラットフォームの操業が遅れるとの予想にも関わらず、前回予想の207万バレルを見込んでいる。

ペトロブラスでは2017年~2018年度の自社資産売却では、「クラウンジュエル」とも呼ばれてペトロブラス社で最も魅力的な事業部門燃料配給会社であるBR Distribuidora社の売却などで総額400億ドルに達する臨時歳入を見込んでいる。同社の2017年~2021年の自社資産売却で741億ドルの臨時歳入を計画している。(2017年8月11日付けヴァロール紙)

 



2017/08/11 » 第2四半期のペトロブラスの純益は前年同期比14%減少
2017/08/07 » トウモロコシ原料のエタノール生産開始
2017/07/18 » 今年上半期のペトロブラスの石油生産は目標達成
2017/07/12 » Queiroz Galvão社はプレソルト鉱区の権益を放出
2017/07/06 » 風力発電や太陽光発電による電力エネルギーが記録更新
2017/07/05 » Eletrobras電力公社は配下の電力エネルギー会社を民営化か
2017/06/26 » 電力エネルギー公社は自社資産売却で300億レアル調達か
2017/06/22 » ブラジル中央電力公社はリストラで50%の従業員カット
2017/05/11 » ペトロブラスはパサデナ製油所など海外資産売却
2017/04/25 » 連邦政府は電力配電コンセッションの民営化で127億レアルの臨時歳入確保
2017/03/27 » 盗電による損害は80億レアルに達する
2017/03/24 » 2月の過去12カ月間の電力消費は1.4%増加
2017/03/22 » 2016年のペトロブラスは148億レアルの赤字を計上
2017/03/16 » 会計検査院(TCU)はBR Distribuidora社の売却プロセスの見直しを指示
2017/03/09 » 製造業部門が牽引して電力消費量が増加
2017/03/03 » 中国資本Shanghai Electricがブラジルのインフラ基幹産業に進出か
2017/02/22 » 昨年12月から鉱工業部門の電力エネルギー消費増加
2017/02/10 » ベロ・モンテ水力発電所の50.02%の運営権を100億レアルで競売
2017/02/03 » 2016年の国内原油生産は、プレサルが牽引して前年比2.9%増加
2017/01/13 » 2017年の石油・天然ガス入札実施で45億レアルの臨時歳入予想

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー